« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

タチアオイ

P6290001  タチアオイは田舎では夏によく見かける、花です。農家の庭先や、畑の一隅に植えられていることもあります。

 東京でもときどき見ることはありますが、あまり一般的ではないようです。

 畑の真ん中などで、背の高いタチアオイが群P6290007 生しているのを見ると、夏らしい勢いを感じます。

 今年花壇用の背の低いのを、植えました。去年も植えたのですが、何故か花が咲きませんでした。

 今、黄色と赤紫の二本が咲いています。

 夫はどこかに行って、タチアオイを見ると必ず「タチアオイがある」といいます。それで植えてみました。

 今朝本部に出かけるとき、「タチアオイが咲P6290004 いたから見て」と言うと、「赤い花だね」と言っていました。

 こんな濃い色とは思いませんでしたが、なかなかいい色です。

 今日のお弁当は、おむすび、大根・こんにゃく・ちぎり揚げの煮もの、卵焼き、ホタテとエビ・ししとう・たまねぎのバジルソテー、油揚げの甘辛煮などです。

| | コメント (4)

2010年6月28日 (月)

七夕の笹

P6280002  月曜日の朝は野菜が少ないのですが、今週は特に朝食を作ったら、ほとんど残りませんでした。

 何もなくなるのも、整理がついてすっきりします。

 今週はいつものベジタセットに加えて、ジャガP6280006_2 イモと人参、なめこを注文してありました。

 ベジタの野菜は、ニラ、長ネギ、大根、水菜、ししとう、レタス、とうもろこし、ゴボウでした。多種類の野菜が入っていましたが、英語で渋谷に出かけたので、なすときゅうり、ミニトマト、グリーンアスパラを買いました。

P6250008  今家には、鈴虫が沢山孵って、ケースの中にいます。うじゃうじゃと言っていいくらいです。きゅうりやナスは鈴虫のえさとして使います。(主にヘタやしっぽ)もちろん人間も食べますが。

 夕方は、娘が通っていたモンテッソーリ原宿子供の家(幼稚園)の先生が来られました。

 七夕の笹をとるためです。もう20年以上、毎年この時期には、幼稚園の子供たちが、小さな笹で、七夕飾りを作って家に持って帰るので、庭の笹を採りに来られます。

 娘がお世話になった先生は、お子さんが生まれて退職されましたが、そのお子さんももう高校生になり、また幼稚園に復帰されました。

 その先生と少しお話ししましたが、娘より1・2年上のお子さんがもう親になり、自分の子どもを幼稚園に入れている人もいるとのことでした。

P6280004  もうそんなに年月は過ぎたのかと思いましたが、一世代交代したということですね。

 お弁当は、ハマグリの佃煮と昆布の佃煮の炊き込みご飯、鮭フライ、切干大根とにんじん、干しシイタケ、油揚げの炒め煮、ゴボウ・にんじん・厚揚げの煮物、ひじきと大豆煮、きゅうり、大根、ニンジン、シメジのピクルスなどです。

 

 

| | コメント (0)

2010年6月27日 (日)

別府に行ってきました

P6270011_2    大分教区の講習会で、別府市に行ってきました。
 昨日の九州地方は雨で、羽田を出発するとき、天候が悪ければ、羽田に引き返すか福岡空港に着陸するという、条件付きの飛行となりました。
 もし引き返した場合は、夕方の便で福岡に行くか、福岡に着陸した場合は陸路別府に行け P6260007_2 ば良いなどと、夫と話していました。
 幸い離陸後少したって機長からアナウンスがあり、大分空港は充分着陸できる天候になったと報告があり、安心しました。
 雲の中の着陸で、揺れも予想されましたが、こちらもほとんど揺れず、ありがたいことでした。

P6270017  大分空港は、荷物が出てくるところに、最初に大きなエビのお寿司が出てきました。私はそのことを子供から聞いて知っていたので、待っていて写真に撮りました。回転寿司のように、色々な種類のお寿司が出てくるのかと思っていたら、一個だけでそのあとは預けた荷物が回ってきました。

