« 幻のキノコ | トップページ | ツタンカーメンの死因 »

2010年7月 4日 (日)

朝顔

P7040004  今日東京はなかなか蒸し暑い日でした。

 雨の予報でしたが、夕方まで降らないで昼間は陽も出ていました。

 日曜日に自宅にいるのは珍しいことですが、パソコンに向かって教修会の準備をしたり、本を読んだりしていました。

 日曜日で、来週は参議院選挙なので、選挙カーからけたたましい声が時折聞こえてきました。

 夏向きの涼しい色の朝顔が、毎日一つずつ咲いています。曇り空だと夕方まで開いていますが、陽が照るとすぐにしぼんでしまいます。

 朝顔は日本の夏には欠かせない花ですが、外国ではどうなのでしょうか。

 P7040005 子供の頃、朝顔の模様の浴衣を着て、盆踊りの練習をしたことを思い出します。

 私の田舎では、9月15日に会式があり、9月1日から盆踊りの練習が始まりました。

 小学生の私は、その練習が楽しみで、夕食もそこそこに毎日熱心に出かけていました。

 小学生の時、日本舞踊を習っていたので、踊りが好きだったのだと思います。そして15日には、その年新しく作ってもらった浴衣を着て、櫓の周りで踊るのでした。 

 普段はそれほどにぎわうこともない田舎町が、会式の日だけは屋台が軒を連ね、各家庭ではお寿司を握り、親戚の人なども集まって、子供にとってはとても楽しい日でした。

P7040009  朝顔の花から、幼いころの懐かしい記憶がよみがえってきました。

 今日のお弁当は、サワラの味噌漬け、エビぎょうざ、卵焼き、ナスの大葉味噌炒め、高野豆腐・干しシイタケ・にんじんの含め煮・インゲンの胡麻和えなどです。

|

« 幻のキノコ | トップページ | ツタンカーメンの死因 »

コメント

いつも清々しいブログをありがとうございます。
純子先生も小さい頃、日本舞踊を習っていらしたと、どこかの御文章でも拝見し、嬉しく思っておりました。
私も小さい頃の習い事の一つであった日本舞踊にこうして一生関わっていくことになるとは思ってもみませんでしたが、好きな事にずっと携わっていけることはとても幸せです。
ここ数年、子供の通う公立の小学校で一年にひと月くらいですが、週1回のクラブ活動で夫と日本舞踊を教えています。初体験の子供達は浴衣を着ただけでも嬉しいようで、きちんと正座し、まずご挨拶の仕方を教わりながら、「礼」とは自分と相手は一つ、一体ですから、その生命に感謝し拝むことですよ、と話す夫の話を神妙な面持ちで聞いています。
日本舞踊のおかげで子供達に真理の話もでき、ありがたいなあと感じています。

投稿: 菊池 光珂 | 2010年7月 8日 (木) 09:57

合掌
ありがとうございます。

朝顔のお花きれいですね!
形がちょっと変わっていて珍しいですね。
とてもきれいです☆

投稿: kao | 2010年7月10日 (土) 21:57

菊池さん

 ご主人さまと、地元の公立の小学校で、日本舞踊を教えていらっしゃることは、素敵ですね。
 小学校の生徒さんは、とても良い機会に恵まれましたね。

投稿: 谷口 純子 | 2010年7月12日 (月) 21:49

純子先生へ
>朝顔は日本の夏には欠かせない花ですが、外国ではどうなのでしょうか。

ドイツに住んで5回目の夏を迎えておりますが、今まで朝顔を見たことがあ
りません。調べてみるとヨーロッパにも朝顔はあると書いてありましたが
(ウィキペディア)、日本の風物詩のようなものとは違うのかも知れません。
今度朝顔を見つけたら先生にご報告させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生、ますますお元気でご活躍ください。
再拝                    Frankfurt 11. 07. 2010 大塚 裕司

投稿: 大塚 裕司 | 2010年7月12日 (月) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幻のキノコ | トップページ | ツタンカーメンの死因 »