« 日常の幸せ | トップページ | エコアパート »

2011年3月31日 (木)

「恵味な日々」を続ける理由

P3310004   この恵味な日々をいつも見てくださっている方から、この時期になぜ食事を出すのか、教えてほしい、どうしてかというような疑問が寄せられました。
 他にも、同じような感想をお持ちの方もおられるのではないかと思い、私の考えを書かせていただきます。
 このたびの大震災が起きて、正直なところ私もいつものような、朝食やお弁当の写真を出すのは止めようかと、考えました。
 けれどもそもそも、このブログは、日々の食事やお弁当を紹介するために始めました。
 その理由は、当たり前に毎日食事がいただけることを、当然と思って特に感謝をすることを忘れてしまいがちな日々を、少し客観的に見ることで、ありがたさを皆で共有できればというのがありました。
 また、多忙な日々の中でも時間をやりくりして、なるべく手作りをし、地産地消を心がけ、ノーミートで食事を作ることも、皆さんと確認することができればと思ったからです。
 ですから、それを止めてしまうとそもそもブログをしている意味がないので、最初の趣旨を通しました。
P3310024  けれども当初は、いつものように献立を書くのは止めました。
 私自身、被災者の方々が、「今日の食事はビスケットだけです」などと聞くと、何とか食事を届けてあげられないものかと、無理を承知でそんなことを思いました。
 私たちは今、身近な人々が、大変困難な状況にあるので、自分のことのように感じ、痛みを共有しています。
 そんな中で、私としてはそれでも当たり前の日常を過ごしていることを、発表することを選択しました。
 そして、被災地から離れているものとして、何ができるかを考えて自分のできることをささやかでもしてきたつもりです。
 また、人が食事が困難だから、食事の写真を出すなと言われたら、そもそも私のブログは、ありえないのです。
 なぜなら、いま世界では何億という人が飢えに苦しみ、まともな食事ができなくて死んでいます。
 それが、私たちの生きている世界の現実です。
 けれども、それは自分の知らない、遠くの人だから、その痛みが同じ国の同朋のようには、感じられません。
P3310012  また、今回のような地震や津波、台風などの風水害で、毎年世界中の特に貧しい国々で何万、何百万という人が亡くなっています。
 それらは、自然災害だけではなくて、温暖化の影響を受けていたり、先進国の人々の肉食が、飢えや災害の死者に繋がっています。
 そのような現実を知り、先進国の人間が欲望を制御するためには、当たり前の日常に感謝し、その大いなる恵みに気付くことが大切だと私は思っています。
 そして大切なことは、今回の大震災から学んで、どのように 生きればいいかを真剣に考え、自分だけではなく人びとにも訴えていかなくてはならないと思っています。
 終戦後、焦土と化した焼け跡から、奇跡の復興を遂げた日本でしたが、それはあまりにも物資的繁栄に偏っていなかったか?
P3310009  また、自然を破壊し、貴重な動植物を絶滅の危機に追いやり、未来の人類に負の遺産を残すことがわかっていながら、原子力発電所を作ってきた私たちだったのです。
 自分の生活の足元から、人から奪わない生活を心がけていかなくてはなりません。
 どういう社会を、日本を作っていくのかを明らかにして、その上で当たり前の日常を感謝して生きることが大切だと、私は思っています。

多磨墓地にお墓参りに行きました。

 枝垂れ桜は満開でした。

|

« 日常の幸せ | トップページ | エコアパート »

コメント

合掌ありがとうございます。

毎日、ブログを楽しみに拝読させていただいております。

私は新聞はとっておりませんが、テレビやラジオは悲しい情報を演出的に流すばかりで、もうあまり見聞きすることを止めて、ただ亡くなられた方のご冥福と被災された地域の復興を静かにお祈りしておりました。

そんな中で総裁先生、そして純子先生のブログを拝読して、前向きな日常がきちんとそこにあることを感じて、明るい心になることができました。

本当に被災地のことを思えばもう悲しみは不要だと思います。悲しみを共有することだけでは日本は立ち上がることはできないと思います。こんなときこそ、毎日の生活に感謝して、明るい心をもっともっと日本中に広げていく必要があると思います。

世界中の人も、日本が悲しみにくれている姿に同情しているのではなく、日本人がひとつひとつ前向きに復興していく姿に応援してくれているのだと思います。

これからも純子先生のブログを拝読して明るい心を忘れず、義援金など私にできることをしていきたいと思います。

感謝合掌

投稿: 松本雅幸 | 2011年4月 1日 (金) 08:54

合掌ありがとうございます

 谷口純子先生こんにちは、
いつもありがとうございます
ブログをどうされるかしらと思っておりました。

 私は以前、世界中の飢餓で苦しんでいる人々のために、節食したことがあり、そのせいでだけではないと思いますが、見事に体調を崩して、摂食障害から脱出できずに苦しんだ時期があります。

 そんな時に、こちらのブログを拝見させて戴いて、「食べてもいいんだ」と思え、だんだんと回復して来れました。

 ところが今は、買い控えみたいにして、自分が恥ずかしくなりました。


 以前から愛用しているパタゴニアのコートもがんばって買いましたよ、
一人だったら、断念していたかもしれませんが、谷口純子先生も賛成しておられるのだから、と値段にクラクラしながらも買えました。

 そうしたら、パタゴニアは、六ヶ所村再処理工場にも反対している所と知りました。HPに詳しく記載されており、こういうところの商品を購入することで、原発が無くなって行ったらいいな、と思います。

 乱にいて治を忘れざる生活を送って下さっている谷口純子先生に感謝致します。

          再拝

投稿: 松尾 | 2011年4月 1日 (金) 11:33

純子先生ご指導ありがとうございます。私も先生の深い心をもっとしっかり学ばなければと思いました。3,4日前の雅宣先生のブログにある方が最近の全国大会は幹部のみとなっていて、少数教育のような感じがすると言うような意見がありました。でも全国大会の講話は機関誌等で惜しみなく発表されていることからみても今の指導を怠るとあらぬ心配も出てきてしまうのだなぁと思いました。5月1日は福岡会場に参加します。両先生のご指導をしっかりと受けたいと楽しみにしています。

投稿: 赤嶺里子 | 2011年4月 1日 (金) 11:56

「短く急いではらない!(友情)長く見てはならない!(恨み)」と言う言葉があります、又
「愚かな人は生涯、賢い人と交わってもその教えを知ることが出来ない、ちょうど匙が味を知らない様に、、」と言う言葉もあります、全ての人に納得、理解して貰えると言う事は本当に至難のわざですね~。

投稿: 尾窪勝磨 | 2011年4月 1日 (金) 12:03

はじめまして。私は最近姑に誘われて生長の家の信仰をし始めた者です。
素朴な疑問なのですが・・・先生って料理家なのでしょうか?

投稿: 近藤睦美 | 2011年4月 1日 (金) 15:16

合掌 ありがとうございます。

昨年の秋に、山口教区の講習会に参加し、総裁先生と、純子先生の席の斜め後ろに座っておりました。

先生方がまず、壇上へ上がられ 日本国旗に合掌礼拝されるお姿を拝見して、涙が出ました。

「仏様」のお姿でした。

国を愛し、人を愛し、自然を愛される先生ご夫妻の姿に感激いたしました。

純子先生の 恵味なお料理から~私は、学ぶことが沢山あります。

毎日、愛を込めて 素材を生かし、素材のいのちに感謝されて お作りになっていらっしゃる メニューの数々に、純子先生の お優しい、繊細なお心を感じ取らせていただいています。

そして、食器のことですが。  総裁先生のブログで知ったのですが、毎日の食器は純子先生が、キャビンアテンダントをされていた時に、コツコツと集めてこられたものを、今も大事に毎日使っていらっしゃるそうですね?

毎日、大事にお目見えする食器にも、純子先生の 愛を感じます。


「あ~ぁ!! 純子先生は、毎日を大事に丁寧に 暮らしていらっしゃるんだなぁ・・・」と。


「森の中へ行く」の本と、総裁先生の発表された、「自然と人間の大調和を観ずる祈り」
のお言葉は、私だけでなく、生長の家信徒の先輩方、伯母(94歳)にも、プリントして喜ばれています。

特に、94歳の伯母の信徒仲間は、「この悲惨な出来事(震災)に、どう信仰していったら良いのか解らなかったのよ!!」
「総裁先生の「祈りの言葉」を読んで、解りました。 ありがとう!!」・・・と、喜ばれています。


生意気なんですが、私は、「この時代に、神が、谷口雅宣先生、谷口純子先生となって、現われたもう。」
と、感謝しています。

最近、夜は、テレビの辛い報道は 見たり、聞いたりせずに、純子先生の 「恵味な日々」を拝見し、温かく明るい気持ちになって、一日を終わります。

これからも、楽しく明るいブログを、ご指導をよろしくお願いいたします。


礼拝         神の子・熊川裕美。

投稿: 熊川裕美 | 2011年4月 1日 (金) 17:10

合掌ありがとうございます。

 純子先生 どうぞそのままのお気持ちできれいな写真やブログをつづけてください。
 楽しみにしております。

          再合掌

投稿: 山本 順子 | 2011年4月 1日 (金) 18:17

合掌、ありがとうございます。
白鳩会総裁・谷口純子先生、「恵みな日々」を通して尊い御指導を戴けますこと日々感謝申し上げております。
 毎日、時間を決めて東日本大震災に遭われた方々のために、そして一日も早く被災地が復興しますように、聖経『甘露の法雨』を読誦しております。
 
 先生が御指導下さっていますように、“私達の生き方が問われている”そのように思います。
大げさな言い方かもしれませんが、この地球上の人間の歴史を振り返りましても、今、まさに“自然と共に伸びる”生き方に転換していかなければならない時期なのだと痛切に感じます。
 先生の御指導にありますように、「当たり前」の日常の中で神様から戴いています「恵み」を、明るく、そして真剣にお伝えしてまいります。
                再拝

 

投稿: 佐藤香奈美 | 2011年4月 1日 (金) 20:47

沢山のコメントをいただき、ありがとうございます。
 皆さんのお励ましと御愛念に心から感謝いたします。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月 1日 (金) 22:22

合掌、ありがとうございます。
「当たり前に毎日食事がいただけることを、当然と思って特に感謝をすることを忘れてしまいがちな日々を、少し客観的に見ることで、ありがたさを皆で共有できればというのがありました。」という純子先生のお言葉を拝見し、「嬉しいありがたいことは到る処に満ちているのに、(中略)」毎日不自由なく当り前に暮らさせていただいている私達は、まるでありがたい中に浸っているのと同じことです。」とといわれる谷口雅春先生(太陽のように明るく)のお言葉を昨日呼んだばかりでしたので、そこに共通性を発見しました。そこにはまさに神の命が流れていると言うことです。再拝

投稿: 永田 良造 | 2011年4月 1日 (金) 22:24

純子先生の「恵味な日々」を拝読して総裁先生御夫妻の日常や心情を教えて頂き、今まで遠い存在であった総裁先生御夫妻が身近に感じられ、私達と同じ目線で生活されているご様子を知る事ができた時は大変親近感が湧き、嬉しく思いました

信仰が理論や観念ではなく生活と共にある事を、手作りのお料理を掲載されながら、純子先生の誠実なお言葉で日々教えて下さる事をいつも楽しみにしています

投稿: コスモス | 2011年4月 1日 (金) 23:39

合掌 いつもご指導ありがとうございます。総裁先生、純子先生のブログについて、いろいろな意見があり、そのコメントを掲載され、それに基づくご指導に感謝いたします。どなたかのコメントにもありましたが、すべての人に100%理解していただくということは至難のワザだと思います。
 私は、大震災発生後、3月13日からしばらくの間、「私の表現」によって傷つく方がおられるのではないかと思い、ブログが書けなくなってしまいました。でも、総裁先生がご発表くださいました「自然と人間の大調和を観ずる祈り」を毎日祈らせていただくことにより、光が見えてきてきました。そして、再び書けるようになりました。
 「乱にいて治を忘れない」生活は批判されることもありますが、本当に重要なことなのだと、これまた、どなたかのコメントと同じように思っております。
 両先生の昨今のブログ(コメントを含めた)によって、信仰を深めさせていただき、感謝にたえません。娘も純子先生のブログの愛読(視)者です。日常の当たり前の有難さを深めていただき、本当にありがとうございます。再合掌

投稿: 石田 盛喜代 | 2011年4月 2日 (土) 06:39

先生のお考えを理解出来るよう、納得出来るよう、お書き下さいまして、ありがとうございました。
昨日地元で行いました感謝奉納祭と輪読会に参加の皆様にお伝えいたしました。
これからも雅宣先生、純子先生の生き方、考え方をいろいろな行事の中でより多くの方に伝えてまいります。

投稿: 橋本久美子 | 2011年4月 2日 (土) 11:51

 谷口純子先生のお言葉を排しまして、
かつて総本山で拝聴致しました、谷口輝子先生のビデオ講話の中に、輝子先生が終戦当時の様子をご紹介されているのを思いました。
 それは、終戦当時食料事情が厳しい時、
誰も、谷口雅春先生に食料を送ってくる人はいなかった。という内容のことでした。

 再拝

投稿: 志村 宗春 | 2011年4月 2日 (土) 12:26

 以前に私が思ったことですが、純子先生のブログはお料理と英会話教室などの内容が多いので、もっと真理に触れたことを書いてほしいな~と、相愛会の方にこぼしました。すいません。sad                   相愛会の方は、「純子先生のブログは、あれでいいんよ。」と言われました。「男は毎日あのようなおいしそうなお弁当を、奥さんに作ってもらったら、みんな一生懸命に仕事に励むよ、うれしいよと。lovely また新しい方が見られた時に、堅苦しくなく、普通の主婦の感じで暖かさあり、ソフトさありで親しみ感じていいよ。」と、なるほどと思い、捉えかたの変換ができたように思いました。 sun   再拝

投稿: miho | 2011年4月 2日 (土) 19:09

合掌ありがとうございます。

私子供と一緒に ブログを見てます。 七歳の娘は
地震が おきてから
眠りにつくまえに 「先生のブログ みたいなぁ」
と 言います ホッとするようで 安心して おやすみします。 当たり前の生活 本当に自分も 神様にいかされて いる今が ありがたいです。

投稿: ひろみ | 2011年4月 2日 (土) 19:36

合掌有り難うございます。
純子先生のブログは、心の支えとして、またホッとできるひとときとして毎回有り難く読ませていただいています。

特に、大震災の直後は、ニュースを見るたび胸がえぐられるような辛さが襲い、信仰する者として、一体、どういう心持ちでいるのが正しいのか判らなくなり、途方にくれておりました。
が、間もなく総裁雅宣先生からあの祈りの言葉をいただくことができ、それからはそれを毎日拝読し、聖経を読ませていただいています。

すると、だんだん気持ちも落ち着いてきまして、聖経の一字一句が身に染み、こういう時だからこそこの“現象なし”“肉体なし”“物質なし”の真理をしっかり心に刻んで、現実生活に向かい合わなくては、と思えるようになりました。ここから本当の明るさ、強さも生まれてくるのだろうと。
まだまだ、神の世界は善一元の世界、ということを、観念的にしか把握できておらず、皆さんが書いておられるような『乱にいて治を忘れず』という心境になかなか到達できそうにない、と挫けそうにもなりますが、“被災された方に、その場にいて真理の言葉をお聞かせするような気持ちで祈らせていただく”この今自分にできる生長の家の信徒として当り前のことを、まずは続けていきたいと思っております。

ブログに書き込まれる心ない、と言いますか、純子先生のお心の深いところまで察することができない人たちの言葉に怯まれることなく、今後ともこの素敵なブログを続けて下さい。これからも楽しみに読ませていただきます。
前川淳子拝

投稿: 前川淳子 | 2011年4月 4日 (月) 02:04

合掌 ありがとうございます。

谷口純子先生こんにちは!初めて書き込みいたします。私も、毎日、純子先生のブログを見て、心が和み、癒され、なんて、素敵な感性を持った方なんだと思っていました。また、先生のブログは日々の食事の有難さや、日々感じた事がらにも、大変な幸せが感じ取られます。
今日、朝から、先生の小さな奇跡という書籍を読みました。賞味期限の話は、目からウロコでした。東日本が、こういう大変な時期だからこそ、人間一人一人が意識を変えなくてはいけません。今日は、朝から、先生の本を読み、ブログを見て、幸せな一日の始まりを過ごしています。
幸せな気分になるブログ、お食事のお写真は辞めないで下さ~い、、、(*^_^*)

藤本美和拝

投稿: 藤本 美和 | 2011年4月 6日 (水) 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日常の幸せ | トップページ | エコアパート »