 荷物を待つ乗客が興味深く見ています。大分は海の幸が美味しいことをアピールするためなのかと思いました。
 

 今日も当初は雨と言うことでしたが、曇りのP6270022 ち晴れで天候に恵まれた大分教区の講習会でした。
 講習会の控え室には、綺麗なお花を飾っていただきました。
 5~6種類のアジサイを一緒に飾るのは初めてみました。赤いアジサイは珍しいと思いますが、色々な色の取り合わせが良いですね。
 講習会終了後は、お天気がよく少し時間があったので、日出(ひじ)町のお城跡を散策しました。坂道に石垣があり、坂を下っていくと海で、対岸には別府の町が見えるすてきなところでした。
 穏やかな日本の心安らぐ風景でした。町がP6270026 古いものをよく保存し、大切にしていることが感じられました。
 祝福に満ちた、素晴らしい一日を過ごすことができました。

 大分教区の皆さまには大変お世話になりました。、ありとうございました。

| | コメント (4)

2010年6月25日 (金)

日本勝利

P6250002  朝の神想観が終わるといつもラジオをつけます。

 今朝はラジオから興奮したアナウンサーの声が聞こえ、「あと1分30秒、ロスタイム4分」などと言っています。

 ああサッカーの試合なのだと気が付き、点数はと思うと、3対1で勝ってることがわかりました。「あと少し、ガンバレ」と声援を送りましたが、ドキドキしました。

P6250003  最近の日本のサッカーは、かつてのスター選手のような人がいなくて、人気も今いちと思っていましたが、今朝の試合とその後のインタビューを聞いて、確実に実力を上げて来ていたのだと知りました。

 どんなに目立つ選手がいても、全体に力がなければ勝てないのは、何でも同じですね。

P6250006  また、どんなことでも、ある程度の時間をかけないと成果は出ないのだと思いました。

 コツコツとした積み重ねの大切さを、改めて考えました。

 今日は美容院に行きましたが、美容師さんも昨夜早目に寝て、目覚ましをかけて起きて、サP6250011 ッカー観戦したそうです。「日本強いですね、良い試合でした」とやや興奮気味でした。

 70過ぎの女性が、男性の美容師さんと話している声も、聞こえてきました。

 「あなた、今朝サッカー見た。私見たのよ。勝って良かったわね」

 「僕は仕事なので、寝ていました」

 朝6時過ぎの原宿の町も、「オオー」とか「ウオ―」という雄たけびのような声が響いていました。お休み中の人には、迷惑だったでしょう。

 日本列島も、久々の明るいニュースに、みんな元気をもらったようです。

 

| | コメント (2)

2010年6月24日 (木)

休日

P6240002  気温はだいぶ上がったようですが、乾燥していて気持のよい日でした。

 夫の休日なので、なんとなく気分はゆったりします。

 それでも、久しぶりにからっと晴れたので、洗濯をしたり、植物の植え替えをしました。

 お昼は夫が渋谷のアップル・ストアーに行きたいというのでお供して、日本そばを食べました。

P6240005  渋谷駅周辺は、参議院選挙の候補者が車の上に沢山並んで、演説をしていたり、色々な政党の選挙カーが走っていたりして、にぎやかでした。

 アップルストアーに行く夫と駅のところで別れて、私も買い物など用事を済ませ、本屋さんで待ち合わせをしました。

 一時間後に書店に行くと、夫はもう書店の中のコーヒーショップで、購入したものを試していて、使い心地を満足げに話してくれました。

P6240003  書店で私は、「ヨーロッパ文化と日本文化」(ルイス・フロイス著)「娘巡礼記」(高群逸枝著)を買って、帰ってきました。

 出かけるときツボミだったアマリリスが、咲いていました。

 黄色いのは、矮性のダリアです。

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

冷汁

P6230002  宮崎の郷土料理に冷汁というのがあります。

 これは鹿児島などでも夏によく食べられるそうで、冷やっ汁というところもあるようです。

 あじを焼いて、胡麻をすり、味噌も焼いて、魚の骨でだしをとり、それらをすり鉢で混ぜるようです。自分の家で一から作るとなると、なかなP6230004 か面倒そうですが、宮崎では、冷汁のもとが売られています。

 水かだし汁で薄めるだけなので、宮崎に行くと買ってきます。東京でも売っているのですが・・・。

 朝はその冷汁をいただきました。きゅうりのP6230007 薄切り、ねぎ、大葉、すりごま、豆腐、海苔などの薬味を用意して、冷汁と薬味を熱いご飯の上にかけていただきます。

 夫の好物でもありますので、たまに冷汁のごはんをします。

 そんな日のお弁当はサンドイッチです。今回P6230010 は庭で葉っぱがいっぱいになったバジリコたっぷりのトマトソースを使ったサンドイッチです。これがなかなか美味でした。

