« 谷口清超先生二年祭 | トップページ | 周南市に行ってきました »

2010年10月29日 (金)

そば粉のパンケーキ

Pa290004   今日も東京は曇り空でした。
 本来の10月の気温に戻ると天気予報は言っていましたが、朝は寒かったです。 昼間もそれほど気温は上がりませんでした。
 今朝はそば粉のパンケーキを作りました。
 このそば粉は八ヶ岳の大泉産のものです。
 小麦粉とそば粉半々にすると、軽い口当たりのパンケーキができます。
 秋に新そばの粉が出ると、パンケーキに入れるのが我が家流です。
 そばはいかにも日本のものという印象を持ちますが、そばを食べるところは世界中に沢山あるようです。
 よく知られているのは、フランスのブルターニュ地方のクレープ、そば粉で作ったのはガレットといいますが、東京にもガレットのお店がいくつかあるようです。 
 原産地は、東アジアの温帯北部、冷涼な気候のところでできます。
 旧ソ連地域やポーランド、カナダなどで栽培されています。
 以前にテレビで、東ヨーロッパの国でそばを常食している民族がいるのを見たことがあります。
 高地に住んでいる人々でした。
 日本では、五世紀半ばごろにはすでにそばが食べられていたことが、長野県野尻湖底から採集したものの分析からわかっているそうです。
 粉にする前のそば米もスープなどに入れても、おいしいです。
 タンパク質が小麦粉よりやや多く、アミノ酸構成も良質で栄養価も高いそうなので、野菜とすいとん風にしたりして、食べようと思っています。

|

« 谷口清超先生二年祭 | トップページ | 周南市に行ってきました »

コメント

純子先生おはようございます。


美味しそうですね!!食いしん坊の私は、朝からお写真に目がくぎ付けです…(笑)sweat01


日本だけでなく蕎麦が食されていることは、存じていましたが、日本ではずいぶん古くからのお付き合いなんですね…

7年くらい前に、愛知県の知多の方で、蕎麦の花咲く畑を初めて見ました。
それはそれは何とも言えず、素朴で美しい風景です!


蕎麦の実をスープに入れるのも、美味しそうですね。私はお湯を注いで蕎麦茶を頂き、その後実もつぶつぶしながら、頂いています。

余談ですが、私は米粉のパンケーキをよく焼きます。小麦粉のようにダマにならないので、粉をふるう必要もありません。もっちりしてみずみずしくお米の甘味もあり、美味しく楽しんでいます。
お蕎麦のバリエーション同様、こんな楽しみ方もできる日本の食文化の恵みにもいつも感謝感激しています。食いしん坊の私としましては…(笑)

急に寒くなりましたので、お身体にはお気をつけてご活躍下さいませ。


ありがとうございます。

宮池香扶里拝

投稿: 宮池香扶里 | 2010年10月30日 (土) 08:50

そば粉のパンケーキ、良いですね。
先生の朝食は、憧れです!
焼きたてのパンとコーヒーの香りの朝食が、夢なのですが、(御飯じゃなければ食事じゃない!)と言うような夫なので・・・
(パンはおやつです)
そばは体に良いそうですね。
雅宣先生が蕎麦うちセットを購入したと、何かで読んだことを思い出しました。
美味しい手打ち蕎麦は、召し上がったのでしょうか?
こんな事をメールで先生とお話出来るなんて夢のようです。
ありがとうございます。

投稿: 小杖まりあ | 2010年10月31日 (日) 15:30

 宮池さん

 愛知でもそばを栽培しているのですね。
 昔は貧しい土地のものだったようですが、今では国産はぜいたく品になりつつあるようです。
 私も米粉使っています。
 

投稿: 谷口純子 | 2010年11月 2日 (火) 23:08

小杖さん

 ソバ打ちセットは、今では埃をかぶっています。
 あまり評判がよろしくないので(笑)

投稿: 谷口純子 | 2010年11月 2日 (火) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 谷口清超先生二年祭 | トップページ | 周南市に行ってきました »