« 今日の恵味 | トップページ | 今日の恵味 »

2009年7月12日 (日)

古代ハス

P7120001_3  今日もきれいな控え室の花を飾っていただきました。よく見ていただくと、もう栗の小さなイガが花材になっているのがわかると思います。

 講習会の後で、今日は時間がたっぷりありました。飛行機の便があまりないからです。そこで、古代ハスが咲いているという荒神谷史跡公園にいきました。

 二千年前のハスの種一個がP7120009 P7120014 芽を出し、花を咲かせ、現在では日本中にその種から育ったハスがあります。

 一個の種の偉大な力を、目のあたりにして、圧倒されました。これ全部一個の子孫です。

|

« 今日の恵味 | トップページ | 今日の恵味 »

コメント

島根県へ来て頂いて何よりです。拝読いたしまして地元にこんな美しいものがあることを改めて感じました。

投稿: ゆきねえ | 2009年7月13日 (月) 12:37

またまたの講習会、おつかれさまでした☆

写真で見る蓮の花が、こんなに綺麗だったとは、驚きです。
僕は、蓮には、少しばかりの思い出があります。
それは、僕が通っていた高校の開祖さまが、仏教で海外で修行を積み、帰国後に開いた寺子屋が発展した学校で、その校章が蓮の花を元に描かれていることです。
もう20年以上も前のことなので、その校章にこめられている意味を忘れてしまいましたが、この美しい写真を見て、母校のことを思い出しました。

ありがとうございました☆
感謝拝

投稿: yutaka★hajime^^ | 2009年7月13日 (月) 20:53

何時も美しい花を教えていただき有難うございます。古代ハスの美しさ、一粒の種から、2千年のときを経てたくましく美しく咲くハスの花、感動です。

投稿: 岡本 幸子 | 2009年7月13日 (月) 21:46

 谷口 純子先生

 合掌ありがとうございます。

≪一個の種の偉大な力を、目のあたりにして、圧倒されました。これ全部一個の子孫です。

 このお言葉から、一千部の『生長の家』誌の偉大な力、一冊の神誌(普及誌)の偉大な力を思いました。

 再拝

投稿: 志村 宗春 | 2009年7月13日 (月) 22:42

古代ハス 翌日の昼にもう一度行きました
確かに綺麗に満開でしたよ 
益田市出身の安野光雅さんの
不思議な種 これは 本当に考えさせられる本です

有難うございました   


投稿: 木口 雄二 | 2009年7月14日 (火) 18:17

初めて投稿させて頂きます。

 最近、5年ぐらい前の自身の日記を見ていたのですが、

  『常今の 永遠に咲く 蓮華草 
        無量の仏の 息吹 証(あかし)』

 というのがありました。

谷口 雅宣総裁先生、谷口 純子先生の「ハスの花」の内容のブログを読ませて頂き、良いアイディアを戴きました。

     ↓(訂正後)

  『常今の 永遠に咲く ハスの花 
        無量寿仏の 息吹の 証(あかし)』


 と、これなら綺麗に整ったので、まさに2000年とはいかないまでも、5年の歳月を経て一つのアイディアが実を結んだと、吾ながら自己満足・自己讃嘆しております・・・・・。(細かく言いますと、最初に書いた蓮華(レンゲ)草と、ハスの花とは全く違うのですが、そこは“フッ”と笑い飛ばされることを願っております。或いは又、“フッ”と息を吹けば、蓮華草もハスの花に変身するやも知れません???)


 解釈はそれぞれの方々が持っておられる素晴らしい感性にお任せします!(私自身思い付くまま書いただけですので・・・・・。)

 合掌、有り難うございます。

 感謝拝

投稿: yasuyuki123 | 2009年7月14日 (火) 20:48

木口さん
 大変お世話になりました。ありがとうございました。翌日昼間に行かれたとのこと。さぞや花開いたハスは見事だったでしょう。
 安野光雅さんの本、是非読みたいと思っています。

投稿: 谷口 純子 | 2009年7月14日 (火) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の恵味 | トップページ | 今日の恵味 »