« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

今日の恵味

P9290002  ラジオを聞いていたら、食事でガンが癒ったという話をしていました。

 どういう食事かというと、野菜だけで、動物性食品を取らないのだそうです。野菜の量も、普通一日に摂ったら良いと言われている量の倍以上、1キログラムといっていたように聞こえました。

 推奨されてる量は、400グラムですから、随分沢山の野菜です。

 一緒に聞いていた夫が、「僕たち野菜どれだけ食べているかな」と言いました。沢山いただいていると思いましたが、「今度朝、量ってみようかしら」と私は言いました。多分150グラムか200グラムは摂っていると思います。

 ラジオではさらに、海藻、ヨーグルトを勧めていました。免疫力を高めるために良いそうです。

 「僕たち毎朝食べてるね。でも、お医者さんによって、いろんなことを言うね。人によって体質も違うから、結局は免疫力を高めることが大切だから、それは心の持ち方にも、大いに影響されるよね」という結論にいたりました。

 バランスよく、控えめに食べて、日時計主義の生活が良いということになりますね。

 優等生のまとめになりました。

 P9290004

 

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月)

今週のベジタ

P9280007  今日届いた野菜は、小松菜、レタス、ナス、きゅうり、スイスチャード、里芋でした。

 里イモは、今年の初物です。秋の野菜に少しづつ変わってきます。

 ほかに、ごぼう、人参、蓮根、エリンギを注文しました。

 これらの野菜を使って夕食に、ごぼうと蓮根のきんぴら、ナスときゅうりの胡麻酢和え、小松菜のおひたしを作りました。

| | コメント (3)

今日の恵味

P9280001  家事というのは、毎日の積み重ねがあり、次の日につながります。

 ですから、月曜日は私にとって、二日間の空白で、特にお弁当は何を作ろうかと、悩むことがあります。

 夫は、「お弁当なんて、単純なパターンを決めておいて、その繰り返しでいいんだよ」と言います。

 実際、よく見てみると、繰り返しをしているのですが、そのときそのときの手元にある材料が、ワンパターンではありませんから、微妙な変化は避けられず、それがまた、何にしようかと悩む元になります。

 そんなわけで、チャーハン弁当にしました。

 月曜日は英語の日です。今日の話題は、GREEN WEDDING でした。

 タイトルで何となくお分かりになると思いますが、ECOな結婚式。この話は、インドネシアの例でした。インドネシアは、森林伐採と過剰農業で農地は荒れ、疲弊しています。

 また、土地の浸食や洪水の心配もあります。加えて、インドネシアは二酸化炭素CO2の排出量が、アメリカ、中国に次いで世界で三番目に多い国です。

 西部ジャワのある州では、このような状況を改善するためには、千五百万本の木を植えなくてはなりません。けれども、州政府にはお金がないので、思いついたのがタイトルの結婚式です。

 この結婚式では、新朗が少なくとも10本の木を植えるのだそうです。そして、もし離婚した場合には、50本の木をさらに植えなくてはならないそうです。そのような、離婚回避策も盛り込まれています。効果のほどは、わかりませんが。

 なかなか、いいアイデアだと思いました。木は大きく育ちますから、良い記念にもなります。

 またこのプロモーションは、人々を啓発し、また子供たちに対しては、自然を大切にすることの重要さを学ぶという、大きな教育効果もあるということでした。

P9280004

| | コメント (3)

2009年9月27日 (日)

福岡教区講習会

P9270006  福岡教区の講習会は、天候に恵まれ多くの方のご参加を得、楽しい雰囲気の中で開催されました。

 四会場での開催でしたので、メイン会場の様子しかわかりませんが、沢山寄せられた質問から感じたことは、皆さんの質問が率直だったことです。

 真理を生活に生かすためにどうすればいいかと、実際問題として、考えておられることでした。観念的にとらえて、教えは教えと考えないで、自分の問題として生かそうとしておられるように、思いました。

 講習会の控え室と洗面所に、秋の草花を使って、美しい花を飾ってくださいました。

 ススキ、吾亦紅(ワレモコウ)、ピンクのりんどう、トルコキキョウ、かえでなどです。ありがとうございました。

 帰りは、飛行機の出発まで少し時間があったので、「博多町家、ふるさと館」というところを見学しました。時間は30分くらいでしたが、博多山笠のビデオがちょうど上映されていましたので、見ました。

 山笠というお祭りが、博多の人にとって大変大きな意味をもっているのだということが、少しわかりました。

 博多男子の本懐、存在意義のような要素があるのではないかと、思いました。違っているかも知れませんが。また、このような活動を支える女性陣も、表面には出ませんが、大きな力であると思いました。

