« フランクフルトに着きました | トップページ | リハーサル »

2011年7月27日 (水)

フランクフルトの町

P7270001   フランクフルト一日目の朝です。
 いつも通り7時に朝食をいただきました。
 ドイツのホテルの朝食は、とても豊富です。
 パンは15種類か、あるいはもっとあるかもしれません。
 シリアルも10種類くらい、ケースに入れて並んでいます。
 卵料理やソーセージ、ハム以外にも、ニシンの酢漬けや燻製、スモークサーモン、焼きトマト、マッシュルーム、ジャガイモのソテー、沢山の種類のチーズ、生野菜、果物などがあるので、ノーミートの人でも十分です。
 ヨーグルトやジャムの種類も豊富で、豆乳まであります。
P7270002  ゆっくり朝食をいただいて、そのあとは部屋で教修会の準備をしました。
 お昼になって、昨日からほとんど歩かず運動不足なので、町の様子などを見学がてら食事に出かけました。
 曇り空で、怪しいお天気だったので、折りたたみ傘を持って出かけました。
 10分くらい歩いていたら、小雨が降ってきました。
 コートを着て出てきたので、良かったです。
 15分くらいで、フランクフルト中央駅に着きました。
 ヨーロッパの駅に多い、ドーム型の大きな駅でした。
P7270006  駅の前を路面電車・トラムが、ひっきりなしに走っています。
 地下鉄もあります。
 駅の前は横断歩道がなかったので、地下に降りて地下街を通って、反対側に出ました。
 もう雨は止んでいました。
 駅から放射状に出ている通りの一つを歩きました。
 広い歩道があり、大きな木が植えられていて、レストランは歩道にテラス席を設けています。
 車道には車がびっしり並んで駐車しているので、車が通れP7270008 るのは一車線だけです。
 この通りは、少し雑多な騒がしい雰囲気だったので、食事をする気にはなれませんでした。
 通りを抜けると、東京の大手町のようなビルの並ぶ場所に出ました。
 大きな公園があり、歩道に植えられている木がどれも巨木なのには、驚かされます。
 ドイツの街は、ずっと前から電線が地中に埋められているので町がきれいだと、若いころ聞きました。 そのせいでしょうか。木が切られていません。
P7270012_2

 公園の中に町を作った。あるいは、町と緑が一体で不可分の存在のような印象を受けました。
 人がホッと休める場所が、そこここにあるのも印象的です。
 ドイツ銀行の近代的なビルの近くの、embassyという名の町の気軽な定食屋というようなレストランに入りました。

P7270017

 夫はサンドイッチ、私はエンバシーサラダを注文しました。
 サラダは、レタス、ルッコラ、トマト、キュウリ、オリーブ、ピメント、チーズ、ゆで卵、ツナ、魚フライが入っていて、ボリュームたっぷり、夫に手伝ってもらいました。
 時差や疲れもあって、食事はこれで終わりで、夜は部屋にP7270022 いただいた果物だけで済ませました。
 ホテルの前も広い公園になっていて、池にはカルガモの親子がいました。
 

|

« フランクフルトに着きました | トップページ | リハーサル »

コメント

白鳩会総裁
   谷口純子先生

 いよいよ、国際教修会の開催を明日に控え、何かとご多用の中、私達信徒のために、このように、詳しくお知らせ下さいますこと心より感謝申し上げます。
 先生のご文章とお写真から色々と風景を想像しながら、またわくわくしながら拝読させていただいております。
 明日からの国際教修会の大盛会を、心よりお祈り申し上げます。               

投稿: 佐藤香奈美 | 2011年7月29日 (金) 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランクフルトに着きました | トップページ | リハーサル »