« 今日の恵味 | トップページ | まだ寒い四月 »

2010年4月 4日 (日)

ウグイス初鳴き

P4040001  一か月くらい前に、NHKの朝のラジオでウグイスの初鳴きの便りが寄せられていました。

 ちょうど沈丁花が咲きましたというのと、同じような時期でした。

 今朝神想観の後、外から「ホーホケ・・・」「ホケ・・・・」というような鳴き声が聞こえてきましP4030025 た。

 寒かったので少しだけ窓を開けて確かめたら、まだ練習中でしたが確かにウグイスの鳴き声でした。

 山からようやく原宿の里まで、ウグイスは降りてきたようです。

P4040004  メジロは一年中よく見かけますが、メジロによく似た、けれども地味な色のウグイスは、声は聞こえども、姿はあまり見えません。

 今朝はしきりに鳴いていました。こんな風に、ウグイスの声が聞こえると、「ウグイスが来た」と言って、うれしく思うのは、不思議と言えば不思議ですが、人間は動物や植物に感情移入(エンパシー)する生き物だそうですから、喜ぶのですね。

  実際私は今朝、夫や隣の母に「ウグイスが鳴いていた」と言って、良いこととして話していました。それに対して、夫も母も「それは鳴き声を聞きたいね」と言う感じで、答えてくれました。

 朝のお参りが終わって台所にいたら、外からウグイスの声が聞こえてきて、夫も聞きました。

 これから梅雨時くらいまで、ウグイスは庭にいると思います。

 今日の東京は桜が満開でお花見にはいい時期かも知れませんが、どんよりした曇り空で、お花見に行った人は、寒かったかもしれません。

 お弁当は、ホタテ入りオムライス、ポテトサラダ、野菜のピクルス、タケノコなどでした。

 

|

« 今日の恵味 | トップページ | まだ寒い四月 »

コメント

今年はウグイスが遅いねと夫といっていたら、こちらでもウグイスの鳴き声をこの前聞きました。まだ練習中でした。でもウグイスの鳴き声をきくとなんとなくうれしくなってきます。エンパシーの使い方をひとつ覚えました。総裁先生が文章の中で使われている言葉を純子先生がこのような日常の生活のひとこまのなかですぐに使ってくださるので総裁のおっしゃっていることがより身近に感じてきます。機関紙にも恵味な日々がのっていましたね。写真がカラーでなくて残念です。

投稿: 長谷川千鶴子 | 2010年4月 4日 (日) 23:22

ウグイスの声っていいですね。
3日の日は実家の生姜の手伝いに行ってウグイスの鳴き声を聞きました。仕事の手も止まり聞き入ってしまいました。山は桜やオンツツジの花や木々の新芽で優しくかすんだ風景でコツコツと農作業をする両親を大分から妹が娘と帰り、従兄が手伝ってくれ、風景も皆の雰囲気もありがたい日でした。
ご家族の雰囲気を頂いて日常生活を有難く過ごさせて頂いています。有難う御座います。

投稿: 野村 順子 | 2010年4月 5日 (月) 21:20

 長谷川さん
 どちらにお住まいかわかりませんが、そちらも遅いのですか?
 今年は何時までも寒いですからね。
 今朝もよく鳴いていました。

投稿: 谷口 純子 | 2010年4月 8日 (木) 14:36

 野村さん

 ご家族で楽しく農作業。暖かくてのどかの光景が浮かび、こちらもほんわかした気持にさせていただきました。

投稿: 谷口 純子 | 2010年4月 8日 (木) 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の恵味 | トップページ | まだ寒い四月 »