« 九州陶磁見学 | トップページ | 半坪菜園 »

2010年10月 6日 (水)

静かにもの思う

Pa050002   普及誌の原稿があり、ブログを書く時間がありませんでした。
 昨日の夜、やっと原稿を送ることができました。
 今日はまた一日会議で、ようやく終わりました。
 厳しかった夏もいつの間にか去り、外に出るとどこからともなく金木犀の香りが漂ってきます。
 夏にはどうしても咲くことが出来ず、つぼみのまましぼんでいた夕顔が、近ごろ毎夕5~6個の花を咲かせています。
 クレマチスも気が付いたら、季節外れの花が咲いていました。
 矢羽根ススキも穂を出しています。
Pa050008  暑くもなく、寒くもない、いい季節ですね。
 この気持ちの良い季節、静かにもの思うときですね。

Pa050010

Pa050012 

|

« 九州陶磁見学 | トップページ | 半坪菜園 »

コメント

純子先生、待ちのぞんでいた夕顔が咲きましたね
白がひときわ美しいです
夕顔は今年の暑さにじっと耐え、涼しくなるのを待って、やっと花開いたのですね
人間も同じですね
一番相応しい時期に開花するのですねnote


今年は例年になく、金木犀がたくさん芳香を薫っています…
やはり夏の暑さに耐えた分、たくさんの花芽を樹木に蓄え、いちどに開花したような気がします

最近「生物多様性」の言葉をテレビで多く耳にするようになりましたが、雅宣先生がいち早く、生物の多様性について取り組まれ、新バージョンの「四無量心の神想観」をご教授下さいました事は、本当に有り難い事と思います
毎日お祈りさせて頂きます

コスモス拝

投稿: コスモス | 2010年10月 7日 (木) 10:52

コスモスさん

 本当に植物たちも夏の暑さに耐えて、夕顔だけでなくペチュニアなども元気になって、花を咲かせています。
 COP10があるので、毎日、新聞やテレビで話題になっていますね。

投稿: 谷口純子 | 2010年10月 7日 (木) 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九州陶磁見学 | トップページ | 半坪菜園 »