« 計画停電 | トップページ | 春季慰霊祭 »

2011年3月18日 (金)

あれから一週間

P3180002   震災から一週間が経ちました。
 人々の平安を願い、原発の恐怖に無力感を覚え、懸命に夢中で過ごした一週間だったような気がします。
 

 被災地では、皆さん大変な中で生活しておられるので、普通に食事がいただけること、ゆっくりベットで眠れることが、申し訳ないような気がします。
 

P3180007  それでも、被災地には少しずつではありますが、物資が届き始め、状況は改善されていく兆しは明るいニュースです。
 

 月曜日以来四日ぶりに渋谷に行きました。
 店を閉めているところや、明かりを落としている店が多いですが、渋谷は以前の賑わいが戻ってきたようでした。
 

P3180005  計画停電で不自由な生活が続いていますが、そのような日常にも、少し慣れてきたのかもしれません。

  私の家は、幸い停電の対象地域に入っていません。
 これも申し訳ない気がします。
 それでも昨夜は、大規模停電が懸念されたので、家じゅうのろうそくを取り出してきて、懐中電灯とともに用意し、いつ停電になってもいいように準備しました。
 

 P3180013  ゆうべは殊の外寒かったですから、暖房で電気を使ったのですね。
  

  我が家では、湯たんぽが大活躍です。
 お布団の中に湯たんぽがあると、本当に幸せな気持ちになります。
 朝までしっかり暖かく、私は湯たんぽのお湯で顔を洗います。
 そのままでは熱いので、お水を足して少しぬるくします。
 

P3180016   今日は、昨日に比べたら暖かく、陽だまりはぽかぽかでした。
 庭の沈丁花は、とてもよい香りがして、水仙の花も開きました。
 東北にも、早く春が来てほしいですね。

|

« 計画停電 | トップページ | 春季慰霊祭 »

コメント

ありがとうございます。仙台の姉が被災しました。信仰のお陰で欲するものがでてくるという無限供給の世界を表して毎日感謝の生活をしています。姪が東京に住んでおりしばらくの間預かることになりました。その姪が妊娠しているとことが分かり、結婚も決まりました。たくさんの方が亡くなる中、新しい命を授かり、有り難いことだと感謝しています。これからの力となる命を大切に育みながら、自然との調和を保ち復興を願っています。

投稿: 十菱 秀子 | 2011年3月19日 (土) 14:33

有難うございます。純子先生も湯たんぽを使われていると知ってとっても嬉しくなりました。今年は暖房を使わなくてすみました。いつもなら暖房器具を使いますが、今年は湯たんぽが活躍してくれました。すわっているときは毛布をかけて、動くときは、くまさんみたいに一杯着こみました。動き出すとだんだん脱ぎだします。人間て強いもんだなあ!と感心しました。でも参りました。純子先生はそのお湯を洗面に使われたとは・・・・
そこまでわたしは知恵が回りませんでした。本当に参ったなあ!!!畏れ入りました。早速頂きま~す。ありがとうございます。 

投稿: 有馬真由美 | 2011年3月19日 (土) 20:57

 十菱さん

 新しい命の誕生を、大切にお守りください。
 ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2011年3月19日 (土) 21:46

 有馬さん

 全く暖房なしで、過ごされているのですか?
 脱帽です。
 冷房なしはできますが、暖房なしはちょっと・・・。

投稿: 谷口 純子 | 2011年3月19日 (土) 21:50

合掌 ありがとうございます。

初めまして。 
山口教区の信徒です。

いつも、純子先生の 「恵味」なお料理を楽しみに 拝見させていただいています。

被災地では、(ニュースなどで)少しずつ 復興への明るい兆しが 見えてきている様子で、「これから良くなる!!」と信じています。

私の地域では、計画停電も買占めもなく、いつもどおりでありがたいですが、同時に申し訳ない気持ちが、ずっとあります。

総裁先生が 発表された 「自然と人間の大調和を観ずる祈り」 を聖経読誦とともにさせていただいています。


お庭のお花が素敵ですね!!  水仙の黄色が大好きなんですが、香りまでこちらに届くようなきがしています。

ありがとうございます。
  

投稿: 熊川裕美 | 2011年3月20日 (日) 13:18

合掌ありがとうございます。

 一週間が経ち、被災者の方に少しずつ物資が届いているようです。
 スーパーにお米も出始めました。買いだめをする人も少なくなった感じがします。

  今日は嬉しいニュースがありました。
  おばあちゃんとお孫さんが、9日ぶりに救助されたとの事でした。
  一人でも多くの方が救われますよう祈念しつつ…

  湯たんぽは緩やかな暖かみで長くもち、翌朝は顔を洗うのに使えて無駄がないですね。
  今は使っていませんが、子供のころは使っていました。
  顔も洗っていました。懐かしいです。

  沈丁花や水仙のお花がとても綺麗で心を和ませてくださいます。
  ありがとうございます。m(_ _)m

       安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2011年3月20日 (日) 22:41

熊川さん

 「必ず良くなる、きっと良くなる」
 本来の姿を見つめて「自然と人間の大調和を観ずる祈り」を皆さんと共にしていきましょう。

投稿: 谷口 純子 | 2011年3月20日 (日) 22:53

 安東さん

 東京の町も少し落ち着いてきたようですね。
 おばあちゃんとお孫さんの救出は、奇跡のような出来事で、本当に明るいニュースでした。

投稿: 谷口 純子 | 2011年3月20日 (日) 22:55

静岡は温かい地域ですがそれでも朝晩は寒いです。13日から炬燵を切つて節電してますが寒いです。湯たんぽの使用のアイデア早速実行します。被災地の皆さまのご不自由を思えば今私のできることと、一日も早い復興を祈らせていただきます。

投稿: 飯田圭子 | 2011年3月23日 (水) 09:42

震災以来街の様子が変わり、近くのスーパーの駐車場の車は減り自転車や歩きで買い物に出掛ける人が増えました

私の県は車の所有台数が全国一で、大抵一家で2〜3台の車を所有しています

今までは近くのスーパーに行くにも車を使うのが当たり前でしたが、ガソリンの供給が困難になりそんな贅沢はできなくなりました

思えば随分と車のお世話になっていましたが、震災以来スーパーや郵便局等自転車で行ける所へは自転車で行く様になりました

自転車に乗ると今まで気づかなかった街の様子にはっとさせられ、とても新鮮です

今までたくさんのガソリンを使わせて頂いた事に改めて感謝の思いが湧きました


神様そして化石燃料を与えて使わせて下さった大自然に感謝致します
ありがとうございます

投稿: コスモス | 2011年3月28日 (月) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 計画停電 | トップページ | 春季慰霊祭 »