« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

緑に癒されて

P8310003  先日からいっていますが、暑い今は、花がほとんど咲いていません。

 ミニヒマワリ、ランタナ、百日草、千日紅などがやっと咲いています。

 けれども庭を見ると、木々の緑が濃く鮮やかで、涼しげです。

 これが夏の景色だな、などと思いました。

P8310008  これはポンカンの木で、去年は実がほとんどできませんでした。今年は少しついているようです。

 この木のまわりには、一日中、クロアゲハやアオスジアゲハ、色々なハチ、鳥もやってきます。

 今日のお弁当はサンドイッチ、カニ・茹で卵・きゅうり・レタスとチーズ・チキンハム・きゅうり・レタスの二種類と、自家製野菜のピクルスです。

P8310005

| | コメント (7)

2010年8月30日 (月)

ありがたい野菜

P8300002   空知は涼しかったですが、東京は相変わらず34℃と天気予報では言ってました。同じ気温が20日近くも続いています。
 この暑さだと、身体もいい加減疲れてきますね。適当に休み、頑張らないようにしています。
 空知の講習会の時、地元産のトウモロコシをお土産にいただきました。 今朝はそのトウモロコシをいただきましたが、とても甘くてやわらかく、おいしかったです。ありがとうございました。
 北海道では、とうきびと言うようです。
P8300004  英語に行き、原稿書きなどして過ごしました。
 今日の英語の話題は、日本製の眠れぬ人のためのベッド、それは特別のライト、オーディオセット、バイブレーション装置などが着いていて、100万円だそうです。
 また、ペット用の自動洗浄器、コインランドリーにあるような機械で、その中に犬や猫を入れて身体を洗う装置で、30分かけるそうです。これも日本製。
 私の知らない色々なものを、日本の会社は作っていることを知りました。
 クラスの人の意見は、そんな高いお金、他に使うという人や、そんなお金はありませんという人など、反応は様々でした。
 色々な価値観がありますから、なんとも言えませんが、私もそんなお金があったら、他に使うという方です。
P8300005  今日の野菜は、れんこん、キャベツ、だだちゃ豆、かぼちゃ、ナス、オクラ、モロヘイヤでした。
 北海道では、局地的な大雨でニンジン等の作柄に影響が出て、東北はトマトの花が落ち、千葉では雨が全く降らないので、里芋の生育に影響が出ていると、今日の野菜情報には書いてありました。
 それでも、多種類の野菜が届いてありがたいです。

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

空知に行きました

P8280004   空知教区の講習会で、北海道の滝川市に行ってきました。
 滝川市は北海道のやや西よりの真ん中に位置します。
 札幌と旭川の間にあります。東はラベンダーで有名な富良野です。

 着陸前に広大な畑が広がる空知の大地を撮ろうとしたら、飛行機の影が見えたので、其方を撮りました。
 

P8280011  日中の気温は28度位で、こちらの方は「暑い」と行っておられましたが、私はとても気持ちよいと思いました。
 乾燥しているからだと思います。
 そのせいか、花が色鮮やかで美しいです。
 東京の夏は暑くて、花たちもあえいでいる感じです。秋になると元気になりますが。

 北海道は春の低温でお米の成長が心配だったようですが、この夏の暑さでお米の作柄も一気に回復し、今年も豊作のようです。
 
P8290030  街角のコスモスなどを撮りました。
 控え室も、秋の花を飾っていただきました。
 

 お世話になりました空知教区の皆さま、ありがとうございました。
 

P8290018

| | コメント (10)

2010年8月27日 (金)

地球2,3個

P8270009   昨日の朝日新聞の記事から、インターネットで調べたら、以下のような情報を得ました。asahi、com8月26日より
 
「世界が日本人の生活すれば地球2.3個必要」 
 世界中の人が日本人と同じ暮らしをしたら、地球が2.3個必要になる――。環境NGO・世界自然保護基金(WWF)ジャパンが25日、日本人の生活が自然環境に与える影響を発表した。食糧や燃料などの消費をまかなうために、必要な森林や海の面積などをもとに算出した。世界全体では、地球1.44個が必要な生活をしているという。