 福岡の男性からは、裏方の女性がいなければ、山笠はできないでしょう、というコトバを聞きました。

 太っ腹で包容力のある女性たちによって、支えられているのでしょう。

P9270004

P9270010

| | コメント (6)

2009年9月26日 (土)

福岡に来ました

P9260001  講習会のため福岡に来ました。

 こちら良いお天気で、30℃を超える真夏の暑さです。

 それでも空港から、宿舎の博多駅方面に向かう道路の脇にはコスモスが咲いていました。手前には、色どりの良い花が、植えられています。

 また、街路樹のイチョウには、銀杏が生っていて沢山落ちていました。

 自転車で来て、実を袋に詰めている中年女性の二人連れを、車の中から見ました。

 博多駅は今改装工事中で、立派な駅 ができるようです。

 駅前通りを撮りました。

P9260003  P9260009

| | コメント (4)

2009年9月25日 (金)

今日の恵味

P9250001  「もしかして本部に行くの、一週間ぶり?」と、今朝夫が言いました。正確には、火曜日の秋分の日に行きましたが、オフィスに行くのは、講習会と連休があったので、一週間ぶりです。

 お弁当も、一週間ぶりに作りました。

 今日の東京はとても良いお天気で、その上暑くて、夏が戻ってきたようでした。渋谷の町には、お祭りの提灯が道なりに提げられています。

 この時期、毎週どこかの神社でお祭りがあります。子供が小さかったころは、産土神の穏田神社や、代々木八幡のお祭りに出かけたものです。

 金魚すくいや、ヨーヨー釣り、射撃で目当ての物をねらったりしました。今ではすっかりそういうこともなくなりました。

 P9250005

| | コメント (3)

2009年9月24日 (木)

秋の花

P9240001  ジャガイモとサツマイモを蒸しました。今週は、月曜日の宅配をお休みしたので、野菜が少ないのです。それで、沢山あるイモ類を、盛んにいただいてます。

 秋の花が、咲き始めました。夏の花も、元気になって来ました。

 日本の高温、多湿の夏の気候は、花には厳しいようです。ですから、秋になり涼しくなってくると、花が活き活きしてきます。

 友禅菊と段菊が咲いています。私の好きな、青系統の花です。

 P9240006 P9240008

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

秋季慰霊祭

P9230002  今日は10時から本部会館ホールで、「布教功労物故者追悼秋季慰霊祭」が執り行われました。

 生長の家の活動にご活躍くださった方々で、この半年間の間に亡くなられた方を、ご供養させていただきました。

 182名の方でしたが、そのうち約6分の1はブラジルの方でした。

 12時頃に終了しました。

 午後は、多磨墓地にお墓参りに出かけました。いつもなら、お彼岸の中日は、多磨墓地への道は、渋滞しています。今日も渋滞を覚悟で、出かけたのですが、普段の日より空いているくらいでした。

 今年はお彼岸の期間に連休があり、皆さん都合のいい日に前もってお参りをしたのではないかと思いました。人が少ない割には、どのお墓も新しい花が活けられてありました。

 二時に家を出て、お墓で聖経を読誦し、帰って来ましたが、4時半頃には家に着きました。こんなことは、お彼岸の中日にはないことでした。

 夕方家に帰ってきたら、夕顔が九つも咲いていました。以前に初めて咲いたのを、うれしくてお見せしましたが、あれからずっと咲いて、今では二階の夫の書斎の窓で咲いています。

 作家の庄野潤三さんが、亡くなられました。ずっとご家庭で、療養生活をされていたのは知っていましたが、もう庄野さんの新しい文章を読めないのは、寂しいです。

 私は庄野さんの本の愛読者で、一時期どこへ行くにも庄野さんの本を持っていたことがあります。 本の中に、庄野さんがお宅で咲いた夕顔を愛でて、花を手でなでるようなところがありました。

 ご冥福をお祈りいたします。

 P9230004 P9230006

| | コメント (2)

2009年9月22日 (火)

お台場へ

P9220016  講習会の後、、伊勢に一泊して、昨日は両親に会いました。

 母は数か月前から、老人ホームに入っています。一度訪ねたいと思っていましたが、忙しくてなかなかいけませんでした。夫が、「講習会の時、延泊したら」と提案してくれて、ありがたかったです。

 認知症の母は、思ったより元気そうで、私の顔を見て「純ちゃん」と分かったので、うれしかったです。

 そんなわけで、今日は一日遅れの敬老の日ということで、お隣の母と一緒に、食事に出かけました。原宿は混雑していますし、連休で人がいっぱいとは思いましたが、海が見えるところなので、お台場に行きました。母は初めて行くところです。

 途中の首都高速は、少し渋滞していましたが、それでも30分足らずでつきました。お台場も、予想していたほどの混雑はありませんでした。

 眺めの良いレストランで、母と夫と三人で食事をしました。食後は近くを少し歩きました。

 結婚式が、何組もあったようでした。近頃の新郎は、白いタキシードのようなのを着るのが流行のようですね。

 ホテルの庭に、大きいオリーブの木が何本もあって、沢山実がなっていました。ビルに守られて暖かいのかも知れないと思いました。

 P9220021 P9220032

| | コメント (5)

2009年9月20日 (日)

三重教区講習会

P9200003  三重教区の講習会は、青空の広がる雲一つない晴天で、気温もだいぶ上がりましたが、風はさわやかで気持ちの良い日でした。

 故郷伊勢での講習会は、今回四度目です。毎回緊張しますが、それでも少しづつ、慣れてきたように思いました。

 日本は南北に長い国ですが、秋のこの季節、田んぼの稲は何時刈りとられるのかと思います。三重県の南部地方では、稲刈りはすでに全部おわっていました。随分早く収穫されるようです。

 控室に奇麗な花を活けていただきました。ありがとうございました。

 P9200005_3 P9200004

| | コメント (4)

2009年9月19日 (土)

伊勢に来ました

P9190004  三重教区の講習会のため、伊勢に来ました。夕方四時ごろ着きました。

 私の故郷ですが、よく考えるとこの町に住んだのは、18年、東京には30年以上、もうすぐ40年になります。それでも、故郷というのは、慕わしさというか、懐かしさ、安心感を覚える所です。

 ホテルのすぐそばは、伊勢河崎の古い街並みが残って、保存されています。老舗の和菓子屋さんや、私の同級生が経営する美容院などがありました。

 住宅の狭い庭には、珍しいひょうたんができていました。

 P9190007 P9190008 P9190009

| | コメント (0)

2009年9月18日 (金)

赤い彼岸花

P9180020  赤い彼岸花が、咲きました。白い彼岸花はもう終わりかけています。赤の方が遅いようです。この花よく見ると、とてもおしゃれで、華やかな花です。打ち上げ花火を連想しました。

 この花は、救荒植物として凶作の時に食用にするため、田んぼや家の近くに植えられたと、聞いたことがあります。また、毒性もあるので、動物の被害から作物を守るためとか。

 怖い話では、人口調節のために使われたという話もあります。

 天蓋花の別名もありますから、見る人によって、様々な印象を与える強い個性のある花といえるのかもしれません。

| | コメント (0)

今日の恵味

P9180002  今朝は野菜のクリーム煮。キャベツ、タマネギ、ジャガイモ、シメジ、枝豆で作りました。

 写真の左上にあるのは、おもちゃかぼちゃ、食べられません。

 夫が絵を描くために買いました。トウガラシも色がきれいで買いましたが、そんなに辛いものばかり食べないので、サンルームで干しています。こうすると、保存がきき、使いたい時に使えます。

 今日のお弁当は、ツナそぼろ弁当です。

  P9180009_2 P9180012_2

| | コメント (4)

2009年9月17日 (木)

脳を活性

P9170001_2  原稿書きと草取りを真面目にしました。

 雑草がはびこっていて、とても気になったので、原稿書きのあとで、草取りをしました。

 庭では、ハーブ類、ジャーマンカモミール、ロシアンセージ、タイム、セージ、オレガノ、それにラベンダーなどがとても元気で、広がっていますが、それ以外のところは、雑草が根を張っています。

 一時間くらいして、止めるつもりで始めましたが、すぐには終わらず、二時間半くらい草取りしました。本当はもっとしたかったのですが、腰が痛くなってきたので、止めました。

 草取りは、目に見えて綺麗になるのがわかるので、ある意味やりがいのある作業です。「草取り大好き」という人がいますが、分かるような気がします。

 今日はお天気が良かったので、暑い中での草取りで、終わった時はちょっとくたばりました。何事も適度が大切ですね。

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

山歩き

P9160001  久しぶりに山の中を、だいぶ歩きました。秋になり、もうキノコも出ているのではないかと思ったからですが、ほとんどありませんでした。

 歩きながら、トリカブトやあざみ、野菊、シモツケ草など、野の花をとりました。トリカブトは、根が猛毒で知られていますが、この時季、沢山咲いています。薄紫の花で、山の中でも園芸種のように目立ちます。

