« ロンドン到着 | トップページ | ロンドンはもう秋です »

2011年8月 7日 (日)

ロンドン一般講演会

P8070006  ロンドンの一般講演会が、開催されました。

 ケンジントンのコプソーン・タラホテルが会場で、150名くらいの方が、ご参加くださいました。

 ロンドンでは20年前から、小さなグループの誌友会が、ずっと開催されてきました。

 今も毎週土曜日の夕方、ノッティングヒルの教会を借りて、誌友会が開催されています。

 この講演会のために、長い時間をかけて準備をし、英語での講演なので、練習も重ねてきました。

 そして迎えた一般講演会。

 午後3時から5時までの二時間でしたので、あっという間にP8070013 終わってしまいました。

 なんだかあっけないという思いがしないでもありませんでしたが、ロンドンでこのような形での講演会は初めてだったので、今回の行事が、今後の活動に何らかの良い影響が出ればと願っています。

 毎日夜遅くまで、妥協することなく準備を続けてきた夫は、さすがに疲れが出たのでしょう。

P8080026  今夜はもう10時前にベッドに入っています。

 ロンドンではあと二日、時間があるので、少しゆっくり町の散策などしたいとおもいます。

|

« ロンドン到着 | トップページ | ロンドンはもう秋です »

コメント

雅宣先生、純子先生、お疲れ様でした。先生たちの準備の様子が感じられ、その過程がどんなに大切かを思いました。虹が先生たちを祝福しているかのようです。きっとこの虹のように七色の光を放って、この講演会の開催か今後の活動に生かされてくることを感じます。あの虹のように、参加した皆さんの心に輝いて広がっていくことを思います。ロンドンでの休日をお楽しみください。再拝

投稿: 有馬真由美 | 2011年8月 8日 (月) 23:15

有馬さん

 コメントありがとうございます。
 講演会の前日の夜、夕食を終えてホテルに帰るとき、暗くなりかけた夜空に出ていました。
 東京では虹を見ることはほとんどないので、珍しかったです。

投稿: 谷口 純子 | 2011年8月 9日 (火) 01:12

白鳩会総裁・谷口純子先生
この度はドイツでの国際教修会のご準備でご多用の上に、さらにロンドンでのご講演までご準備いただき感謝の言葉もございません。「生長の家英国非法人社団」としてもこれまでにない英語による大きな行事で、ケニア理事長をはじめ現地の幹部は本当に心から両先生からご指導いただいたことに感謝し喜びに溢れております。
この喜びと無限の感謝をエネジーとしてイギリスの国際平和信仰運動は今後ますます発展すると信じます。
先生、有り難うございました。
欧州駐在本部講師
大塚 裕司 拝

投稿: Yuji Otsuka | 2011年8月 9日 (火) 07:52

総裁先生、純子先生、ロンドンでのご指導本当にありがとうございました。会場は歓喜で満ち溢れておりました。幹部・信徒が満面の笑顔で抱き合って、喜びを体全体で表現しておりました。ドイツに引き続き、この歴史的瞬間に立ち会えたことに、心から感謝申しあげます。私は、本日ひと足先に日本へ無事に到着しました。また、成田空港にてお帰りをお待ち申しあげます。長期間に渡り本当にありがとうございました。感謝合掌 Have a safe trip!

投稿: 源明子 | 2011年8月 9日 (火) 16:12

大塚さん

 本当にお疲れ様でした。
 ドイツでの国際教修会、ロンドンの一般講演会と、二つの大きな行事がヨーロッパで見事に行われたということは、約一年前には想像できなかったことではないかと思います。
 それだけ、準備その他大変であったことでしょう。
 日本の国際部の協力を得て、ドイツの方、イギリスの方、その他沢山の方々のご協力を得て、無事終了しましたこと、心から感謝いたします。

投稿: 谷口 純子 | 2011年8月10日 (水) 03:02

 源さん

 私達より一足早く、フランクフルト入りして、準備してくださり、おかげさまですべてスムーズに運びました。
 ロンドンでも、細かい諸準備、大変だったと思います。
 スタッフの皆さんが、よく打合せして、それぞれの行事に臨んでくださったので、本当に何の問題もありませんでした。
 慣れない土地での、大きな行事では、珍しいことと思います。
 本当にありがとうございました。
 旅の疲れが出ませんように、ゆっくりお休みください。

投稿: 谷口 純子 | 2011年8月10日 (水) 03:11

純子先生

ロンドンにお越しいただきありがとうございました。
お写真では近年のご様子をお見かけしていたものの、実際に拝見しお声を聞きとても心に響くものがありました。
35年程前のHKG便ホテルのレストラン弁慶で輝子先生のご本を読んでいらした先輩と交わした短い会話、そしてその先輩の太陽のような笑顔は今も鮮明に私の心の宝物として存在しております。
遠くからではありますが純子先生の益々のご発展をお祈りしております。

投稿: 操 ドラモンド | 2011年8月10日 (水) 07:40

操 ドラモンドさん

 講演会にお越しくださり、ありがとうございました。
 思いがけないことで、うれしく思いました。
 香港でどのようなお話をしたのか、残念ながら覚えておりませんが、記憶に残していただき、ありがとうございます。
 イギリスで、どうぞお元気にご活躍くださいますように。

投稿: 谷口 純子 | 2011年8月10日 (水) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロンドン到着 | トップページ | ロンドンはもう秋です »