« 堀文子さん | トップページ | 森の手入れ »

2011年5月16日 (月)

ゴーヤ

P5150002  白鳩会の中央委員会がありました。
 

 北海道から九州まで13名の方が集まってくださいました。
 

 午前、午後と一時間以上、フリー・ディスカッションの時間があり、様々な話し合いがされました。
 

P5160007  皆さんそれぞれ違った状況で、同じ日本でも土地柄や人々の気質も違うので、このような話し合いはとても有効です。
 

 まだ十分に話し足りなかったこともあったと思います。
 

 時間が限られているので、それでも少しはお互いの参考になったのではないかと思いました。
 

P5170010  夕方4時ごろ家に帰って来て、ゴーヤの苗を植えました。
 

 昨日お墓参りに行った母が、帰りに花屋さんに寄って、買ってきてくれました。
 

 緑のカーテンにして、夏の暑さを和らげてもらおうと思います。
 

 ゴーヤの実も、楽しみです。

|

« 堀文子さん | トップページ | 森の手入れ »

コメント

谷口純子先生   合掌ありがとうございます。出勤前に先生のブログを拝読させていただきました。純子先生もゴーヤで緑のカーテンをされるのですね。私も今度のお休みにゴーヤの苗を植えようと思い苗を準備しています。それから、純子先生にご報告があります!11日の水曜日に5月の誌友会を開催させていただきましたが、うちの近くに、いわき市(福島第一原発から20キロ圏内)から一家で避難して来ている女性(40歳・2児の母)Yさんが参加してくれました。この日は講話のあと絵手紙を講師の指導でさせていただきました。絵手紙なんて生まれて初めて・・・と最初は戸惑っていましたが、やりはじめると楽しいと2枚描かれました。桃色の椿に「勇気」とかいて、講師も感動されて目頭を押さえていました。Yさんは「絵手紙を描くなんて私には無理って思ったけど、やってみるとこれがすごく楽しいの!講師の方のお話も毎回素晴らしくって勉強になるし・・島根に避難してきて誰も友達いないし、いろんな悩みあったけど誌友会でいろんな勉強ができてうれしい」と感想をメールでくれました。Yさんはたくさんの悩み、苦しみを抱えていますが、島根の地で初めて触れたこの御教えに救われ、いま生活の中で御教えを実践する努力をしています。最近インターネットを開設されたので純子先生のブログを教えてあげました!身近なところに救いを求めている人ってたくさんいて、私達は勇気をだして誌友会にお誘いしてこの御教えをお伝えして、まごころいっぱいのお世話活動を継続していかなければ・・と思っております。再拝
            岡田さおり

投稿: 岡田さおり | 2011年5月17日 (火) 09:38

純子先生、いつもありがとうございます。
私も今年はじめて、ゴーヤの緑のカーテンに挑戦しています。植物を育てるのは苦手でして…でも今のところスクスク育ってくれて、すでに小さな実もつけました。娘と楽しく観察しています。毎日知らぬ間に伸びて、ネットにつるがしっかりからまっていきます。つるがネットをつかんだ最初の日は、赤ちゃんが手を伸ばしてきゅっとお母さんの指をつかんだような、そんな感動をもらいました。

投稿: 武内孝子 | 2011年5月19日 (木) 11:26

岡田さん

 いつも素晴らしいご活躍、ありがとうございます。
 絵手紙は、やってみると楽しいですね。
 原発事故で不安もいっぱいと思いますが、お役にたてれば嬉しいですね。

投稿: 谷口 純子 | 2011年5月19日 (木) 23:11

 武内さん

 ゴーヤは育てやすいですから、きっと沢山実がなりますよ。
 つるもしっかりしています。赤ちゃんが手をつかんだというのは、ユニークでとてもいい表現です。

投稿: 谷口 純子 | 2011年5月19日 (木) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堀文子さん | トップページ | 森の手入れ »