« 初一念を生きること | トップページ | 彼岸花満開 »

2011年9月25日 (日)

小樽市に行って来ました

P9250037   小樽教区の講習会で小樽市に行ってきました。
 小樽はだいぶ寒いのではないかと、覚悟して行きましたが、比較的暖かでした。
 秋の素晴らしい天気に恵まれました。
 東日本大震災の後は、観光地小樽も観光客の足はぴったり止まったようでした。
 けれども今では、以前のような活気を取り戻し、多くの観光客の姿を見かけました。
 小樽市は、石造りの倉庫や蔵が多く、それら明治時代の建物が今も多く残っていて、活用されています。
P9240029  そのため、町に落ち着いた懐かしさを感じる雰囲気があり、それがまた観光客には魅力になっているのだと思いました。
 小樽市は、札幌からも近くにぎわっていますが、教区全体としては、毎年1000名くらい人口が減少しているそうです。
 北海道も、札幌への一極集中が際立っています。
 これからの時代、地域分散型の田舎が活性化する有効な方策がとられなくてと、思いました。
 講習会の控室には、シュウメイギクや水引草等の秋の花を飾っていただきました。
 

P9250039_2  また技能や芸術的感覚を生かした誌友会で、ガラス絵をされたそうですが、それらの作品も飾っていただきました。

 初めての作品だそうですが、見事な出来栄えでした。ステンドグラスのように、見えましたが、焼いてないそうです。

 小樽教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

P9250041 P9250043

|

« 初一念を生きること | トップページ | 彼岸花満開 »

コメント

合掌 ありがとうございます。
この度は小樽教区講習会にご指導をいただきましてありがとうございました。先生のご愛念に包まれて、信徒の皆様ともども本当に幸せな一日をいただきました。心より感謝申し上げます。先生からいただいたご指導をまもり、明るく、感動する運動を展開して参ります。誠にありがとうございました。

投稿: 寺田陽一 | 2011年9月25日 (日) 22:49

合掌有り難うございます。晴天に恵まれ沢山の皆様の参加を頂き喜びの講習会でした。両先生
のご指導が受けられ尊い幸せな一日でした。有り難うございました。

投稿: 鈴木和子 | 2011年9月26日 (月) 13:22

合掌有り難うございます。喜び一杯の講習会有り難うございました。「生長の家」世界一バンザ-イ。再合掌

投稿: 長縄恵美子 | 2011年9月26日 (月) 14:19

純子先生のス-ツと雅宣先生のネクタイが、お揃いで、とっても素敵でした。お疲れ様でした。

投稿: 熊澤佳代子 | 2011年9月26日 (月) 14:52

合掌有り難うございます私は、この度体験談発表の任を、させて頂き、緊張で大変でしたが、最も心に残る講習会となりました。この度は小樽まで有り難うございました。再拝

投稿: 秋田佳子 | 2011年9月26日 (月) 15:16

合掌有り難うございました。素晴らしい講習会でした。小樽の運営委員の皆様の心が1つのハ-モニ-となって素晴らしい音をかなでました。有り難うございます。再拝

投稿: 福井彰子 | 2011年9月26日 (月) 15:37

寺田さん

 ご活躍ありがとうございました。
 お世話になりました。
 日々に寒さも増してきますが、お元気でご活躍ください。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:31

 鈴木さん

 講習会のために、皆さんと推進されましたこと、感謝いたします。
 多くの方がご参加くださり、素晴らしい講習会となりました。
 ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:34

熊澤さん
 
 いつもご活躍いただき、ありがとうございます。
 熊澤一家の皆様の御活躍は、大きな力になりました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:37

 秋田さん

 落ち着いて、わかりやすい体験談をしていただきました。
 ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:41

 福井さん

 運営委員の皆様の御活躍で、スムーズに進行したことと思います。
 ご参加いただき、ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:45

長縄さん

 旦那様とお揃いでご活躍くださいました。ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年9月26日 (月) 21:49

合掌ありがとうございます。純子先生、お忙しい中、早速の返信感激いたしました。両先生のご指導で、秋晴れの一日素晴らしい講習会となりました。ありがとうございました。体験談の発表は緊張でドキドキでしたが、なんとか無事に終わり、ほっとしております。ポスト愛行で生長の家を知り、今はとても幸せです。これからは人口減の小樽ですが、一人でも多くの人々にこの素晴らしいみ教えをお伝えしていきたいと思っております。両先生と恵美子先生の御健勝をお祈り致します。

投稿: 秋田佳子 | 2011年9月26日 (月) 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初一念を生きること | トップページ | 彼岸花満開 »