« 吉凶は人によりて、日によらず | トップページ | 夏から冬に »

2011年10月23日 (日)

仙台に行って来ました

Pa220004   宮城教区の講習会で、仙台市に行ってきました。
 仙台には、震災後の今年の4月訪れています。
 あれから半年たっていますが、どれくらい変化しているか予想がつきませんでした。
 

 けれども仙台駅周辺は、見た目には二年前とほとんど変わらないくらいに復興していました。
 人の賑わいも普段通りでした。
 講習会の終了後には、少し時間があったので、海岸の方まPa230016 で連れて行っていただきました。
 途中、波分神社というところによりました。
 ここは、かつての大地震で、ここまで波が来たという記しの神社でした。
 

 海岸までは、津波で崩壊した家々はほとんど片づけられ、コンクリートの土台だけ残っている風景が続いていました。
 

 海辺の海岸に植えられた松がなぎ倒されて、そこから内陸を眺めると、廃墟のような家の土台がずっと続き、その向こうにはビルの立ち並ぶ仙台の街、さらには青葉城のある山並み、夕焼けがほのかに染まった雲の連なる美しい空が見えました。

 この世の無常がまざまざと感じられる光景が目の前にあPa230023 り、それでも空には落日を映した美しい空が広がっていて、様々な思いが心の中に起こりました。

 講習会の控室には、美しいお花と全国から送られた支援物資、お見舞いの品の一部を飾っていただきました。
 宮城教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

Pa230013

Pa230015

|

« 吉凶は人によりて、日によらず | トップページ | 夏から冬に »

コメント

合掌ありがとうございます。
今年の講習会は生長の家総裁谷口雅宣先生、白鳩会総裁谷口純子先生をお迎えすることができ、直接御指導を頂けたことが,
あの惨状を思い起こしますと夢のような一日でした。谷口純子先生の私達への思いやりの暖かいお言葉と御講話にある女性は、これから安心して生活していけます、と喜びの声が届いております。講習会開催が実現したことをあらためてしみじみと想い感無量の私です。
これからも宮城教区の発展のために真心の伝道を続け、これまで応援して下さいました全国の方々へ恩返しをしていきたいと思っております。
ありがとうございました。心より御礼感謝申し上げます。
再拝合掌

宮城教区連合会長 福田みどり

投稿: 福田みどり | 2011年10月25日 (火) 07:59

福田さん

 本当に大変な中、ご活躍いただきありがとうございました。
 復興の道のりはまだ長いかもしれませんが、くれぐれもご自愛くださいますように。

投稿: 谷口 純子 | 2011年10月25日 (火) 21:15

合掌ありがとうございます。
講習会でのご指導、誠にありがとうございました。初めて参加した舅が、先生方のご指導にとても感動して、久しぶりに心にしみる良いお話を聞けて良かった、感動して涙が出てしまった、と話してくれました。この御教えが新興宗教として一括りにされるのはもったいないとも話してくれ、私もとても嬉しく有り難い気持ちになりました。私は運営で参加させて頂き、お見送りの際には握手して頂きとても感激でした!
本当にありがとうございました。 再拝

投稿: 竹内佳子 | 2011年10月25日 (火) 21:43

竹内さん

 ご参加くださいましたお舅様も喜んでくださり、うれしいことです。
 ご活躍いただき、ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年10月26日 (水) 16:49

純子先生
合掌,ありがとうございます。
先日は講習会ですばらしく,また分かりやすいご講話を拝聴し,感謝・感激して帰ってきました。今回の大震災最大の被災地である宮城県で,総裁先生ご夫妻のお話を聞ける幸せをしみじみとかみしめながら,純子先生の涙に感動しながら・・・。
翌日の月曜日からは現実の仕事に追われる日々でしたが,現象的には忙しくてもなぜか力が出て,いつもの何倍もの仕事をしたような気がします。
浪分神社に行かれたとのこと。そこは1142年前の「貞観地震・津波」の時に後生にその記憶残すために建立されたと聞きます。私たちもこの震災の記憶と教訓を末代まで語り伝えて,そこから発せられたメッセージを真摯に受け取らなければいけないと切に思いました。
宮城には,東北には底力(潜在能力)がまだまだあります。必ず日本復興の光の拠点として輝き出すことでしょう。
ありがとうございます。

投稿: 佐々木 | 2011年10月28日 (金) 21:37

佐々木さん

 講習会では、ご活躍いただきありがとうございました。
 私の方こそ、宮城の皆さんから教えていただくことがありました。
 本当に東北には、潜在的に強い力があると私も思います。
 皆様とともに、歩んでいきたいと思います。

投稿: 谷口 純子 | 2011年10月28日 (金) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉凶は人によりて、日によらず | トップページ | 夏から冬に »