 トマトソースは、オリーブオイルでにんにく、たまねぎを炒め、トマトの水煮を入れて煮ます。塩、コショウしてバジルの葉っぱを手でちぎってたっぷりいれました。少し煮て出来上がり。

 とても簡単な手間いらずのソースで、お魚のムニエルやソテーのソースとして、もちろんスパゲッティーのソースにもよくあいます。

 サンドイッチには、サニーレタス、茹で卵、ツナ、トマトソースを具にしました。

 

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

新渋谷中央図書館

P6220002  今日は会議があったので、本部に行きました。帰りに、新築なった渋谷中央図書館に寄りました。

 5月末にオープンになっていたようですが、初めて行きました。

 今までは、本部のすぐ横でとても便利な所にありました。新しい図書館は、そのすぐ裏に出来たのですが、入り口が全く反対側にあるので、東郷神社の周りをずっと歩いて、明治通りに出て、原宿警察の横の道を上っていきます。

 ですから、本部からは少し不便になりました。もちろん、便利になった人もいると思います。

 新しい図書館は四階建てで、自習のための席も沢山設けられていました。

 また区民だけの席もあり、そこは入館した時申請して席を確保するようになっているので、誰でも座れるわけではありません。

 今までのように、ホームレスの人のたまり場になるようなことはないようです。

P6220005  古い図書館は狭い所に、本がぎっしりでしたが、新しい図書館はスペースがあるので、ゆったりと本が並べられています。そうすると返って本の数が少ないように感じるのは、不思議です。

 7月初めにある教修会のために、本を四冊借りました。

 一階で貸し出しの手続きをしましたが、全て機械でした。四冊重ねて置いたのに、機械は一瞬でタイトルを正しく読み込み、驚きました。

 東京は午後から陽も出てきて、蒸し暑い日になりました。日傘をさして、重い本を持って帰ってきたので、汗びっしょりになりました。

 帰宅すると木陰にビヨウヤナギの黄色が、鮮やかでした。

 繊細な長い雄しべが、美しいです。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

青い花

P6210001  朝食の時外を見たら、庭の片隅の植木鉢にキキョウが咲いているのを見つけました。

 宿根草なので毎年咲くのですが、冬の間は忘れてしまいます。少し前、つぼみがついているのに気がつきましたが、こんなに早く咲くとは思いませんでした。

P6210003  アジサイも青色が冴えてきました。家の庭は、大きい木が多いので、日当たりが悪く、アジサイの花の付きもあまりよくありません。

 けれども、どんより曇りや雨の多いこの季節には、爽やかな色合いのアジサイは少しの花でも、清涼感があって気持を引き立ててくれます。

P6210004  キキョウとアジサイ、期せずして同じ色合いでした。

 今日も沢山の野菜が届きました。青梗菜、小松菜、きゅうり、グリーンアスパラ、ニラ、とうもろこし、甘長とうがらし(万願寺)、ニンジン、でした。

P6210008  お弁当は,目鯛の味噌漬け、卵焼き、ヨモギ麩の大葉味噌田楽、ホウレン草のおひたし、ゴボウ、ニンジン、絹さや煮、シソ昆布などです。

P6210005

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

富山に行ってきました

Toyamajo   富山教区の講習会で、富山市に行ってきました。
 

 今回はじめて富山市のお城跡の近くに泊まりました。会場が変わったためです。

 この近辺は市の中心で、道路や商店街がよP6190007 く整備されていました。また、最新式の路面電車が走り、おしゃれなデザインの貸自転車が、ホテルの横には並べられていました。
 

 町の観光に、路面電車や自転車はとても便利で、環境にも良いので、市が積極的に取り組んでいるようです。

P6200014  
 地方都市の商店街は、シャッター通りになっているところが多いですが、富山は現代的な店も多く、活気がありました。
 

町を活性化しようという意気込みが感じられました。
 講習会の控え室には、季節の花を涼しげに飾っていただきました。

 富山教区の皆さま、ご愛念をいただき、ありがとうございました。

P6200016_2

| | コメント (4)

2010年6月18日 (金)

父の日

P6170001  昨日の谷口雅春大聖師の25年祭は、穏やかな曇り空の中、はるかに大村湾を見渡せる奥津城で、厳かに執り行われました。

 団体参拝練成会にご参加の860名余の方々もご参列くださり、それぞれが感謝と仰慕の思いを抱きつつ、聖経を読誦し、総裁の話を聞かれたのではないかと思います。

 改めて、谷口雅春先生の偉大さを偲ばせていただきました。

 総本山の皆さま、ご参列くださいました皆さまに感謝いたします。

 日本の各地の教化部、道場、世界中の伝道本部、支部等でも御祭が行われたことと思います。

 私たちは夕方5時頃、東京に帰ってきました。

 20日の日曜日は父の日ですが、富山教区の講習会です。そのため子供たちが、早めの父の日ということで夕食をご馳走してくれました。

P6170006_2  家から渋谷方面に7・8分のところにある、イタリア料理のレストランでした。

 ビルの三階でしたが、テラスに植物が植えられてあり、都会の真ん中ですが、少し自然の雰囲気が感じられました。

 夫は子供たちから、不思議な形の服が濡れにくいという傘をプレゼントされました。

 私は母の日に会いましたが、夫はゴールデン・ウイーク以来なので、子供たちと色々話をしていて、気が付いたら10時半になっていました。

 楽しいひとときを過ごすことができました。

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

長崎に来ました

P6160002  谷口雅春先生の25年祭のため、長崎に来ました。

 こちらは30℃近い気温ですが、真夏の照りつける暑さではなく、日陰などは涼しいです。

 空気がきれいで、温暖な気候のせいか、アジサイがひときわ鮮やかに咲いています。

P6160006  東京の自宅と比べると、青の色合いが深く濃いようです。

 花菖蒲もちょうど季節で、玄関に大きな花器に入れて飾っていただきました。花が大きくアジサイと一緒だと、とても豪華です。

 付近の茂みからはウグイスの鳴き声が響P6160007 き、キツツキの仲間の声も聞こえてきます。

 自然の豊かなところにやってきたと実感させられます。

 アップルミントでしょうか。濃いピンクの花をつけていました。

P6160013

P6160011

| | コメント (2)

2010年6月15日 (火)

原稿の一日

P6150003  原稿の締切日が講習会と重なると、どうしても遅れてしまいます。

 私の場合は、大分早めに締め切りをセットされているようなので、時間的に余裕はあるようですが、やはり締め切りを過ぎると、気分は重いです。

 今日は何が何でもという気持で、一日原稿を書いていました。

 先ほどようやく送り、(ヤッター)という気分です。

 そんなわけで、朝食とお弁当の写真だけです。

P6150005  朝食テーブルにあるビワは、庭の木になったものです。子供が小さい時種から植えたビワです。

 去年の秋、ばっさり剪定してもらったので、実は少しですがやや大きめのがなりました。(家のものとしてはです)

 お店で売っているのに比べると、甘味は少なく味はだいぶ劣りますが、家でとれたものはうれしいです。

 お弁当はベーグルサンド。レンコンバーグ、目玉焼き、タマネギリングソテー、サニーレタスを挟みました。自家製ピクルスも入れました。

| | コメント (2)

2010年6月14日 (月)

関東梅雨入り

P6140001  関東地方も今日梅雨入りしたようです。

 朝英語に出かけましたが、木綿のシャツと薄手のジャケットを着て行きました。

 細かい雨が風にあおられて横から降ってくるので、ジャケットは濡れて、身体が冷えてしまいました。

 この季節、やはり出かけるときは、レインシューズにレインコートが必要だと思いました。

 レインシューズは持っているのですが、少しヒールがあるので町歩きの時は向きません。近頃は、すっかり足に負担のかからない靴を履くようになりました。

 今年は特に、様々なデザインの雨用の靴が売られているようです。

 長靴を履いている人もよく見かけます。時間があれば、私も長靴を買いたいと思っています。

P6140003_2  今日のお弁当はエビとホタテのオムライス、キャベツと大豆のクミンソテー、ごぼう、人参、こんにゃく、厚揚げの煮物、きゅうり、大根、人参の浅漬けなどです。

 ベジタのセットは沢山の野菜が届きました。このセットは、前にもお話ししましたが、1400円で、その時沢山収穫されたものを届けてもらうシステムになっています。ですから、何が届くか分かりませんが、値段は少しお安くなっていて、生産者の支援にもなるものです。

P6140007  予定が立たないと不便に思う人には向きませんが、何が届くか分からない楽しみがあると思える人には、よいべジタセットです。私は後者の方ですから、毎週注文しています。

 必要な量によって、S、M、Lとあり、我が家はSを注文しています。今日は、サニーレタス、ホウレン草、かぶ6個、長ネギ二本、きゅうり四本、ホワイトマッシュルーム、とうもろこし一本、絹さやエンドウと豊富な野菜でした。

| | コメント (2)

2010年6月13日 (日)

長岡に行ってきました

P6120016  新潟越南教区の講習会で、長岡に行ってきました。

 昨日、今日と真夏のような暑さでしたが、緑が豊かで、色とりどりの花が町の各所に咲いていて、田んぼも緑で、清々しい気持がしました。

P6120027  花が川岸に咲いているところは、長岡駅のすぐそばで、実際には川ではなく堀なのだそうです。

 豊かな水が勢いよく流れていて、様々な花が咲き、素敵な散歩道だと思いました。

 「北越雪譜」という江戸時代に書かれた、雪国越後の風俗、習慣など人々の暮らしについて書かれた随筆によると、この地方の雪は5メートルにもなり、多い時はもっと積もったそうです。

 今日お昼の食事の時に聞いたところによりまP6130037 すと、今では10センチ以上雪が降れば、長岡市などはすぐ除雪車が出るので、随分暮らしやすくなったとのことです。

 昨日往きの新幹線の中で、「北越雪譜物語」を読みました。この本は7・8年前、新潟で買いましたが、全部は読んでいませんでした。

P6130040  長岡は私の母方の祖母の出身地で、その祖母が生長の家を知った縁で、私のところまで伝わりました。ですから、特別親しみを感じる土地で、どんな暮らしをしていたのか知りたいと思っていました。本を読んで、雪国の人の暮らしが少しわかり、大変興味深く思いました。

 講習会終了後は、講習会場のあった見附市P6130043 のイングリッシュガーデンを見学し、寛いだ時間を過ごすことが出来ました。

 多くの種類のバラ、ジギタリスを始め沢山の花が見事に咲いていました。

 今日も、新幹線の中でお弁当をいただきました。

P6130045  講習会の控え室にも、きれいなお花を飾っていただきましたが、写真を撮ろうと思っていたのに、荷物を整理していて忘れてしまいました。

 新潟越南教区の皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (4)

2010年6月11日 (金)

百合の花

P6110001  今日も気持のよい日でした。

 サンルームでは夫と私は並んで座り、外の景色を見ながら食事をします。

 そこで、その席からよく見えるように、百合の球根を植えました。

P6110008  思いのほか大きくなり、次々に咲くので、今満開状態です。黄色が目立ちますが、深紅、白、緑がかった白、などです。今朝咲いたのは、深紅の細い縁取りがあり、とてもしゃれたデザインでした。

 朝食はフレンチトースト、付け合わせは京芋ですが、フライパンで焼いた京芋も、ほっこりしP6110015 ていておいしいものです。

 お弁当はツナそぼろ弁当、京芋とエビの白煮、チーズ入りちくわ、花豆甘煮、大根大葉ソース和え、からすみなどです。

P6110004

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

歯医者さん

P6100001  朝はひんやり、日中は強い陽が照り真夏のようになりました。

 2~3週間まえ魚の骨を噛んで、左下の奥歯が痛くなりました。そのあと、歯に鋭い所があるようになりました。

 そして昨日の朝、パンを食べた時石を噛んだP6100005 ように感じました。そのあと、歯が欠けていることに気がつきました。

 歯と歯の間に空間が出来ました。これは危ないと思い、今朝行きつけの歯医者さんに電話をして、予約の開いている時間に入れてもらいました。

P6100006  12時半といわれたので、先生のお食事はと思いましたが、その時間なら大丈夫と言われたので、行きました。

 週末に歯が痛くなると困りますから。

 見ていただいたら、やはり虫歯で中が一部空洞になっていました。

P6100014  早速虫歯の部分を削って、取って、詰めものをしてもらいました。

 子供のころから、虫歯のないのが自慢でしたが、40代半ばから、虫歯があるようになり、いま治療した歯が三本あります。

 肉体は年とともに古くなり、不具合な部分が出て来ることを実感しました。それは避けられないことですね。

 今日治療をしてもらって感じたことは、歯が普通に使えるということは、とてもありがたいということです。

 どんな硬い食べ物でも、噛み砕いてしまうのですから、丈夫な歯はありがたいものです。

 さらに虫歯を作らないように、歯磨きを丁寧にして大切したいと思いました。

 庭では深紅と薄緑のユリが咲きました。

 暑い日だったので、お昼はおそうめん、今年初めてです。歯医者さんは隣のビルで五分で行けるので、少し早目の昼食にしました。

| | コメント (2)

2010年6月 8日 (火)

忍び音

P6080001  今朝のラジオで、ホトトギスの初鳴きを「しのびね」というと言っていました。初めて聞く言葉だと思いましたが、少し経って思い出しました。

 「夏は来ぬ」の歌の中に「卯の花の匂う垣根に ホトトギス早やも来鳴きて しのびねもらす     夏は来ぬ」とあり、深く意味を考えないで、私は歌っていたと思いました。

P6080005  辞書で調べると「忍び音」ーー ホトトギスがまだ声をひそめて鳴くこと、とありました。

 朝食の後夫に「鳴く鳥は、ウグイス、カッコウ―、ホトトギスといるけど、ホトトギスはなんて鳴くの」と聞くと「てっぺんかけたかって鳴くよ」と言いました。

 そんな会話をしたのですが、午後からは万葉集の講座に出かけました。五月はお休みだったので、二ヶ月ぶりです。

 清川先生のお話の中で、万葉人は、動物や鳥を自分の仲間のように感じていた例を話してくださいました。

P6080009  鳥には鳴き続ける鳥がいるけれど、恋の歌で鳥が鳴き続けるように、あなたのことをずっと思っているというような歌があるとのお話でした。

 夫がブログで、山荘の芝を刈っていた時、カッコーがずっと鳴き続けていて、飽きないのか、つまらなくないのかと思ったが、鳥は鳴くこと自体が楽しいのだと思ったと言うように書いていますが、清川先生のお話と通じるものを感じました。

 ホトトギスの歌を一首

 ほととぎす間(あいだ)しまし置け汝(な)が鳴けば我(あ)が思(も)ふ心いたもすべし

 ほととぎすよ。頼むから、そんなに続けざまに鳴きたてずに、間をすこしおいて鳴いてくれ。おまえが鳴くと、私のもの思う心がまさって、なんともどうもしかたがないのだ。

 これは引き裂かれた悲恋の歌です。

 鳥の鳴き声の話をきっかけに、思いが広がった一日でした。

| | コメント (3)

2010年6月 7日 (月)

温野菜について

P6070001  我が家の朝食は、ほとんどワンパターンです。

 週に一回くらいワッフルやフレンチトースト、和食になりますが、基本は野菜サラダと温野菜、パン、フルーツとヨーグルト、牛乳、コーヒーです。それに殻つきピーナッツとプルーン、ブルーベリーなどをいただきます。

P6070004  この朝食で、時々温野菜について聞かれることがあります。今回もコメントで、温野菜の味付けについて、知りたいとのことでしたので、温野菜についてお知らせします。

 大体パターンは四つくらいで、スープ煮、炒めスープ煮、蒸し野菜、野菜ソテーなどです。味付けは全て塩、コショーだけです。それも極薄味です。野菜そのものから良い味が出ますので、塩は少なくてもおいしくいただけます。

 P6070006 スープ煮の場合は、煮干し・昆布・カツオでとった出し汁がいつも冷蔵庫にガラスの瓶に入れて用意してありますので、そのだし汁で煮ます。コンソメなどは使いません。

 たまに、トマト味やカレー味にすることがあります。蒸し野菜の場合は、ポン酢や胡麻みそソース(自家製)、夫はタプナード・ソース(オリーブの実とオリーブオイルなどで作ったソース、市販品)をつけることもあります。

 朝食で心がけていることは、イモ類、緑黄色野菜、海藻をとることです。そのため、サラダにはひじきかワカメ、温野菜にはイモ類、緑の野菜や人参を使うようにしています。

 朝これだけ意識して野菜をとると、後は比較的自由に献立が考えられ、またお昼に麺類などの外食で野菜が少なくても、大丈夫です。

 今日のお弁当は、大豆と野菜のバーグ、ホウレン草ソテー、いかのショウガ味噌炒め、大根の皮・油揚げ・昆布のきんぴら、じゃがいも・人参・玉ねぎ・白滝煮、大根・人参なます、などです。

| | コメント (4)

2010年6月 6日 (日)

盛岡に行ってきました

P6050006   岩手教区の講習会で、盛岡に来ました。
 昨日は雷雨があったようで、私たちが盛岡駅に着いた時は、雨上がりの曇り空でした。

 ですから、宿泊したホテルの横を流れる北上川は、水を沢山たたえて豊かな流れを見せていましたが、その向こうにある岩手山は見えませんでした。
P6060010  

 今日は朝から快晴で、講習会へ向かう車の中から、まだ雪の残る岩手山が、くっきり見えました。
 

 多くの方がご参加くださった講習会は、和やかな雰囲気の中で行われました。
 

 控え室には、紫ラン、都忘れなど、清楚な花が竹製の花器によく映えて、美しく飾っていた

P6060008 だきました。その横にはチャグチャグ馬この人形が、添えられていました。彩り豊かな郷土玩具は、見る者に喜びを与えてくれます。
 

講習会終了後は、会場近くの城跡公園を少し散策しました。
 青空の広がる気持の良い日で、大きな桜やP6060013 ケヤキ、西洋トチの木(マロニエ)があり、家族連れがブランコで遊んでいました。
 

お堀には噴水があり、黄菖蒲、カキツバタが咲いていました。ほんの短い時間でしたが、緑豊かな広々とした公園を歩き、気分がほぐれました。
P6060016  

盛岡駅では、夕食の駅弁を買って車内でいただきました。
 

講習会を終えて、新幹線の車内で美味しいお弁当をいただくのは、至福のひと時です。
 P6060004

お世話になりました岩手教区の皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございました。

| | コメント (1)

2010年6月 4日 (金)

サツキ咲く

P6040002  東京は日中夏のようになりました。でも、家の中は風が吹くと寒く感じるくらいでした。

 玄関の前のサツキが咲き始めました。ツツジが五月の初めに咲きますから、ちょうど一ヶ月遅れです。

 満開になると、家の中からは電気をつけたよP6040011 うに見えます。 

 クレマチスも四つ目の鉢が咲きました。薄い青です。

 デルフィ二ウムも鉢植えですが、毎年出てきて鮮やかな色の花を咲かせます。私の好きな花の一つです。

P6040008  お弁当は、鮭フライ、新じゃが素揚げ、卵焼き、ゴボウ胡麻酢和え、パプリカピクルス、大根煮、スナックエンドウなどです。

P6040007

P6040004

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

原稿書き

P6030002  夫も私も原稿の締切日が近づいていましたが、講習会や会議などの行事が続いて遅れ気味でした。

 そこで、昨日、今日と山にこもり、ひたすら原稿書きをしました。

 山には、人も来ませんし電話も鳴らず、テレP6020004 ビも新聞もないので、集中できます。

 疲れると外に出て、草刈りをしたり、伸びすぎた木を切ったりして、気分転換をしました。

 お蔭で、私は今日締め切りの原稿を午後には出すことができ、晴れて夜東京に帰ってきました。途中甲府の辺りで、大雨になりましたが、東京はすっきりと晴れて、爽やかな天候でした。

 山荘の斜面で大きなツツジを見つけました。近辺には同じような山ツツジは沢山ありますが、少し小ぶりでした。

 このツツジは大きな花だったので、図鑑で調べたら、レンゲツツジ・橙赤色の大輪の花をつけるとありました。

 定かではありませんが、レンゲツツジかもしれません。

 切って花瓶に入れていましたが、とても良い香りがしました。

| | コメント (2)

2010年6月 1日 (火)

中央委員会

P6010003  白鳩会の中央委員会が本部で開催されました。

 全国から集まってくださった13名の中央委員の皆さんと本部白鳩会のメンバーで、様々なことを話し合いました。

 主に、今私たちの活動はどのような方面に力を入れて行けばよいか。また皆さんに喜ばれる方法は、あるいは皆さんが気軽に楽しんで、日常生活の中に、信仰を生きるお手伝いをするためには、何が出来るかというようなことでした。

 中央委員の皆さんは連合会長として、実際に教区で活動されているので、沢山の貴重な意見、アイデアが出されました。

 今年は定期役員改選の年なので、今回限りで中央委員の役を終えられる方も、何人かおられました。そのため、会議終了後、皆さんと記念撮影をしました。

 生長の家の幹部の皆さんは、純粋にボランティアで運動に携わってくださっています。多大な貢献をしていただいた皆様に、心から感謝するとともに、その献身的な姿勢に、尊敬の念を持ちました。

 皆さま方は、これからも重要な役割を担っていただけると思いますので、頼もしく思っています。

 

 

| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »