« 日本の夏 | トップページ | ゴーヤ料理 »

2011年8月14日 (日)

ゴーヤ収穫

P8130001  暑い日々ですが、今月は原稿が遅れているので、原稿を書きつつ、花の水やりや野菜の世話をしています。

 ゴーヤを三つ収穫しました。

 二日前のより、小さく見えますが、ざるが大きいので同じくらいの大きさです。

 他にまだ小さいのが二つできています。

 毎日、ゴーヤ料理です。

 今日はパン焼き機で、パンも焼きましたが、気温が高いせP8130006 いか、ふくらみが悪かったです。

 昨日のお弁当は、春巻き、ナスの油焼き・紫蘇味噌サンド、昆布と干しシイタケの煮物、かぼちゃ、ブロッコリー、ちくわ、きゅうりとじゃこのゴマ酢あえ。

 今日のお弁当は、鮭そぼろです。

P8140014 P8140011

|

« 日本の夏 | トップページ | ゴーヤ料理 »

コメント

いつも純子先生のお料理に感嘆のため息をついております。

毎日ゴーヤ料理を作られておられるとのことですが、出来ましたら二、三紹介していただけると嬉しく存じます。

緑のカーテンにゴーヤを育てる人が増えたためか、私の周りのあちらこちらで「実がたくさんなるのは有り難いけど、使い切るのがなかなか難しい」という声をよく耳にします。

チャンプルーは、個人的には少し苦手なもので、あまりせず、佃煮や甘酢漬けにするくらいです。レパートリーがあと三つほど増えると、沢山のゴーヤも無駄にせずに食せるのではないかと思っております。勝手なお願いかもしれませんが、どうぞご検討頂きたくお願い申し上げます。


追伸
いつか、純子先生の、季節感あふれるお料理本が発行されることも夢見ています。

投稿: 前川 淳子 | 2011年8月15日 (月) 01:55

合掌有難うございます。前川さんのコメントと同じに、純子先生はどのように調理されるのでしょうか?と思いました。私は福井から鹿児島に来ました。今まで食べた事の無いにがごりー鹿児島ではーを日常茶飯事に食べていました。はじめ苦くておいしいとも思えませんでしたが、今はこれが夏ばて解消です。この地の人は薄く切って、苦いのが嫌いな人は、しおを振ってしばらく置いてから、湯通ししてあと、削り節をかけて食べます。塩こぶで混ぜたりもします。ゆでてサラダにしたり、サンドして(なかにシーチキンなど)あげて食べます。にがごりをたくさんスライスして古い梅干と甘酢につけて保存食にもしています。また砂糖漬けもなかなかおいしいです。ゴーヤで蒲焼にもします。ゴーヤのチャンプルーはシーチキンやもやしをいれるとおいしいです。などなどです。再拝

投稿: 有馬真由美 | 2011年8月15日 (月) 20:33

お料理本が発行、大賛成です!!good
純子先生のお料理の写真プラス日時計なメッセージでよろしくお願いします。heart04

投稿: 源 明子 | 2011年8月16日 (火) 06:48

合掌 ありがとうございます。
昨日、久し振りに埼玉教区の白鳩さんと和食店で食事をし親交を深めました。
その際料理の中の詰め物に苦いものがあり、一瞬、蕨のにがみをとらず料理をしたのかなと思う私の様子を見て、それがゴーヤだと教えてくれました。この猛暑ではゴーヤのにがさが疲れの回復を早めてくれるのですね。私もゴーヤを植えました。今は旅先ですが、実のなり具合が気になり帰るのが楽しみです。再拝

投稿: nakadera masako | 2011年8月16日 (火) 09:18

ゴーヤー料理楽しく拝見しています。料理は得意ではありませんが、純子先生のブログのおかげで少しづつ食卓が豊かになっています。ゴーヤ料理に卵を入れると苦みとマッチしてさらに美味しくなります。又、少し厚めに切っててんぷらにしても特級な味です。さらには、青い部分をすり下ろして絞りジュースに好みに合わせてサイダー割りしたり、レモン、砂糖、はちみつを入れます。夏野菜としてカレーにも入れて美味しく頂いています。合掌

投稿: 赤嶺里子 | 2011年8月17日 (水) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の夏 | トップページ | ゴーヤ料理 »