« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

中東のドバイ

Pb290001   青空のきれいな暖かい日になりました。
 庭のもみじが日ごとにきれいになります。
 まだ緑の葉っぱが混じっているので、オレンジや赤が映えます。
 今日は二週間ぶりに英語に行きました。
 先週は長崎に行っていたので,お休みしました。
 先生はその前から二週間お休みでした。
 カナダの人なので、カナダに帰っているのかと思っていたら、ドバイに行って来たとのことでした。
 ドバイには、カナダの高校時代の友人が建築家として働いPb290006 ているので、彼のところを尋ねたようです。
 ドバイは中東の国とは知っていましたが、正確な場所は知りませんでした。
 サウジアラビアの南の端の小さな国で、海の向こうはすぐイランです。
 写真を沢山見せてもらいましたが、砂漠の上に作られた未来都市という感じで、先端技術を駆使して快適な空間を作っているようでした。
 真夏には、45℃から50℃ちかくになるそうで、外では過ごせないらしいです。
Pb290008  そのため、あらゆるところでエアコンが効いているそうです。
 炭素ゼロとは対極にある町のように、思えました。
 けれども、ピークオイルのことは考えているのでしょう。
 ソーラーパネルやウインドファンが設置されているところもあるとのことです。 見たところ、エネルギーを湯水のように使う町のように思えましたが。
 クラスでは、みんなが先生にいっぱい質問して、ドバイの話がつきませんでした。
 月曜日なので、野菜も届きました。
Pb290003  大根、小松菜、レタス、加賀レンコン、さやあかね(じゃがいも)、ふじ、ベビーリーフ、えのきたけ(ブラウン)でした。
 お弁当はおむすび弁当。
 たらこ、昆布佃煮、梅干し入り。五目豆煮、エビとジャガイモのトマト煮、あごのやき(おおきなちくわ・出雲空港で)、小松菜胡麻みそ和え、卵焼きなどです。
 

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

出雲市に行ってきました

Pb270008   島根教区の講習会で、出雲市に行ってきました。
 二年ぶりですが、空港に到着した時、機内アナウンスが「出雲エムシー空港」と聞こえたので、何のことだろうと思いました。
 そしてよく聞いてみると、「出雲縁結び空港」と言っているのがわかりました。
 つい最近そのような名前になったとのことです。
 神話の古里出雲なので、ヤマタノオロチや櫛ナダ姫、スサノウノミコトなどの名前が、色々なところで出てきます。
 田園風景が広がり、その中に黒や赤茶色の瓦屋根に白壁Pb280018 の伝統的な日本家屋が点在し、さらには紅葉した山々の連なりが見える、懐かしさと安らぎを感じる出雲地方です。
 今回の講習会では、私がこの欄で結婚記念日のことを書いたので、懇談会のあとで花束と絵手紙などをいただきました。
 講習会でお忙しかったにもかかわらず、ご用意くださり、恐縮しました。
 皆さんのお気持ちをありがたく感謝いたしました。
 控え室にも、美しいお花を飾っていただきました。
 島根教区の皆さま、本当にありがとうございました。

Pb280012

| | コメント (6)

2010年11月25日 (木)

