« フライブルグの環境対策 | トップページ | ロンドン一般講演会 »

2011年8月 4日 (木)

ロンドン到着

P8050018  昨日の朝早く、フライブルグのホテルをチェックアウトして、バスでスイスのバーゼル空港まで行きました。

 約一時間です。そこが一番近い空港です。

 バーゼル空港から、お昼過ぎにロンドンに向けて飛び立ちました。

 ロンドンとは、一時間の時差があるので、12時25分に離陸し、1時過ぎには着陸しました。

P8040006  実際には、1時間40分くらいかかりました。

 ロンドンは雨が続いていると聞いていましたが、青空の広がる良いお天気で、出迎えてくださったロンドンの生長の家の方々は、私たちが良いお天気を持ってきてくれたと、日時計主義的なコメントをくださいました。

 空港から市内までは約40分ですが、車の中で運転手に、私がビクトリアンスタイルの古い建物は、どれくらい前に建てられたのか聞きました。

 100年から130年前に建てられたとのことでした。

 それで夫が、ロンドンは地震がないのかと聞くと、「ラッキーなことに、ここには地震も津波もなく、夏もそんなに熱くなく、とても暮らしやすいところだ」と日本と比べて、どんなに暮らしやすいかを、強調して、自慢しているように、聞こえました。

P8040007  日本人にとってみれば、色々災害はあっても、いい国だと思いますが、イギリスの人から見れば、日本は大変な国と見えるのかもしれないと、思いました。

 日曜日には、一般講演会があるので気が抜けず、昨日はホテルで過ごし、夕食もホテル内でいただきました。

 今朝も午前中は、集中して準備にいそしみ、1時ころ夫は初めて外に出ました。

P8050001  私は到着後、近所のお店にちょっとした買い物に出かけました。

 ホテルはケンジントンにあります。

 ケンジントンは、ダイアナ妃の住まいだったケンジントンパレスのあるところで、ハイドパークもすぐ近くにあります。

 ホテルから歩いて数分のところに、ハイストリート・ケンジントンの地下鉄の駅があり、その周辺でお昼をいただきました。

P8050004  ロンドンのポストは、日本が真似をしたと聞きましたが、本当に赤いポストが町の各所にありました。

 今までそんなことに気が付きませんでした。

 日本では、赤い丸いポストはほとんど見かけなくなりましたが、古いものを大切にするお国柄が現れているのでしょう。

 本屋さんに行き、夫は本を何冊か買いました。

P8050006  私も、お料理の本を一冊買いました。

 「COOK EAT SMILE」という本で、25ポンド約3200円くらいの高い本でしたが、写真も文章もイラストもよく、季節と暮らしに密着した内容だったので、思い切って買いました。

|

« フライブルグの環境対策 | トップページ | ロンドン一般講演会 »

コメント

谷口 純子先生

ご無事にロンドンにご到着との事、嬉しく拝見しました。
週末の行事のご盛会を、心よりお祈り申しあげます。

国際教修会で、総裁先生と白鳩会総裁先生のご指導に直接ふれる事が出来たアメリカからの参加者の喜びは一入でございました。下記のようなコメントがございました。

”両先生の温かなお人柄に、感動を覚えた”
”参加して良かった!先生方にご指導頂いて、自然と共に伸びる運動の重要性をさらに
明確に理解出来た”
”招聘講師のご講演をお聞きして、生長の家の只今の取り組みに誇りを感じた。更に努力
を重ねたい”等々。

学ばせて頂きました内容を、今後、各教区・直轄地区にて開催されます幹部研修会等で多くの幹部と共有して、今後の布教促進に繋いで参ります。国際教修会後の小旅行を終え、昨日と本日(4日)の2班に分かれて、無事帰国致しました。
7月30日~31日の2日間にわたってのご指導に改めて感謝申し上げます。
有り難うございました。


        勅使川原 淑子 拝


        

投稿: 勅使川原 淑子 | 2011年8月 6日 (土) 05:40

勅使河原さん

 アメリカからご参加くださいました皆様、無事帰国されたとのこと。
 今回の教修会の旅が、皆様にとって実りあるものでありましたら、何よりです。
 旅のお疲れもあると思います。
 お体大切に、ご活躍くださいませ。

投稿: 谷口 純子 | 2011年8月 6日 (土) 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フライブルグの環境対策 | トップページ | ロンドン一般講演会 »