« 「恵味な日々」を続ける理由 | トップページ | 日本の地震の歴史 »

2011年4月 2日 (土)

エコアパート

P4010002   日曜日の朝のテレビ番組で、野菜通信(多分)というのがあり、菜園付きのアパートを紹介していました。
 それも、東京のことでした。
 珍しいアパートだと思い、興味を持ちました。
 一年か半年くらい前のことです。
 そのアパートについての本があることを、少し前に新聞で知りました。
 一か月くらい前に買いましたが、時間がなくて読んでいませんでした。
 今日は一日家にいて少し時間があったので、その本を読みました。
P3280008  「畑がついているエコアパートをつくろう」(自然食通信社刊)というタイトルの本です。
 このアパートは木造二階建ての、メゾネットタイプで、四軒長屋のような作りになっています。
 各部屋の前には約5坪程の菜園が付いていて、雨水タンクもそれぞれにあります。
 エコアパートですから、住み手がエコライフができるように色々な工夫がなされていますが、その中でも東京・多摩産の木材を使って建てたというのが、特筆すべきことだと思います。
 「森を守るためのメッセージを建物にこめる」それが、地元の木を使って建てる理由だそうです。
 この本には、いろいろ書いてありますが、少し引用します。
P4010003  「木造建築でつかう木材を単に国産にするだけでなく、木を守る人に再植林するお金が流れていくような仕組みを保障できれば、林業は再生することができます。再生された森は二酸化炭素を吸収するだけでなく、水を浄化しながら蓄え、森の栄養を下流に提供することになるでしょう。建物解体時には、再びリサイクルすることで、数十年後のゴミの削減にもなります。」
 この本には、持続可能な社会のための提案が沢山示されていて、読んでいてワクワクしました。

|

« 「恵味な日々」を続ける理由 | トップページ | 日本の地震の歴史 »

コメント

合掌ありがとうございます。

  エコアパートって珍しくて素敵ですね!!
  これから必要とされるものだと思います。
  またメゾットタイプとはおしゃれですね!!
  東京多摩の木(地元の木)を使っているのが素晴らしいな~と思います。

  純子先生のブログで、また新しい事を教えて頂きました。
  ありがとうございます。
  これからも色々な事を載せて頂き、学んで行きたいと思います。
  どうぞ、今後も宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

         安東孝子拝
  

投稿: 安東孝子 | 2011年4月 3日 (日) 22:11

安東さん

 本当に素敵なアパートです。
 足立区にあります。見学したいと思うほどです。
 これからこういうアパートが増えてくるかもしれませんね。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月 3日 (日) 22:33

純子先生
札幌に赴任して、家族と住むための部屋探し中に、札幌のお隣の当別町で、ご紹介されている本に触発されて、本に出てくるアパートとほとんど同じアパートを建てた人に巡り会いました。

実際に見に行ったのですが、とても考えられた建物で、北海道の木を使っていて、暖房は北海道にもかかわらず、ペレットストーブと地中の熱のみだそうです。

太陽光まではコストがかかるのと雪の問題でのせられなかったそうですが、とても魅力的でした。広さと教化部までの距離が条件に合わず、住むのは見合わせましたが。

お茶を頂きながら、生長の家の話もし、帰りに『“森の中"へ行く』をプレゼントしましたら、大変喜ばれました。

この記事を読ませていただいたのはもう5年以上前だったのですね。当時、私も本を買って読みましたので、記憶に残っていましたので、探してコメントを書かせていただきました。

感謝合掌 大平拝

投稿: 大平收一 | 2014年12月17日 (水) 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恵味な日々」を続ける理由 | トップページ | 日本の地震の歴史 »