 クマザサの下に、赤い大きなキノコを見つけました。はじめて見るもので、何かわかりませんが、夫は絵に描きました。図鑑で調べましたが、似たようなのがいくつかあり、特定できませんでした。

 今日は全国的に良いお天気だったようですが、山も綺麗に見えました。

 P9160005 P9160010

| | コメント (2)

2009年9月15日 (火)

秋の花

P9150006  夕方、山梨県の北杜市に来ました。

 コスモスが、道路わきや庭先に沢山咲いています。この花が群れ咲いていると、写真に収めたくなります。この華やかさと、可憐なやさしさが人を引き付けるのでしょうか。

 白いアジサイが沢山植えられているジャム屋さんです。

 アジサイはもう終わりなのでしょう。赤っぽくなっていました。ここは、手作りのジャム屋さんで、30種類くらい色々なジャムがあります。地元の果物で作っているそうです。ルバーブやクワの実など珍しい種類もありました。

 最近は入ったことがなかったのですが、今日は寄ってみました。庭もお店も綺麗になっていました。

 何にしようか少し迷いましたが、色がきれいだったのと、庭にも木があるので、レッドカラント(房スグリ)のジャムを買いました。入っているのは、粗製糖だけで、他に添加物の表示はありませんでした。安心できます。

 P9150007

| | コメント (2)

今日の恵味

P9150002  夏の暑い時期は、火を使う時間を短くしたいため、野菜のソテーが多かったです。涼しくなると、スープ煮や蒸し野菜が頻繁に登場します。

 今朝は、さつまいもと栗、たまねぎ、人参、キャベツのスープ煮にしました。この取り合わせは、よく合いました。

 お昼は会議だったので、昼食が出ました。うなぎの釜めしのようなのでした。そのままでも、スープ茶漬けにしても、食べられます。本部で、昼食をたのむ基準は、使い捨てではなく、回収容器であることです。ですから、種類は限られるようですが、それでも珍しい昼食も注文できますね。

 P9150005

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

友人と食事

P9140009  夫の大学院時代の友人と、私のスチュワーデス時代の後輩が結婚しています。

 その夫妻と久しぶりに会い、フランス料理のレストランで、夕食を共にしました。友人と食事をするのは、久しぶりです。昔話や、今の話、色々な話に花を咲かせました。

 オードブルのパプリカのムースは、珍しいですが、あっさりしていてこくがあり、洒落た料理でした。

主菜に夫はエイを注文しましたが、見た目はお肉のようでした。

 今日のベジタは、キュウリ、ブロッコリー、京菜、つるむらさき、だだちゃ豆、ピーマン、サツマイモでした。

 べジタに入っていた青果情報によると、今年は北海道の収穫が天候不良の影響で、たまねぎなどは昨年の6割程度の収穫しかないようです。

 昨日函館では、テレビで今年の北海道の小麦の収穫は、昨年より二割少ないと言っていました。

 野菜を無駄にしないよう、心していただきたいと思います。

 P9140011_2 P9140006

| | コメント (0)

今日の恵味

P9140001  爽やかな朝でした。いつの間にか、蝉の声が聞こえなくなっていました。

 いつもブログを見てくださっている方から、夫のお弁当箱が小さいですねといわれました。

 写真では、小さく見えるかもしれませんが、小判形のお弁当箱は、大・中・小とあり、これは大です。小さく見えても、ご飯茶碗軽く二杯分のご飯が入っています。見た目よりも沢山入ります。

 夫の食べる量は、普通だと思いますが、人によって基準が違いますから、小食と思われる方がいるかも知れませんね。皆さんのところは、どうでしょうか?P9140005

| | コメント (0)

2009年9月13日 (日)

夕焼け

P9130019  函館空港のデッキから、とてもきれいな夕焼けが見えました。残念ながら、実際の色は出ていません。もっときれいでした。

 夕焼けに誘われて、人がどんどんデッキにきて、写真を撮っていました。デッキのフェンスがガラスになっているので、台になるところに登って、とっているひともいました。

 右脳を活性化させました。P9130021

| | コメント (2)

| | コメント (0)

函館にて

P9130004  控え室に飾っていただいたのは、薔薇とカスミ草でした。花器とよく合っていて、素敵でした。

 講習会終了後は、会場と空港のちょうど中間地点にある、見晴公園に行きました。中には、「旧岩船氏庭園」があり、「名勝」の指定を受け、北海道唯一の国指定の文化財庭園だそうです。

 芝生の広々とした広場や、日本庭園、沢山の樹木が植えられている森林などがあり、とても良い散歩コースだと思いました。

 町の中心からすぐに、自然の宝庫であるこのような公園があるのはすばらしいとおもいました。

 P9130013 P9130008_2

| | コメント (1)

2009年9月12日 (土)

函館に来ました

P9120006  ”はーるばる来たぜ 函館”というには早い、一時間少しで、着きました。

 こちらの気温は21度C,東京と同じくらいの温度です。曇り空で、午後は少し小雨がぱらつきましたが、すぐ止みました。

 ホテルに着いたのは、3時頃だったので、函館の町を走っている路面電車に乗りました。ホテル(駅と赤れんが倉庫の間くらい、海に面している)の近くの停車場から、二駅だけ乗りました。(あまり遠くへ行っても困るので)200円でした。

 降りたところは元町近くで、夜景のきれいな函館山に登るロープウエイの乗り口が、道の先に見えました。付近は坂道で、道路、街路樹、植え込みなど綺麗に整備されていました。

 「山親爺」という古くからある、北海道のお煎餅のお店の本店がありました。古い店構えがめずらしく、写真に撮りました。

 少し行くと二十間坂というこじんまりしたきれいな通りになり、ななかまどの街路樹があり、実が赤く色づいていました。1時間くらい歩いて、帰って来ました。

 今日は少し肌寒かったですが、いい季節だからでしょうか、観光の人が沢山来ています。

 ホテルには、多分ハワイの日系の方だと思いますが、七十歳前後の団体の人もいました。

 明日の予報は、雨のち曇りです。

 P9120008 P9120017

| | コメント (3)

2009年9月11日 (金)

彼岸花

P9110007   白い彼岸花、昨日は一輪しか咲いていませんでしたが、今日は花が三つになりました。

 一昨日の朝のラジオで、今年は彼岸花の開花が、例年に比べて、六日も早いと言っていました。それだけ、秋が早いということでしょうか。

| | コメント (2)

今日の恵味

P9110011  原稿を今日もまだ書いていました。明日は講習会で準備などもあり、夕食は保存食に活躍してもらいました。

 サワラのソテーには、ラタトゥイユとバルサミコ酢をソースにしました。付け合わせは、カボチャの素揚げとマッシュルームソテー。

 スープも、キャベツの塩、酢漬けを使いました。千切りキャベツを塩と少しの酢で保存します。少し発酵して、スープなどに使うと、味に深みが出ます。

 サラダはきゅうりと百合根とワカメです。あまりしない取り合わせかも知れませんが、百合根のホクホク感ときゅうりのシャキシャキ、わかめのツルリが良く合います。

 P9110017

| | コメント (0)

2009年9月10日 (木)

原稿の一日

P9100002  東京は、秋晴れのすがすがしい良いお天気になりました。

 こんな日の休日は、どこかに出かけたい気分ですが、原稿の締切日なので、じっと我慢の子でした。

 朝、ちょっと気分転換に食事に出かけました。そのあとずっと家で、原稿書きをしました。

 お昼過ぎまで、二人とも時間を忘れて、仕事をしていて、慌ててとろろそうめんと、ゴーヤとマイタケ、ピーマン、タマネギなどの味噌炒めをつくりました。

 こんな気持ちの良い日は、家で原稿書きをしていても、さわやかな気分です。時々庭に出て、植物に水をやったり、草引きをしたりしました。

 麦茶ばかり飲んでいましたが、今日は久しぶりに、暖かい紅茶を入れました。

 彼岸花が咲いてきました。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

今日の恵味

P9090002  久しぶりの和食の朝食です。

 百合根と小松菜、あげの卵とじ、それにとろろ芋、納豆、大根と人参のなます、具だくさんのの味噌汁です。

 朝和食の日は、お弁当はパンです。

 大豆バーグバーガーとダブルベリー(ブルーベリーとクランベリー)のヤサイサンド、ラタトゥユ、ミニトマトなどです。

 水曜日なので、夜は映画を見に行きました。「ココ、シャネル」シャーリー・マクレーン主演のシャネルの生涯を描いたものです。

 私は、シャネルのブランドは知っていますが、シャネル本人のことは、ほとんど知らなかったので、大変興味深かったです。

 シャネルは、幼くして母を亡くし、父に棄てられます。父を求める気持ちと、捨てられる恐怖、それが彼女の一生に大きな影響を及ぼします。深い意味で、心で作られる一生を見た気がしました。

