« 長崎へ | トップページ | 全国幹部研鑽会 »

2011年4月25日 (月)

自然界の変化

P4250001   春たけなわの東京です。
 そんな中、今日のお昼すぎには、空が暗くなり突然雨が落ちてきました。
 冷たい風も吹いてきて、寒くなりました。
 午前中に英語の教室の行き、午後は本部で、色々打ち合わせの予定が入っていました。
 渋谷から原宿まで直行する予定でしたが、寒さに震えたので、自宅によってマフラーを取り、本部に行きました。
 ところが、空はすぐに青空になり冷たい風も止みました。
 春のお天気は変わりやすく、寒暖の差も激しいですから、スP4250005 カーフなどをいつもバッグに入れておくことが賢明だと学びました。
 本部の通用口の横に白いハナミズキの木があります。
 その花が、今両手を合わせて合掌しているような姿です。
 「この木、ハナミズキだと思っていたけど、近種だったのかしら」と一人思いました。
 夜、夫に聞いたら、「ハナミズキの蕾はああいう姿なんだよ。今は外苑もどこも、あの蕾だよ」と教えてくれました。
 色々なところで、ハナミズキの花を見てきているはずですP4250011 が、身近にはなかったせいか、蕾の形に気が付きませんでした。
 帰り道では、東郷神社の脇に、紫モクレンが咲いていました。
 以前は我が家にも紫モクレンがありましたが、もう7~8年くらい前に枯れてしまいました。
 日陰になると、植物は突然枯れることがあるようです。
 そのあとには、日陰に強いビワの木が大きくなっています。
 タケノコが出るころには、山椒も決まって新芽を出していましたが、今年は一向に出ません。
P4250004  寒さで遅いのかと思いましたが、枯れていました。
 松とモミジが大きくなって、すっかり日陰になっているからかもしれません。
 自然界も常に変化しています。

|

« 長崎へ | トップページ | 全国幹部研鑽会 »

コメント

合掌ありがとうございます。

  本当に、お天気変わりやすいですね。
  南風かなと思ったら、急に北風に変わり寒くなったりで戸惑うことが多々あります。
  マフラーひとつでも違いますね。私もなるべく持ち歩くように心掛けています。
  以前は、お天気がこんなに急激に変わっていたかなと思います。

  ハナミズキや紫モクレン、きれいですね!!
  紫モクレンは、あまり見かけません。(白モクレンは、よく見かけますが)

  今、木々の葉も活き活きと輝いていますね。(まるで笑いかけているようです)

  お花などの掲載、本当にありがとうございます。m(_ _)m

  5/1全国幹部研鑽会のご講話も、とても楽しみにしております。(♪♪)

         安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2011年4月27日 (水) 08:15

去る21日のブログでご紹介下さった映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を昨日ユーロスペースで見てきました。
会場はほぼ満員でした。原発反対運動を25年間も続けてきた高齢者の方々のひたむきな姿に感動しました。
スエーデンのトルビヨーンという人が「日本は原発に頼らないでも日本国内にある自然エネルギーの活用で充分賄えるよ」と忠告してくれている言葉に感動しました。確かに原発は危険が多くて廃止すべき存在であると思います。
今回の東日本大震災を機会に流れを変えていくべきであると思いました。おすすめいただきましてありがとうございました。

投稿: 加藤 忠司 | 2011年4月27日 (水) 11:46

安東さん

 紫のモクレン、白に比べたら少ないかもしれません。もう少し前には少し小ぶりのピンクを地方でよく見かけました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月27日 (水) 16:58

 加藤さん

 早速、映画館に足を運んでいただき、ありがとうございます。
 本当に、森林が国土の60パーセント以上もある国は、世界でも珍しいとのことです。
 流れを変えていきたいですね。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月27日 (水) 17:02

合掌ありがとうございます。

お弁当が、彩りもきれいで美味しそうに見えます。
ノーミートのお弁当は、レシピを教えて頂くと、いっそう勉強になりますので
以前の様に食材を付記して頂くと助かります。
        再拝

投稿: marie levy | 2011年4月27日 (水) 18:34

純子先生、有難うございます。「うぐいす餅とバナナ」を読ませて頂いています。改めて、感動させられます。人も自然も豊かに生きる。自然を守り、世界の人々の幸せにつながる道がここに。5月1日に福岡会場で、スクリーンを通してですが、雅宣先生、純子先生の御講話を全身全霊でお聞きさせて頂きます。早い人はバスが4時出発ですが、皆さん、スクリーンとはいえ、楽しみにしています。我が家のさくらんぼうは今年は満開たくさんの実をつけてくれました。鳥も楽しみにしています。再拝

投稿: 有馬真由美 | 2011年4月29日 (金) 18:12

追伸、『うぐいす餅とバナナ」の御本の内容はもちろんですが、その表紙と帯の色が何ともいえない味わいのある色ですね。落ち着いた色の中に何ともいえない深い味わいがうかがえます。また、スタンドとその明りにも思いをはせられますね。。素晴らしい御本を有難うございます。何度も、読み返してたいせつに心に入れて実践して行きたいと思いました。再拝。

投稿: 有馬真由美 | 2011年4月29日 (金) 18:25

marieさん

 今全国幹部研鑽会の準備で、時間がありませんが、この次からは内容を書くようにします。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月29日 (金) 22:10

 有馬さん

 「うぐいす餅とバナナ」早々に読んでいただき、ありがとうございます。
 朝早く、出発される方もおられるのですね。
 感謝いたします。

投稿: 谷口 純子 | 2011年4月29日 (金) 22:12

佐賀でも街路樹のハナミズキが咲いています。よく見ると、丸い形の白い花びらがぞくっと咲いているのを見つけ嬉しくなりました。

投稿: 馬場文代 | 2011年5月 1日 (日) 13:24

合掌 純子先生ありがとうございます。東京も春たけなわですか^^熊本もです!ハナミズキ綺麗ですね。2年前、ハナミズキの樹を娘の誕生の記念樹として植えました。純子先生のハナミズキの花が合掌しているような姿という例えは、本当に生活の中にも信仰があるのだなと、改めて気づきました。素敵な比喩です(*^_^*)娘を園に送り出した後、朝から甘露の法雨を読み、洗濯、掃除とGWも充実しています。これから清超先生の本を読みます。生長の家の本を読むと、心がすがすがしい気分になります。3月下旬より、わたくしもノーミート生活を始めました(*^_^*)

合掌 ありがとうございます。
  藤本 美和 拝

投稿: 藤本 美和 | 2011年5月 2日 (月) 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長崎へ | トップページ | 全国幹部研鑽会 »