結婚記念日

Pb240013   11月27日は私たちの結婚記念日ですが、その日は講習会で島根に行きます。 そこで、早めに結婚記念日を二人でささやかに祝いました。
 ここ数年、横浜に来て結婚記念日を過ごしています。
 先日、神奈川教区の講習会の時、夫が「横浜には、二年ぶりと言いたいところですが、毎月のように来ています」と言いました。
 私はそんなに来ていないのにと思い、お昼休みに3・4カ月に一回くらい来ているだけでしょうと、夫にいいました。
 「そうかなあ、頻繁に来ているような気がするけれど」
Pb250013  そして調べて見ました。
 そしたらなんと、今年の一月末以来約10ヶ月ぶりだということがわかりました。
 実際にはそんなに間が空いているのに、夫は毎月くらいと思い、私も3・4ヶ月ぶりと思ったのは、どういうことかと考えました。
 新婚時代に住んだところなので、印象が強いのと、東京に移り住んでからも、よく来ているので、私たちの気持の中には、横浜がとても近くに感じられて、良く知っていて、頻繁に来ているような錯覚を覚えていたのかもしれません。
Pb240016  今回も夫が私の知らないうちに、こっそりと横浜での計画を立てていました。
 そんな事とは知らない私が、夫に「結婚記念日の頃、横浜に行かない?」と言いました。
 夫は「もう計画立ててあるよ」との返事でした。
 そんなわけで、私たちの心の中では、親密な感じの町なのでしょう。
 今日は「あかいくつ」という、港の周辺の観光地を巡る周遊バスに乗って、みなとみらい地区から、赤レンガ倉庫、日本大通り、中華街、港の見える丘公園などをまわりました。
 ちょうどイチョウが色付いていて、観光客も沢山いました。

| | コメント (12)

2010年11月24日 (水)

庭の紅葉

Pb240001   長崎の紅葉は今年は、例年に増して綺麗でした。
 時には紅葉が遅く、もみじの葉っぱがまだ青々としていた年もありました。
 木々の紅葉は、夏の暑さと秋の気温に大いに影響される事と思いますから、毎年同じというわけにはいかないですね。
 東京の我が家の庭も、少し紅葉が始まり、特に今日は雨上がりの冷たい朝だったので、太陽の光を受けて、清々しく感じられました。
 玄関を出たところには、ツワブキが植えてあります。
 このツワブキも、今年は黄色い花をつけました。
Pb240006  いつもはあまり咲いたことがないのですが、どういう影響でしょうか。
 長崎でも、ツワブキが道路の脇や、人家の庭に沢山咲いていました。
 もう11月も終わりに近づき、慌ただしさを覚えますが、木々が紅葉し、冬の花が咲きだすと、一年の締めくくりを、気持よく気を引き締めて過ごしたいと、意欲が満ちてきます。

Pb240008

Pb240004

| | コメント (2)

2010年11月21日 (日)

総本山の景色

Pb210021   今日の長崎はとても良いお天気でした。
 朝はかなり冷え込みましたが、日中は小春日和で暖かでした。
 午前、午後と二つの御祭りがありましたが、滞りなく執り行われました。
 午前の御祭りの後、奥津城参拝をしました。
 山の上にあるので、風が強いことが多いのですが、今日はほとんど風もなく穏やかでした。
 お参りのあと、奥津城から大村湾を写真に撮りました。
 雲一つない美しい青空が広がっていました。
Pb210007  公邸の庭のもみじも色のグラデーションが鮮やかです。

Pb210026

Pb210015

| | コメント (5)

2010年11月20日 (土)

食糧自給率

Pb200002   長崎は良いお天気で暖かです。
 もみじもきれいに紅葉しています。
 ところで、昨日本を買ったことを書きましたが、その一冊を今日の飛行機と車の中で読み終えました。
 本のタイトルは「日本は世界5位の農業大国」大嘘だらけの食料自給率、浅川芳裕著(講談社+α新書)ーという副題がついています。
 この本は新書判が並べてあるところに、平積みされていました。
 普通だったら、目に留まらなかったかも知れません。
 けれども、この本が私の目を引いたのには、理由があります。
 先日の山口教区の講習会の時、相愛会の副連合会長さんの息子さんが、カイロ大学に留学されていて、日本の食料自給率についての本を書いて今話題になっているということを、聞きました。
 そのことは忘れていたのですが、昨日本を見ていて、もしかしたらと手に取ってみたら、山口県出身、エジプト・カイロ大学文学部東洋言語学科セム語専科中退と書いてあり、その人だとわかりました。
 半信半疑で、本を読み始めましたが、私の知らないあるいは多くの日本人が知らないことが、書かれてありました。
 内容は、簡単には書くことができませんが、日本の農業は、政府や、政府の報告をそのまま報道しているマスコミが言うように、危機的ではないというものでした。
 私は、農業の専門家ではないですし、知識もないので、判断する基準を持ち合わせてはいません。
 ただ、日本は食料自給率が低いとここ数年、大きな声で色々なところで言われているので、その通りだろうと思っていましたが、もっと多角的に物事を見なくてはいけないのだということを、この本から学びました。
 フードマイレージやバイオ燃料の問題は、どうするのかということは、余り詳しくは書かれてありませんので、判断の材料が乏しい点もありますが、うなずけるところも多々ありました。
 日本の農業について、興味のある方には、一読をお勧めします。