 一方、逆境をどこまでもチャンスに変える強い意志は、うらやましいほどです。映画ですから、わかりやすく描いているのかも知れませんが。

 興味を持ったので、プログラムではなく、映画館で売っていた文庫本、「シャネルの真実」(山口昌子著、新潮文庫)を買いました。

 P9090004

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

季節をとらえる感性

P9080005  二か月ぶりくらいで、古典文学の教室にいきました。

 今日は万葉集を学びました。

 七夕を詠んだ歌を習ったのですが、七夕が秋とは知りませんでした。旧暦で、8月7日に七夕をするところがありますから、そうなんだと、改めて思いました。

 立秋は8月8日前後ですから、やはり秋ですね。

 秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる

 こんな感性は、右脳を活発に活動させていないと、働きませんね。

 万葉の歌から、七夕の歌二首をご紹介します。万葉人は、動物も植物も、星や月、山や川も、人間と同じように喜んだり、悲しんだりするものととらえて、歌に詠んだということです。

 ◎天の川水陰草(みずかげくさ)の秋風になびくを見れば時は来にけり

 天の川のほとり、物陰に咲いた草が、秋風の中に静かに靡(なび)いているのを見ると、ああ、やっとふたりの恋人の相逢える秋がやってきたなあ。(清川先生訳)

 天上の天の川には、草など生えていませんが、地上の秋の草を、天の川のほとりに咲いたと見る、幻想的な歌です。

 ◎この夕(ゆうべ)降りくる雨は彦星の早漕(はやこ)ぐ船の櫂(かい)の散りかも

 七夕の今宵、パラパラと降ってくる雨は、あの天の川を、彦星(牽牛)が急いで漕ぐ舟の、櫂のしぶきがここまで散ってくるのだろうか。

 七夕が今よりも、人々の暮らしに強い影響を与えていたことが、うかがえます。

 我が家の夕食も、季節の恵みをいただきました。

 栗ごはん、カボチャのスープ、ホタテとエビのロールキャベツ。

 昼間は暑いですが、夜は涼しくなり、虫の音が軽やかに響いています。

| | コメント (3)

今日の恵味

P9080002  夏野菜のトマト煮(ラタトゥイユ)の朝食。

 私も午後から出かけたので、お弁当作りました。左の小判形の方が、ご飯もおかずも沢山入っています。けれども、二段弁当の方が、沢山に見えますね。ゆったり余裕をもって入れているからでしょうか。

 大豆のバーグを作りました。ご参考までに作り方。

 茹でた大豆をフォークでつぶす。そこに炒めたみじん切りのタマネギ、干し貝柱の戻したもの(缶づめでもツナ缶でも良い)をほぐして入れ、塩、コショウ、卵、米粉(小麦粉、片栗粉など)、パン粉を硬さを調節しながら入れる。

 好みの大きさに形作り、フライパンにサラダ油をひいて、両面焼く。好みの味をつける。

 私は今日は、ケチャップとウスターソース、白ワインにしました。おしょうゆとみりん、あるいはポン酢と大根おろしでも良いと思います。

 P9080003

| | コメント (0)

2009年9月 7日 (月)

さらに恵み

P9070007  今日のべジタは、小松菜、キャベツ、とうもろこし、ズッキーニ、大葉、ナス、幸水でした。

 ズッキーニが届いたので、ナスと一緒にラタトゥユを作りました。明日の朝用。大きなキャベツなので、ロールキャベツも作る予定です。

 その時できた野菜にあわせて、献立てを考えるのは、自然のサイクルに人間が合わせるのですから、無駄がないです。

 現代は、献立が先にあって、それに合わせて、ある野菜の中から選ぶのがほとんんどですから、自然を人間の都合に合わせるやり方ですね。

 多分、持続可能な社会は、人間が自然と折り合いをつけながら、より自然のサイクルにあわせていくことが、必要になるのだと思います。実際には、難しいところもありますが。

 英語の教室に行って帰ってきたら、総本山から、栗が届いていました。もうそんな季節なのですね。うかうかしていると、すぐに秋が来ますね。あっ、もうすでに秋ですか。

 まずは、栗ごはんを作ります。総本山の恵みに感謝します。ありがとうございました。

 P9070008

| | コメント (3)

今日の恵味

P9070002  月曜日の朝はなんだか忙しいので、今朝はかぼちゃをレンジで調理しました。北海道のかぼちゃですが、ほくほくでとてもおいしかったです。

 お弁当は、おむすび。週一くらいの割合でありますね。海苔は別に入れます。

 夫は、おむすび弁当好きらしいです。

P9070003

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

山形教区講習会

P9060002  山形教区の講習会は、素晴らしい晴天に恵まれ、あたたかい雰囲気の中、開催されました。

 控室に飾っていただいた花は、華やかで可愛らしい花でした。ありがとうございました。

 帰りは山形新幹線で、約3時間、午後9時前に東京に着きました。

 日が落ちるまでの少しの時間、車窓からは田園から山につながる風景を見ることができました。

 新幹線の中では、駅弁をいただき、原稿などを書くことができ、長いと思った時間も、案外早く過ぎました。

P9060004 P9060022

| | コメント (0)

2009年9月 5日 (土)

山形の景色

P9050003  山形の駅の近くを歩きましたが、居酒屋などが立ち並ぶ歓楽街ばかりで、人々の暮らには、あまりふれることができませんでした。

 そんな中で、居酒屋と書いた店の一部が、保育所になっていて、そこには小さな植え込みがあり、白いキキョウが咲いていました。

 ホテルの部屋からは、山形の町とまわりを囲む、山が見えます。今日は少し暑く良いお天気で、雲がきれいでした。

P9050005 P9050006

| | コメント (1)

今日の恵味

P9050002  ホットプレートを使っても、暑くなくなったので、パンケーキ復活です。

 このパンケーキ、米粉で作りました。小麦粉と違いはあまりわかりませんでしたが、強いていえば、少し軽く感じました。

 おやきのようなのは、長いもの焼いたのです。ポン酢でいただきましたが、長いも焼くとさくさくして、おいしいのです。

 もちろん、生でサラダに入れてもいいのですが、朝のイモとして。

 午後三時には、山形に着きました。駅に隣接する、メトロポリタンホテルに泊っています。ホテルのレストランは、最低6千円の料理しかなく、、駅ビルの和食のお店で、食事をしました。

 メニューに、山形にしかない“大根の実のサラダ〟というのがあったので、珍しくて注文しました。緑の枝豆の小さいようなのが大根の実だそうですが、特に特徴のあるものではありませんでした。

 P9050009

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

白鳩会幹部研修会

  P9040007  飛田給の本部練成道場で、今日、明日と白鳩会の幹部研修会が開催中です。

 参加者の数を聞くの忘れましたが、予定では570名くらいです。すでに6月2日3日と宇治で西日本を中心に終了しています。ですから今回は、東日本中心です。

 私は今日、午後2時から3時までお話させていただきました。その前後に、連合会長さんの事例発表、二名ずつお聞きしました。

 一時間の講話は、普段することがないので、この幹部研修会はいつも話すことがあるかしらと、不安な気持ちで、皆さんの前に立ちます。ところが実際にはいろんなことを話していて、最後は時間がなくなってしまいます。

 白鳩会の皆さんなので、私が安心して気軽にお話ができるからかも知れません、そんな風に思いました。

 今日は最初に、総裁が作ったブラジルの動画を、皆さんに見ていただいて、それからブラジルの感想、教修会とベレンのことを前半にお話しました。

 後半は、炭素ゼロのために、地域に根差した運動の重要性と、日時計主義、そして、技能や芸術的感覚を生かした誌友会の、目指すものについて、話させていただきました。

 おかげさまで、私も勉強することができ、理解が深まりました。

 飛田給では控室や洗面所に、きれいなお花を飾っていただきました。これは、サーモンピンクのダリアでしょうか。珍しい色合いです。

 紫のスターチスとグリーンの葉っぱは、芸術的なアレンジです。

 飛田給の庭には、ピンクや白のむくげが咲いていました。それを活けて下さったのではないかと思いました。ありがとうございました。

 たくさん時間を使って準備をして、終わってしまうとなんだかあっけないような感じがします。ですが、無事勤めを終えて、ほっとしています。

 研修会は、明日のお昼まで続きますのP9040009で、ご参加の皆さんにとって、有意義な実りあるものとなることを、お祈りします。

  P9040011

| | コメント (5)

今日の恵味

P9040002  昨日の夜は、今日の幹部研修会の準備で、夜遅くなり、ブログをアップしたのは、12時ころでした。そのため、今日が経になっているの、気が付きませんでした。

 先ほどそのことを知って、笑ってしまいました。失礼しました。

 今朝の温野菜は、タマネギ、ジャガイモ、ブラウンエノキ、ピーマンのソテーです。

 お弁当の容器が新しいですが、これは7月に秋田教区の講習会に行ったときに、買いました。私も時々自分のためにお弁当を作ることがあります。

 それを知っている夫が、秋田の曲げわっぱのお弁当箱は、ご飯がおいしいからと、熱心に勧めてくれました。今日は幹部研修会で、お昼頃家を出るので私のお弁当も作りました。

 そのとき、この五角形の容器に、ご飯を入れていつもの小判形に量を見るために入れたところ、同じくらい入りました。そこで、今日初めてのお弁当箱でしたが、変わってて楽しそうなので、夫のお弁当にしました。おかずも余裕をもって入れられる形です。