 人間の生活がどの程度、自然環境に依存しているかを示す物差しの一つ「エコロジカル・フットプリント」という指数の2006年のデータを使って分析した。森林や漁場、農地が持つ生産能力や、生活のために消費する化石燃料の量などを組みあわせて計算する。日本の自然環境が持つ生産能力を人口1人当たりで換算すると、各国平均の約3分の1。一方、自然環境にかけている負荷は平均の1.5倍で、足りない分は外国からの「輸入」で補っている。

 負荷が最も大きいのは、開発がめざましいアラブ首長国連邦で、地球5.7個分。2番目は米国の5個分で、日本は29番目だった。中国は約1個で、1個以下の国の多くはアフリカ諸国だ。

 今年の世界全体のデータでは、8月21日に、地球1個分を消費し尽くしたという---

P8260003  というような結果が発表されました。そして、日本はもっと輸入に頼らず、食品の廃棄などを減らす努力が必要と言っていました。
 炭の話で、長い目で見たら高くても国産を買った方がいいということを、書きました。
 目先のことを考えたら、安い方がいいと思いがちですが、その結果として環境に負荷をかけていると、その代償は次世代やそのまた次の世代が受けなくてはなりません。
 また、外国から奪っていると、奪うものは奪われるという業の法則が働き、加えて外国の人々の生活に大きな影響を及ぼしているわけですから、戦争や社会不安の原因を作ることにもなります。
 そのような広い視点に立って、毎日の生活で何を買うか、何をするかを考えなくてはいけないのだと、私自身改めて思いました。
 こんなことを考えていると、「焼け火箸」の話を思い出します。
 ご存知と思いますが、焼け火箸と知ってつかむのと、知らないでつかむのでは、どちらが重症のやけどを負うかというと、知らないでつかんだ方です。
 私たちの生活でも、知っていれば無暗に物を買うことや生活の仕方、消費の仕方に配慮が出来るのではないかと思います。

P8270011  賢い生活者になりたいですね。

 ハイビスカスの花が咲きました。

 今日のお弁当は、エビと紫蘇の餃子、ゴボウ・ニンジン・昆布・干しシイタケの煮物、きゅうりちくわ、小松菜・舞茸・油揚げの煮浸し、セロリのわさび漬け和えなどです。

| | コメント (3)

2010年8月25日 (水)

満月

P8250002   今日は満月でした。明日は木曜日の休日で、私たちにとってはさしずめ、花金ならぬ、花水です。
 そこで、「満月のきれいに見えるところへ行こうか」ということで、夜お台場に行きました。
 家の周りはビルばかりで、月は見えますが狭い感じがするからです。
 

 我が家から、道がすいていれば15分か20分でお台場に行P8250015 けます。
 よいお天気だったので、高速道路の上からずっと満月が見えました。
 東京湾にかかるレインボウブリッジからの眺めもよかったです。
 良いアングルをさがして、写真を沢山撮りましたが、動く車の中から撮るのはとても難か P8250017_2 しいです。
 カメラを構えて月を見ていると、車が動いているので、もう少し近づけば月が大きくなるという錯覚を起こします。
 そんなことを言って、夫に笑われてしまいました。
 「物理的に考えて、月との距離は変わらないよ」

 そうなのですが、地上のものと同じような感覚を持ってしまいます。
 また、場所によって、月が空の上にあったり、ビルの横にあったりします。ビルの横に月があると、月が大きく見えます。
P8250003  これも周りのものと月を比較するからですが、人間の目は面白い感じ方をするのだと思いました。 
 ビルの近くにある月と、お台場から見たレインボウブリッジの夜景です。

| | コメント (11)

2010年8月23日 (月)

スマトラ虎

P8230001   英語の教室に行きました。二週間の夏休みがあったので、三週間ぶりです。
 今日の話題はスマトラトラについてでした。
 インドネシアにいるこの虎は、深刻な絶滅危惧種で現在野生では、200頭くらいしか生息していないとのことです。

 生息地が80パーセントも減少したことも一つの原因です。密猟もあります。
 そこで、インドネシア政府は、保護策を打ち出し、それが論議を呼んでいます。
P8230003  トラは密猟され、お金持ちが毛皮やはく製を家にもっています。
 密猟を撲滅するためにも、トラをペットとして貸し出すという計画です。
 10万㌦(約1千万円)の保証金と、自宅にフットボールグラウンドの10分の1の広さの庭があれば、トラをペットとして飼うことが出来るという計画です。
 所変われば品変わるで、日本との自然環境の違いを、大いに感じるところです。
 この計画に対し、WWF(世界自然保護基金)は、「長期的にみて、解決策にはならない」と、反対しています。

 また、自然保護活動家は、虎は裏庭のステータスシンボルなどではないといっています。

 私たちも、トラが赤ちゃんの時はいいけど、大きくなったら大変なことになる。どうするのなんて、気軽な意見を言い合っていました。
 けれども、現実の問題として、スマトラトラの数が減った事の原因は、ニュースにはありませんでしたが、日本人も大いに関係しています。
P8230006  彼らトラの生息地が80パーセントも減少したことは、日本などが熱帯雨林の木を沢山輸入したことや、スナック菓子や洗剤の原料になるパーム油を生産するために、熱帯雨林が伐採されているからです。
 現在は外国の話だと思って、簡単に片付けてはいけない時代なのだと改めて思いました。
 月曜日なので、野菜も沢山届きました。小松菜、大根、ねぎ、きゅうり、ピーマン、とうもろこし、レタス、ズッキーニと多彩でした。
   
 

| | コメント (4)

2010年8月21日 (土)

サルスベリ

P8210002   暑い日でした。午後二時ごろ用事があり、炎天下日傘をさして40分位歩きましたが、大変な暑さでした。
 そんな中今の季節、サルスベリの花が咲いているところが多く、ピンクや濃い赤、白の花を見ると、ほっとさせられます。
 暑さもなんのそのという感じで咲いています。
 暑くて雨も降らないので、街路樹などは枯れたように葉っぱが茶色くなって、元気がない木もあります。
 それらに比べると,サルスベリは暑さに強いようです。
 街路樹にサルスベリを植えているところもあります。
 子供が小さい頃、秋川渓谷(東京都の八王子の先)にキャP8210003 ンプに行ったことがありますが、秋川に通じる道がサルスベリの街路樹で、美しい街路樹だと眺めた記憶があります。
 花の咲く街路樹というのも、楽しみがあっていいものです。
 今日のお弁当は、エビと鶏肉のチャーハン、稚鮎の南蛮漬け、野菜のピクルスなどです。
 

| | コメント (4)

2010年8月20日 (金)

レイトカマ―

P8200002   昨日夜東京に帰ってきたら、涼しくて夜もよく眠れ、ありがたかったです。
 西日本の皆さんには申し訳ないですが、今日も比較的しのぎやすかったです。
 それでも32℃くらいはあったと思うのですが、35℃以上を経験してしまうと、涼しく感じるのは不思議です。慣れるというのは、大きな影響を与えるものですね。
 今週は月曜日の野菜の宅配をお休みしたので、野菜が品薄になりました。そこで、青山の自然食品のお店に買い物に行きました。
P8200003  ついでに書店にもより、本を二冊買いました。
 買った本は、「持続可能な社会をめざす 8人のライフスタイル」名倉幸次郎著(白水社)「自然農法 わら一本の革命}福岡正信(春秋社)
 私たちは炭素ゼロの生き方を目指し、森にも移転します。
 それは、今の社会の大きな流れの中では、一般的ではありません。
 けれども、私が近頃選んで読んでいる本から、私たちが目指しているような生き方を30年も40年も前からしている人が多くいることを知ります。
P8200006  私たちは「フロントランナー」などと言っていましたが、最近はつくづく「レイトカマ―」(遅れて来た人)の感を強くします。
 多くの先輩がいますから、それらの人から学んで、私たちのスタイルを生み出していかなくてはと思います。
 福岡正信さんの本はまだ読んでいません。以前から興味があり、読んでみたいと思っていたら、書店に平積みされていたので、買いました。

 植木鉢に植えたゴーヤが初めて収穫できました。

| | コメント (3)

2010年8月19日 (木)

盂蘭盆供養大祭

P8190003   今日は生長の家宇治別格本山で、盂蘭盆供養大祭の本祭等が開催されました。
 

 猛暑続きの日本列島ですが、今日の宇治も晴天で大変暑い日でした。
  

 私はいつもこの日は絽の着物を着て、参加させていただきます。
 

 夏ですから、毎年汗をかきますが、今年は着物が腕に張り付くような汗のかき方でした。
 

 多くの方がご参加くださり、ご奉仕いただいた方も大勢でした。
 皆さん玉の汗をかいて、今日の四つの御祭りに列席くださいました。
 ありがとうございました。心から感謝いたします。
 楠本宮司も、88歳とのことですが、足腰しっかりして、お元気にご奉仕くださいました。

 霊界の御諸霊、ご先祖様、流産児の御霊など、喜んでおられることと思います。

 宇治では写真を沢山撮り、帰りの新幹線の中で、パソコンに取り込んでいたのですが、話をしていたので操作を間違ってしまい、全部消えてしまいました。

 この二枚は、東京に着いて車の中から撮ったものです。

P8190008  今日は明治神宮外苑の花火大会で、青山通りには沿道に人が並んで、場所によってはラッシュのように混雑しているところもありました。

 こんな光景を見たのは初めてで、珍しくて少しぼけていますが、見物人も撮りました。

 花火は一瞬の華やぎが、別世界を垣間見せてくれるようなところがありますから、みんな好きなのかも知れません。

| | コメント (7)

2010年8月17日 (火)

夏休み

P8150019   週末は子供たちもやってきて、久しぶりで家族みんなが揃った、束の間の夏休みを過ごしました。
 普段は、私たちはいつも仕事を持ってきて、どこか観光施設に出かけるということはあまりありません。
 子供たちが一緒だといつもとはパターンが変わって、今回は明野の60万本のヒマワリ畑というのを見に行きました。
 ヒマワリがみんな同じ方向を向いて咲いているのは、圧巻でした。
 夏休みも終わって、今日からは日常生活に戻りました。
 この暑さはどうなっているのかと思うほどの暑さですね。
P8170005  涼しい所から帰って来たので、余計きつく感じます。
 早く秋風が吹いて欲しいと願ってしまいます。
 お弁当は鮭とイクラの親子ちらし寿司です。

  明日は盂蘭盆供養大祭で、宇治に出かけます。

P8170007

| | コメント (3)

2010年8月13日 (金)

くつろいだ午後

P8130007   台風が北に去り、今朝は山がくっきりと見えました。けれどもすぐに雲が出て、その後は曇りがちのお天気でした。
 朝食の時、蝉が家の外壁に止まっているのを見つけました。近づいても逃げないで、ゆっくり上方に上って行きました。
 今朝、脱皮したばかりなのか、それとももう死ぬのか分かりません。
 東京でも蝉は沢山いて、暑さに拍車をかけるような鳴き方をします。
 山の中も、お天気が良くなると、蝉が鳴き始めますが、東京P8130001 のセミとは違い、鳴き方が控え目で、あまりうるさく感じません。
 周りの自然が広大なので、それほど響かないのかもしれません。
 ブッドレアも、花をつけました。以前にも、お話ししましたが、この花は蝶が好み、花のまわりには何匹かの蝶が必ず舞っています。
 バタフライツリーとも呼ばれるそうです。
 花を切って家の中に飾ると、強い甘い香りがします。
 香りに誘われて蝶が来るのでしょうが、美味しい蜜もあるのP8130016 でしょう。
 原稿を送り、ちょっとくつろいだ気分の午後を過ごしました。

P8130013

| | コメント (1)

2010年8月12日 (木)

霧の山

P8120004   昨日の夜、八ヶ岳の山荘に来ました。当初は今朝来る予定でしたが、今日は帰省ラッシュになるということで、早めました。
 おかげで、昨日は二時間弱で着きました。
 今日は朝から台風の影響か小雨が時々降り、一日中霧が立ち込めていました。
 晴れた日には甲斐駒ケ岳などが雄大な姿を見せますが、雲ばかりでした。
 私は、締め切りの原稿があるので、ほとんど一日原稿書きをしていたので、こういう日はありがたいです。
P8120008  あまりお天気がいいと、外に出て何かをしたくなりますから。
 夫も木工工作を熱心にしていました。
 お昼は気分転換を兼ねて、おそばを食べに出かけました。
 この辺りはそばを栽培しているところも多く、手打ちのお蕎麦屋さんが結構あります。
 中でも、脱サラや定年後に始めたような素人っぽいお蕎麦屋さんも多く、そういう店はもちろん手打ちで、こだわりのお店です。
 今日もそんな一軒に行きました。
P8120009  このお店は比較的新しく、一年くらい前にできました。
 山荘からは、一番近いお蕎麦屋さんですが、普段は木曜日が定休日です。
 以前に一度、木曜日に開店していたので入り、美味しかったので今日も行ってみました。
 やはりお盆前の書き入れ時なので、開いていました。
 奥さんと二人でお店を切り盛りしていて、二人とも気さくで感じの良い人です。
 自分で採った春には山菜、秋にはキノコのてんぷらそばも出すそうです。
 キノコは8から9種類採ると言っていました。
 キノコの話をする時、目を輝かせていましたから、キノコ採りが好きなのだと思いました。

 こちらはとても涼しく、夜は毛布をかけて寝ました。

| | コメント (4)

2010年8月 9日 (月)

涼しい日

P8090002    今日の東京は、朝から雨が降って、冷房をつけているような涼しさです。
 

 地面がカラカラに乾いていましたから、本当に恵みの雨でした。その上、心地よい風が吹いて、しのぎやすい日となりました。
 

 たまにこういう日があると、一息つけてありがたいです。
 まだまだ残暑は厳しいですが、夜は庭でコウロギの鳴き声が聞こえました。
 季節は見えないところで、秋に向かって変化しているようです。
 

P8090010  朝シソの葉の上で緑色のカマキリを見ましたが、その後ルドベキアの上に茶色のカマキリを見つけました。
 緑のシソのところは緑で、黄色い花のところは茶色なのでしょうか。
 図鑑で見ると、カマキリのからだの色は、薄い緑または褐色と書いてあるだけで、色の違いについては書いてありません。
 

 お弁当はサンドイッチです。大豆ミートで作ったドライカレーP8090005 とキャベツとエビの白ワインソテー、味に変化があっておいしかったとのことです。
 大豆ミートは、ドライカレー、ハンバーグ、肉みそならぬ大豆みそに作りましたが、どれも動物性のひき肉に勝るとも劣らぬ味にできました。

 野菜は今日はいつもの倍くらい届きました。夏野菜が沢山収穫できたのでしょうか。それとも、夏休みで注文する人が少なかったのかもしれません。

P8090007

| | コメント (1)

2010年8月 8日 (日)

静かな日曜日

P8080001   今日は、午後近くの郵便局のポストにはがきを出しに行っただけで、それ以外はずっと家にいました。
 

 日曜日は、世間一般がお休みですから郵便物もなく、静かに過ごせます。
 

 今、仕事が色々重なっているので、こういう日は集中できてはかどります。 帰省ラッシュは、昨日あたりから始まっているようで、原宿の町も普段の日曜日に比べたら、人が少なく、観光客らしき人の姿が目立ちます。 夕方帰宅した夫も「東京に人がいなくなっているね」と言っていました。
 一年に二回、日本の田舎に活気が戻るのですね。
 子供や孫の帰郷を楽しみにしているお父さんやお母さん、故郷に帰ってきて、懐かしさと安心感を味わっている都会暮らしの人々、私が田舎に帰った時の感慨がよみがえってきます。
 

P8080003  地球温暖化の問題と日本の社会問題を勉強したので、近頃は少しでも人々が田舎に帰って暮らすごとができればいいのにと、そんなことを願ってしまいます。
 

 お弁当は海苔巻を作りました。海苔巻の芯には、何を入れてもおいしいですが、今日はしいたけ・かんぴょう、卵焼き、大葉、きゅうりとスモークサーモン、もう一本は、サーモンの代りにアサリの佃煮を入れました。
 

P8080004  どちらも美味しくでき、「海苔巻美味しかったよ」といわれました。
 

| | コメント (1)

2010年8月 7日 (土)

夕顔異変

P8070006   去年に続いて今年も夕顔を育てています。
 

 去年は苗を買ったのですが、今年は去年沢山種が出来たので、それを植えました。元気に育って二階の窓に届くほどになりました。
 

 そしてつぼみも大きくなり、今日は咲くかと毎日見ているのですが、気がつくとしおれています。
 

P8070001  夕方私の知らない間に咲いて、しぼんでしまったのかとも思いましたが、どうもおかしいのです。
 

 そして今朝いよいよ今日咲きそうなつぼみがあったのですが、お昼頃にはそのまましぼんでいました。
 

 母のところでも咲き切らずにしおれてしまうようです。
 この暑さが、夕顔にはきつすぎるのかもしれません。
 母は「夕顔、熱中症ね」と言っていました。
 

 夕方咲く白い花を楽しみにしていたので、残念ですが、もう少し涼しくなったら、普通に咲くかもしれません。
 

 それを期待してます。
 

P8070007  紅蜀葵(コウショクキ)は朝一番に咲いて、夕方にはしぼんでしまう一日花です。こちらは元気です。モミジアオイが正式名のようです。
 

 今日のお弁当は、おむすび、大豆ミートのハンバーグ、パプリカ、ピーマン、かぼちゃ煮、インゲン胡麻和えなどです。

| | コメント (2)

2010年8月 6日 (金)

デザイン更新

P8060003   今日も暑い日でした。渋谷の街を歩いている老人やホームレスの人を見ると、大丈夫かと心配になります。
 

 駅に隣接するデパートののれん街では、20代と思しき男性が、うずっくまっていて、周りの人が「汗が出ていない」とか言って心配していました。
 熱中症だったかも知れません。
 

P8060006  できれば、外出は朝早くか、夕方にした方がいいですね。そうできない場合も多いとは思いますが。
 

 ずっと替えたいと思っていた、ブログのプロフィールの写真を替えました。あの写真は、ハナビラタケを採った時に喜んでいるものです。
 

 トップの写真は、車の中から見えた富士山です。雲が多くてそれほどくっきりというわけではありませんが、雄大さが出ているのではないかと思います。
 

 ところで、家の庭にいつの間にか生えた山桜の大木がありました。ところがその木が突然枯れてしまいました。そんなこともあるのですね。
 P8060009

 それで今日は、植木屋さんなど10人近くの人が来て、木にロープを渡して、上の方から少しずつ切って行きました。大木ですから、一度に切ることはできません。木の幹を縄で縛って、はしごで上って切るのですが、切られた枝は宙に浮いていて、ゆっくりロープをひっぱって、地面に落します。うまく切られていくものだと思いました。
 

 暑い日だったのにご苦労様でした。
P8060004  

 今日のお弁当は、鮭の粕漬け、ゴボウ・ニンジン・ちくわ麩・インゲンの煮物、わかめ・えのき入り卵焼き、パプリカとピーマンのソテー、きゅうりとわかめの酢の物などでした。

| | コメント (3)

2010年8月 2日 (月)

お弁当

P8020001   今日の午前中は英語があり、午後からは本部で会議があったので、私の分のお弁当も作りました。
 

 英語の教室が終わってから本部に行き、すでにお弁当を食べ始めていた夫に合流しました。
 

 万葉集の教室に行くときも、お弁当を持参します。
 

P8020004  手作りのお弁当というのは、特に手の込んだものが入っているわけでもないのですが、安心して食べられ、美味しいものだと思います。
 

 自分で作っておいて、そんなことをいうのはおかしいかもしれませんが、知り合いも「自分で作ったお弁当って、何故か美味しいんですよね」と言っていました。
 

 今日のお弁当は、メカジキの照り焼き、こんにゃく・干しシイタケ・ニンジン・昆布の煮物、大根の皮・ニンジン・油揚げのきんぴら、ピーマンのソテー、かまぼこ、わさび漬けなどです。
 

P8020006  野菜は、ゴボウ、キャベツ、スイスチャード、トマト、ナス、モロヘイヤ、かぼちゃが届きました。
 

 モロヘイヤは、原産地がエジプトまたはインドと書いてありました。もちろん、今は日本産ですが。
 

 茹でると納豆のようなぬめりが出ます。それをたたきのように細かく切って、お醤油、おかか、おろしショウガでいただきました。

| | コメント (4)

2010年8月 1日 (日)

静かな日曜

P8010002   日曜日の今日は、一日家で原稿書きをしていました。
 

 朝夫を送り出してから、ずっとパソコンに向かっていました。 

 夕方夫が帰ってきて、一日誰にも会わず、話もしないで過ごしたことに気がつきました。
 

 こんなことは、めったにないことですが、私が家から一歩も外に出なかったからです。お蔭で原稿書きがはかどりました。
 

P8010003  久しぶりに、和食の朝食です。パンの朝食より、品数が豊富で旅館の朝ごはんのようです。
 

 お弁当は、サンドイッチにしました。ラタトゥユ(夏野菜トマト煮)入りオムレツときゅうり、ナス、タマネギソテーとスモークサーモン・チーズのサンドイッチです。
 

 八月は夏休みの時期ですが、秋に向けて、本が出たり、日時計日記の来年度版の準備などで、なかなか充実したスケジュールになっています。

| | コメント (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »