« 教修会終了 | トップページ | 肩の荷降ろす »

2010年7月13日 (火)

東歌(あずまうた)

P7130002   万葉集の教室がありました。

 今日は東歌(あずまうた)を勉強しました。

 東歌というのは、都を遠く離れた東の国の歌という意味。今の関東地方を中心に、中部地方、東北地方の一部で歌われた歌をいう。「萬葉集」巻十四の歌のすべて、二百三十首がこの東歌と呼ばれるものである。それらの歌は、大和朝廷の歌人たちの”都ぶり”の歌とはちがって、東国なまりそのままで歌われた、土の匂いのする”鄙ぶり”の歌である。

 以上のように、「清川妙の萬葉集」の本では、説明されています。

 京の都の人々の格調高い洗練された歌とは違い、生活の匂いのする素朴な歌のようです。

 飾らず、普段着のままの素朴であけっぴろげな感情を表現したもの、恋の歌が多いです。

P7120007   上つ毛野佐野の舟橋取り離し親は放くれど我は離るがへ

  (かみつけの さののふなはし とりはなし おやはさくれど わはさかるがへ)

 上野の国(群馬県)の歌。”舟橋”というのは、並べてつないだ舟の上に板を渡して作った橋。上野の佐野の舟橋を取り離すように、親は私たちをひき離そうとするが、私たちは離れようか。いいえ、離れることなんかあるものですか。

 この歌から、清川先生は親の愛について、話してくださいました。

 先生の奈良女子大学時代の友人で、とても愛情の細やかな人がいたそうです。仲良くて家庭を持った後も、子供も一緒にお互いの家に泊りあったりしました。

 お友達には男の子と女の子の二人のお子さんがありました。下の女の子が年頃になって、熱烈な恋をしました。ところが相手の男性と言うのは、妻が自殺して、妻を亡くした人でした。

 愛情の深いお母さんは、絶対反対しました。そしてその悩みを、清川先生に何度も電話で長々と話してきました。

 P7130004 その後、お友達は亡くなりました。月日は流れ、最近清川先生は、お友達の息子さんに30~40年ぶりに会われました。

 亡き方の思い出話の中で、妹さんの結婚のことになりました。

 お兄さん曰く「妹は母から逃れるために結婚したんです」

 清川先生は、どんなに愛情が深くても、愛するがゆえに自分の好むように相手を縛るのは、困難な状況をつくりだすことになると言われました。。

 縛られると、自由になりたいのが人間ですね。

 放つ愛は難しいですが、縛る愛は自分も相手も苦しみます。

 放つ愛を実践したいものです。

|

« 教修会終了 | トップページ | 肩の荷降ろす »

コメント

純子先生

「放つ愛」ですか…難しいですね。私は、人生最初の生長の家のおみくじに「真の愛は、放つ愛である」と書かれていて、当時そして今もちょっと意味深すぎて理解に苦しむフレーズですが、きっと私に必要な「真理」なのだろうと今でも思っています。

「四無量心(慈悲喜捨)」とともに、人生のいろいろな場面で、咀嚼して、その都度確認・再確認していきたいと思っています。

投稿: 谷口 美恵 | 2010年7月14日 (水) 07:35

花も美しいですが「縛る愛、放つ愛」のお話は尚、美しいと思います、これは真理の言葉ですね、素晴らしい!(笑顔)。

投稿: 尾窪勝磨 | 2010年7月14日 (水) 10:34

合掌 ありがとうございます。
 最近ですが、縛る愛(?)を、娘から指摘され、はっとしました。親の目にはとても素晴らしいお話と、思いきや、「その考えはお母さんの押し付けでしょう」
・・・。なにも言えませんでした。
 はじめてはっきり、しかも、しっかりと告げられ、大人に成長している娘に、謝りました。
 いつの間にか、彼女なりの人生観を築いていたのですね。母親より深い考えをしているのに気づいた夜でした。逃げられないように・・・。

投稿: 諌山綾子 | 2010年7月15日 (木) 00:32

谷口さん

 本当に誰にとっても、難しいと思います。放つ愛のレッスンのために、人生があるのかもしれません。
 でも、自分の愛が、多分に執着の愛だとの自覚があれば、少し救われるかもしれませんね。

投稿: 谷口 純子 | 2010年7月16日 (金) 22:21

 諌山さん

 親は良かれと思うのに、子供には余計なお世話と思われることありますね。
 私は、自分の願いを子供に押し付けないように、日時計日記に、神に全托の言葉を書いています。
 自分勝手な思いが出てくることがあるので。

投稿: 谷口 純子 | 2010年7月16日 (金) 22:29

ありがとうございます。

自分勝手な思いがでてこないように、神様に全托します。すぐ日時計日記に書きはじめます。ありがとうございます。

今日は母の24回目の命日でしたので、早朝より、大分県日田市まで、百キロを往復し墓参りに行きました。夫の実家と自分の実家のご先祖様にお参りし、そして一カ月ぶりの姑(95歳)、兄弟姉妹にも会えました。帰りは、どしゃ降りの雨の中、川沿いでしたので心配しながら戻って参りました。こちらは一滴も降っていませんでした。

雨の被害が数多く出ていますね。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 諌山綾子 | 2010年7月17日 (土) 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教修会終了 | トップページ | 肩の荷降ろす »