 私はいつもの夫の小判形に、ゆったりと空間いっぱいで、詰めました。

 P9040004

| | コメント (0)

2009年9月 3日 (木)

今日の恵味

P9030003  昨日会議で、議事録などすべてが終わったのが7時を過ぎてました。それで、本部の帰り道の、イタリアン、レストランで夕食を食べました。8時前でした。

 いつもの夕食の時間に比べて、かなり遅く、またオリーブオイルなどが重かったので、朝は軽くサラダとトーストだけにしました。

 このサラダ、冷蔵庫の保存食などを入れただけで、洗ったり切ったりしたものはありません。ミニトマト、人参ナムル風、ひじきマリネ、紫玉ねぎマリネ、茹でインゲンです。

 休日の朝は、こういう簡単なものもいいです。

 明日は飛田給で、白鳩会の幹部研修会です。そのため、今日は一日その準備でした。夕食の準備に時間をかけられないと予測できたので、おとといの夕食の準備をするときに、きんぴらごぼうと、ひじきの煮ものを作っておきました。ですから、夜はお魚を焼いて、キャベツと小松菜のおひたしを作っただけで、15分で準備ができました。

 何か作ってあると、気分的にとても楽なことを実感しました。P9030006

| | コメント (8)

2009年9月 2日 (水)

今日の恵味

P9020002_3  朝食はフレンチトースト、ジャガイモソテー、野菜サラダです。

 今日は会議だったので、お昼は幕の内弁当でした。

 酸辣湯(ホット&サワー)は、作り方を私が愛用してきた料理の本から紹介します。

 作り方

 鶏ガラスープまたは和風だしで、タケノコ、シイタケ、春雨を煮て、豆腐、エビ、カニ、ホタテなどを入れます。しょうゆ、塩、酒、コショウで味付けして、片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れ、最後に青み(ミツバ、ネギ、チャンツサイ、セロリなど)を入れて、出来上がり。

 器に入れるとき、酢を入れてから暑いスープを注ぐ。酢の量は好みにより、大さじ1から小さじ1くらいまで、お好みで。

 私の中国料理の先生は、この本です。結婚した頃に買ったもので、よく使いました。

 P9020003 この本では、豚肉や鶏肉を使うように書いてありますが、私は魚貝、干しエビ、干し貝柱などで作ります。

 なお、辛味が好きな方は、コショウたっぷりに加えて、ラー油を少し落としてもいいです。

| | コメント (2)

2009年9月 1日 (火)

ホット&サワースープ

P9010007  夕食は中華風でした。

 鮭となす、干しシイタケ、インゲン、ネギ、ショウガの炒め煮。

 チンゲン采とエビ、ホタテの塩炒め。

 ホット&サワースープ

 このスープについて、我が家の歴史を少し。歴史なんて大げさですが、もっとも頻繁に登場するスープなので。

 私が初めてこのスープを食べたのは、スチュワーデスになって、初めてロンドンに行ったときです。機長やパーサー、先輩と一緒に、ロンドンのソーホーのみんなの行きつけのレストランに連れていってもらいました。そこで勧められたのがこのスープ。辛くて酸っぱいので、最初は変な味と思ったのですが、すぐ病みつきになりました。

 それから何年か経って、ニューヨークで留学中の夫と会いました。コロンビア大学の近くの中国料理店に入りました。そこで夫が「このスープ、友達の一人が大好きで、大丼いっぱい食べてしまう」と勧めてくれました。それが、ホット&サワーでした。

 結婚してから、私はお料理の本で作り方を知り、挑戦しました。夫はもちろん、子供も大好きなスープです。作り方は、後で。

 

| | コメント (4)

今日の恵味

P9010001  ゴーヤが途切れることなく、収穫できます。今朝はタマネギ、人参、エノキなどとソテーして、卵でとじました。

 横にある中華まんじゅうのようなのは、国産のゴーダチーズ。注文したのが、昨日野菜と一緒に届きました。

 お弁当は、巨大いなり、甘さひかえめです。私はいなり寿司は、甘いのがおいしいと思うのですが、夫は甘くないのがいいので、いつもあまり濃い味にしません。

 子供のお弁当も一緒に作っていたころは、いなりのあげを甘いのと甘くないのと、二種類煮ていました。

 P9010005

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »