« つくば市に行って来ました | トップページ | 気持ちの良い秋の日 »

2011年10月 4日 (火)

金木犀

Pa040007  庭のキンモクセイが満開になりました。

 この木は5年ほど前に、我が家の勝手口に植えました。

 この季節になると、どこからともなくキンモクセイが香ってきましたが、庭にはありませんでした。

 ご近所には、いくつか植えられているようでした。

 子供たちが通っていた小学校の校庭にも、大きなキンモクPa030004 セイの木があり、運動会の頃には毎年その木の下は、オレンジ色に染まっていました。

 この良い香りの木を、身近に欲しいと植えました。

 植えた翌年には少し花を付けましたが、その後二年間はほとんど咲きませんでした。

 原因は植木屋さんでした。

Pa040015  春の剪定の時期にはキンモクセイの木は、枝葉を茂らせて大きくなります。

 それでいつも知らない間に、思い切り切られていました。

 そのことに気が付いて、今年の春は植木屋さんに切らないように言いました。

 キンモクセイの木の剪定は花の後にしなくてはいけないと、園芸の本には書いてありました。

Pa040009  おかげで今年は、植えて初めて沢山の花が付きました。

 家族中でこの良い香りを楽しんでいます。

Pa030005  

|

« つくば市に行って来ました | トップページ | 気持ちの良い秋の日 »

コメント

花の後に剪定するのですか、毎年、春にやっていました(泣)、ご教示有難う御座いました。

投稿: 尾窪勝磨 | 2011年10月 5日 (水) 13:03

合掌ありがとうございます。キンモクセイ綺麗ですね。どんな香りがするのでしょうか。北海道では花の季節ほほとんど終わり、また来春のお楽しみです。今日は比較的暖かでしたが、一昨日は短い時間でしたが霰(あられ)が降り、とても寒かったです。暖房も時々入れています。もうすぐ冬です。雪かきがなければ、雪景色のなかなか良いものです。 我が家も一軒家なので、狭いですが庭に数々の花があります。なかでも一番大きくて綺麗な花を咲かせるのは、6月の西洋シャクナゲです。最初は1メートル位の木で鉢植えでしたが、地植えして28年が経ったいまは2メートル以上に育ち、大きな濃いピンクの花を咲かせます。北海道では雪解けの後、一斉に花が咲きだします。特に5月と6月は花の季節です。キンモクセイから話が発展してしまいました。白鳩会中央部からのメールで、今月宮城県で講習会が行われることを知りました。東日本大震災から復興しつつあるのですね。すごい!と思いました。講習会の大盛会をお祈りいたします。そして震災に遇われた総ての皆さまに、静かで穏やかな日々が訪れますことを願っております。  再拝

投稿: 秋田佳子 | 2011年10月 5日 (水) 22:59

吾が家の金木犀もあっという間に白く小さな蕾をつけ、オレンジ色の花が開いて何とも言えない良い薫りがし始めると、ハッとする程秋の訪れを感じました

盛夏の頃には常緑に繁った葉が太陽に照り付けられ、乾いた葉っぱや根本を見ると水遣りが出来ずに済まない気持ちで傍を通りました

でもしっかりと太陽の恵みを受けて、馥郁たる香りを放つ樹木に「ああ生きているのだなあ〜、ありがとう」とほっとして嬉しく、その逞しさに驚きました

金木犀はじめ庭の木々は、家屋の移転に伴い8年前に移植をした植木が多いので、花の開花や紅葉の様子は子供の成長の様に愛おしく思います

お彼岸も過ぎた後に白檀や伽羅にも優る薫りを放つ金木犀の生命力と魅力に感謝したいと思います
神様、ありがとうございます

投稿: コスモス | 2011年10月 8日 (土) 06:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つくば市に行って来ました | トップページ | 気持ちの良い秋の日 »