| | コメント (3)

2010年11月19日 (金)

本を見る

Pb190010   昨日は寒い日でしたが、今日は日中暖かい日になりました。
 明日から長崎へ行くので、準備などで、慌ただしく午後が過ぎました。
 出かけるとなると、家の中のものを整理して、処理するもの、返事をするもの、手紙を出すもの、それらをきちんとして出かけたいと思うからですね。
 そんなに長旅に出るわけではないのですが、二泊というと何か長いような気がするのは、不思議です。
 朝は渋谷に出かけましたが、途中の道に年配の男性が手Pb190014 入れしている、交差点の角の小さな花壇があります。
 そこに今はミニ・シクラメンとパンジーなどがぎっしり植わっていてカラフルです。
 美容院に行きましたが、早く終わったので、帰りにデパートの中の本屋さんに寄りました。
 いつもは目当ての本だけ買って、すぐ帰ってくるのですが、今日は少し時間をかけて本を見ました。
 この書店は開店してまだ二ヶ月くらいだと思います。
 丸善とジュンク堂が一緒になった初めての書店です。
 渋谷地区では一番広い書店で、デパートのワンフロア―が全部本で埋め尽くされています。
 いろいろ見たいと思ったのですが、本の数が多すぎて結局自分の目当ての所を見るだけになってしまいました。
 それぞれのジャンルの本そのものが多いので、そこだけ見ても時間がかかってしまうのです。
Pb190012  三冊買って帰ってきました。
 寒くなったので、お弁当のご飯を保温つきのにしました。
 夕方帰宅した夫は「ごはんが暖かいから、ホット(HOT)するよ」などと言っていました。
 お弁当のおかずは、鮭の粕漬け、さんますり身餃子、ひじき・大豆・人参・揚げの炒め煮、レンコン・タマネギ・人参マリネ、小松菜胡麻和え、赤カブ漬けなどでした。
 

| | コメント (7)

2010年11月17日 (水)

候補地見学

Pb170002   中央線に乗って大泉日帰りをしました。
 今回は、職員住宅の候補地を視察するためです。
 雲の動きが頻繁でしたが、それでも陽が差す天候に恵まれ、視察のためには良いお天気でした。
 富士山が正面に見える土地や、甲斐駒ケ岳などの南アルプスが望めるところ、八ヶ岳が視界に入るところ、森の中の落ち着いた場所など、様々でした。
 一緒に訪れた本部の人々と、それぞれの土地で感想を述べ合いました。
 そんなことを通じて、まだ実際には何の建物も建っていないのですが、森の中への移転が現実味を帯びてくるのを感じました。
 不動産業者の人も含めて、メンバーは総勢14人でしたが、お昼は森の中のオフィスの土地に隣接するペンションでいただきました。
 レストランもしているところです。
 私たちは以前一度、お昼を食べようと行ったことがありましたが、その時はお休みでした。
 中に入って見ると、アメリカンカントリー風のインテリアが落ち着いた雰囲気で、ダルマストーブで穏やかな暖かさに保たれていました。
 丸く盛り上がって、卵の黄色とトマトソースの赤、とろけるチーズの取り合わせが珍しいオムライスをいただきましたが、皆さんと一緒に「いただきます」と言って食事が始まったので、写真を撮るのを忘れてしまいました。
Pb170003  食事の後、奥様手作りのチーズケーキを出していただきました。
 そちらは、忘れずにデジカメに収めました。
 甘さもチーズもしつこくなく、美味しいケーキでした。
 夕方は6時過ぎに東京に帰って来ましたが、小雨が降っていました。
 電車で大泉に行くのは、今回初めての経験でした。
 往復の車内では、本を読んだりして過ごしたので、早く着いた感じがしました。
 朝は慌ただしかったので、今朝もサンドイッチにしました。
 サンドイッチの中身は、以前にもご紹介したかもしれませんが、キャベツとエビの白ワイン蒸しカレーソテーとジャガイモ・人参・茹で卵・スモークサーモンの二種類です。

| | コメント (2)

2010年11月16日 (火)

ローゼルジャム

Pb160001   今日はとても寒い日になりました。
 トレンチコートでは、冷たさが身体にしみてくるようでした。
 寒さと共に、東京の町も紅葉が美しくなってきました。
 会議があったので、本部に行きましたが、職員通用口のところに花ミズキの木があります。
 真っ赤に紅葉していました。
 夫の話によると、明治神宮外苑のイチョウ並木も、色づいてきたようです。
 ところで昨日沖縄の宮古島から、ローゼルの花を送っていただきました。
Pb160003  去年沖縄教区の講習会の時、宮古島からローゼルの花束を届けてくださった方からでした。
 お知らせくださったところによると、地球温暖化の影響は宮古島も例外ではなく、ローゼルが台風の影響で枯れてしまったそうです。
 送ってくださったのは、少し植えてあった早生だそうです。
 貴重なローゼルをお花だけ摘んで送ってくださり、ありがたく思いました。
 この花は、ジャムにしたりお茶として飲んだりするそうです。
 去年もジャムを作りましたが、今回もジャムにしました。
 ローゼルは、アントシアニンをはじめ、マグネシウム、カルシウム、ビタミンC、リン、カリウムなど多くの成分があります。
 リンゴとお砂糖を入れて作りましたが、カシスのジャムと似たような味と色になります。
 甘さよりも酸味があるので、夫も好んでいただきます。
 今日は会議でお弁当が出たので、この海苔巻は昨日のお弁当です。

Pb160004

Pb160009

Pb150003

| | コメント (1)

2010年11月14日 (日)

新横浜へ

Pb140008   神奈川教区の講習会で、横浜市の横浜アリーナに行きました。
 横浜アリーナは、新横浜駅のすぐ近くにあります。
 新横浜は、私たちが新婚時代住んでいた菊名の隣の駅です。
 菊名は渋谷と横浜を結ぶ東横線沿いですが、JR横浜線も通っていて、菊名のつぎが新横浜です。
 そのため、新横浜の辺りは懐かしい場所です。
 夫は当時も朝早く起きて、菊名のアパートから新横浜の周辺をジョギングしていました。
Pb140009  まだ若かった私も何度か一緒に途中まで走りましたが、きつくてついていけなく挫折しました。
 そんな思い出もつい最近のことのように思いますが、30年以上も過ぎました。
 今では辺りの景色はすっかり変わって、大きなビルや、サッカースタジアムができました。

 当時は畑が広がりところどころに飲食店などがあるような、のどかな所でした。
 横浜のみなとみらい地区ではAPEC開催中でしたが、新横浜への道路は、特に規制もなくスムーズでした。
 いつものように、昨夜作ったサンドイッチと野菜のポタージュの朝食をいただき、出かけました。
 講習会の控え室には、今日もきれいなお花を飾っていただきました。
 紫やピンク系と黄色系でアレンジされ、素敵でした。
 神奈川教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

Pb140011

| | コメント (2)

2010年11月11日 (木)

紅葉の八ヶ岳

Pb110007   朝6時前に家を出て、八ヶ岳に来ました。
 今回は、キノコ採りではなく、所用で来ました。
 実際山にはもうキノコはありません。
 8時ごろ着いて、清泉寮のレストランで朝食をいただきました。
 駐車している車は、屋根が霜で白くなっていました。
 きりりとした冬の寒さでした。
 けれども、良いお天気だったので日差しは強く、日向はぽかぽかの暖かさでした。
 紅葉は、高い山は終わりかけていましたが、平地ではもみPb110012 じが目の覚めるような鮮やかなオレンジと赤の混じった色に、紅葉していました。
 カラマツも黄金色の葉はだいぶ散っていましたが、少し残った葉が、青空に映えて輝いて見えました。
 秋の山は、どの季節よりも豪華で、華やいでいます。

Pb110013

Pb110021_2

Pb110029 

| | コメント (2)

2010年11月 9日 (火)

初サザンカ

Pb090002  昨日、今日と暖かい日です。

 夜から寒くなるとの予報でしたが、今のところそれほどでもないようです。

 東京は午前中、大風が吹いて、散り始めた葉っぱが、庭中に広がりました。

 午後からは、白鳩会部に用があり、本部に行きました。

Pb090006  旧渋谷図書館の前のイチョウの木はまだ青々としてましたが、バックの青い空と雲が綺麗でした。

 帰りは、東郷神社の方から帰りましたが、一本だけ花をつけているサザンカがありました。

 まだ我が家でも、周辺でも咲いていません。

 一重の花ですから、早く咲く種類かもしれません。

Pb090009  お弁当は、今日は野菜と鮭のちらしずし、カキフライ(昨日作ったもの)、ホウレン草胡麻和えでした。

Pb090003

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

今日の恵み

Pb080001  朝食の温野菜は、かぼちゃのシナモン煮。

 お弁当は、おむすび弁当です。

 ギンダラみそ漬け、高野豆腐と人参、ホウレン草入り卵焼き、かまぼこ、レンコンきんぴら、ホウレン草ゴマ酢和えなどでした。

Pb080003

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

岐阜市に行ってきました

Pb060005   岐阜教区の講習会で、岐阜市に行ってきました。
 土曜、日曜と良いお天気でした。
 岐阜市は名古屋から、特急で20分足らずで着きます。
 前回までは、岐阜の中心地から少し離れた長良川の近くに会場があったので、岐阜城がある金華山の良く見えるホテルでした。
 今回は会場が変わり、岐阜駅近くのホテルでした。
 そのため、昨日は夫と二人で岐阜の町を初めて歩きました。
 ホテルの近辺は大きなビルが多く、土曜日ということもありPb070016 シャッターがおりているところもありました。
 けれども少し歩くと、人通りの多いアーケード街が縦横に広がっていて、人寄せのイベントなどをしていました。
 そんな中で、興味深かったのは、古い日活の青春映画が上映されている映画館があることでした。
 岐阜市がロケ現場になっていると書いてありましたが、注意書きに途中で画面が乱れる事もありますと断ってありました。
 料金は500円でした。
 中は狭いのかもしれませんが、そういう映画館が経営的に成り立つのが、不思議でした。
Pb070017  昨日の夕食はホテルの和食レストランでいただきました。
 私たちはどこのレストランでもマイ箸持参ですが、お箸を持参したということで、小鉢を一つづつサービスしてくれました。
 こんなことは初めてです。環境意識の高いレストランなのか、あるいは岐阜ではお箸を持参することを奨励しているのかわかりませんが、うれしい驚きでした。
 控え室には、今日もきれいなお花を飾っていただきました。
 帰りの新幹線で、お弁当をいただき、今回の講習会も多くの皆さまのご愛念に支えられて開催できたことを、感謝いたしました。
Pb070018  お世話になりました岐阜教区の皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (5)

2010年11月 5日 (金)

クリーム煮

Pb050005   今朝はこの秋一番の寒さになったようです。
 こんな朝は、暖かい食事がいただきたいものです。
 それで、温野菜はクリーム煮にしました。
 昨日の朝は蒸し野菜でしたが、野菜を蒸す時には、ジャガイモやサツマイモ、人参などは、余分に沢山蒸します。
 蒸し野菜があると、サラダにしたり、煮ものに加えても短時間でできます。
 人参のグラッセを作るときにも、沢山作って色々応用して使います。
 今朝のクリーム煮も、ジャガイモとサツマイモは昨日蒸したものを、人参はグラッセにしてあったものを使いました。
 これらを使うと、朝の時間の無い時でも気軽にシチュー風のものが作れます。
 タマネギを菜種油で炒めて、クッキングワインの白、だし汁を入れてジャガイモ、さつまいも、人参、白菜、塩を入れて五分くらい煮ました。
 そのまま、鍋の保温包みに包んで朝のお参りに行きます。(お鍋のおくるみのようなのを作ったものです)
 30分後くらいに帰ってきますが、お鍋はまだ熱いです。
 コショウと生クリームを少し入れて、味を見て最後に青物(オータムポエム)を入れました。
 身体が温まるクリーム煮ができました。
Pb050007  夫と一緒に家を出ましたが、雲一つない青空でした。私道から明治通りに出たところで、本部に行く夫と別れ、私は渋谷に行きました。
 お弁当は、炊き込みご飯(ゴボウ、人参、舞茸、揚げ)、サバのカレームニエル、青菜のソテー、かまぼこ、京芋の白煮、ヨモギ麩田楽、かぼちゃと小豆のいとこ煮、大根・人参・薄焼卵の柚子酢和えなどでした。
 

| | コメント (6)

2010年11月 4日 (木)

午後の散歩

Pb040019   昨日、今日と本部は連休です。文化の日と木曜日なので。
 東京は比較的穏やかな秋の日になりました。
 私は原稿書きで、ほとんど家の中にいましたが、今日の午後は郵便局に行った帰り、運動を兼ねて明治神宮の方から、渋谷に向かう道を歩きました。
 このイチョウ並木は、もう少しすると黄金色に染まります。
 けれども、今の黄緑色も豪華な緑の並木道でした。
 きれいだと感動したのですが、写真はそれほどには写っていませんでした。
 明治神宮の入り口のケヤキらしき木も、一本だけ赤くなってPb040021 いました。
 秋が深まっているのを味わいながら、気持良い散歩ができました。
 このハンバーガーのようなのは、火曜日のお弁当です。
 イワシと豆腐のバーグにホウレン草入りオムレツ、スライスチーズ、レタスを挟み、粒マスタードとケチャップ・マヨネーズのソースをかけました。

Pb020005

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

白鳩会連合会長会議

Pb010001  今日は午後から白鳩会の連合会長会議が、飛田給の本部練成道場でありました。

 今年は役員改選の年で、近く講習会がある教区を除いて、54名の連合会長さんが参加くださいました。

 そのうち新人は18名でした。

 これから三年間、各教区で、白鳩会の連合会長としてご活躍いただきます。

 そのため、今の運動をよく理解していただき、疑問点の無いように、また問題点などは、お互いに情報を共有して、知恵を出し合う、そんなディスカッションの時間もありました。

 今日の会議は、夕方5時45分に終わりました。

 私はそこで失礼しましたが、皆さんは今夜飛田給に泊って、連合会長研修を受けられます。

 私の帰り際に、宗教界のイチローこと、飛田給の佐野一郎総務が、「今日は夕食は遅くなりますか?」と聞かれました。

Pb010005  「道の混み具合にもよりますが、家に着いたらいただきます。作ってきましたので」と答えました。

 「そうですか。今日は雅宣先生が作られるのかと思いました」ニヤリとユーモアたっぷりに言われました。

 家に帰ったのは6時45分くらいでした。

 夫はすでに帰宅していて、家の戸締りをしてくれていました。

 ちなみに夕食は、朝お弁当と並行して作ったおでんでした。

| | コメント (5)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »