« 清超先生三年祭 | トップページ | 近頃都で流行るもの »

2011年10月30日 (日)

鹿児島に行って来ました

Photo   鹿児島教区の講習会で、鹿児島市に行ってきました。
 昨日、今日と鹿児島は雨で、桜島もあまり見えませんでした。
 今年の桜島は、例年にないほど沢山の噴煙を上げ活動が活発になっているそうです。
 ですから、その分降ってくる灰の量も多いのです。
 東日本の地震の影響で、地殻の活動が活発になっていて、影響があるのかもしれないとのことでした。
 雨の日には、雨とともに灰が降って来て、車の上に落ちるとこびりついて、傷になってしまうので、シャワーのように強い水Pa300015 で流さなくてはならず、厄介だそうです。
 それでも、鹿児島の人々は今では、降ってくるのが放射能でなくて、灰で良かったと皆で言っているそうです。
 鹿児島は島津藩の城下町で、重厚な歴史の感じられる建物や、庭園が多く見られます。
 今年の春、3月12日には新幹線も開通し、観光客も増えているようです。
 南国のおおらかさと、落ち着いた歴史あるたたずまいが味わえる良い所であると思いました。
 講習会の控え室や通路などに、山野草やコスモスなどを飾Pa300012 っていただきました。
 鹿児島教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

|

« 清超先生三年祭 | トップページ | 近頃都で流行るもの »

コメント

合掌 ありがとうございます。

  九州は雨と気象情報で知っておりました。 (29日)
  30日の講習会には、「お天気が良くなりますように」と祈っていましたが…
  雨でしたか。
  車に灰が付着すると困ると友達も言っていました。
  灰が沢山舞うので、窓も開けられず、洗濯物も干せず共言っていました。
  そうですね。放射能物質が降るより、灰の方が安全ですよね。

  山野草やコスモス、とてもステキですね。
  鹿児島の方は、よくお墓参りをなさり、綺麗なお花がいつも飾られているそうです。
  私の田舎(大分)は、榊やハイノキが中心です。(ハイノキは地方での呼び名かも?)

  街のたたずまいや控え室のステキなお花の掲載をありがとうございます。

          安東孝子拝


投稿: 安東孝子 | 2011年10月30日 (日) 23:33

安東さん

 鹿児島地方は、今稲刈りの真っ最中で、雨で稲刈りができなくて、ご参加くださった方もおられたと思います。
 晴れもよし、雨もまたよしですね。

投稿: 谷口 純子 | 2011年10月31日 (月) 15:44

合掌有難うございます。今回接待のお仕事で、講習会の会場には入れませんでしたが、聞いてくださった方々が、皆さん声をそろえて、解りやすかった!良い話だった!と感動一杯でした。私の誌友の方も動物園で働かれていて、雨だったら来れるという事でした。晴れもよし、雨もよしですね。神の子大調和の稲田教化部長の宣言の言葉に導かれて、白鳩会、相愛会、青年会、栄える会、講師会、生教会、みんなが心一つになりました。祈りも午前と午後に始められました。この講習会のおかげで、みんなが心一つになれる善きチャンスを与えてくださったのですね。参加される方々だけでなく、講習会はお誘いさせて頂く私達にもたくさんの感動とよろこびを頂きました。本当に有難うございます。


 


投稿: 有馬真由美 | 2011年10月31日 (月) 20:25

合掌、ありがとうございます。鹿児島の講習会のご指導ありがとうございました。参加者のよろこびの声をお伝えします。①始めて誘った方から電話があり「帰ったら会員になります」と言われたそうです(50代女性)②自分を誘った方が、どこか違うと思っていたら「こんなすばらしいお話を聞いていたのね」「また、誘っね」と喜ばれたそうです。(64女性)③いつも午前中で帰られるご夫婦が、ご主人が昼から用事があったけど「雅宣先生のお話を聞きたい」と午後からも残られたそうです。(65男性) という喜びの声がありました!

投稿: 勝目淑子 | 2011年11月 1日 (火) 16:50

有馬さん

 接待係をしてくださったのですね。
 お世話になりました。きれいなお花も各所に飾っていただきました。
 ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年11月 1日 (火) 21:59

 勝目さん

 参加者の方のお声を聞かせてくださり、ありがとうございます。
 連合会長の姿を見て頑張ったと、副会長は言っておられましたね。
 ご活躍、ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2011年11月 1日 (火) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 清超先生三年祭 | トップページ | 近頃都で流行るもの »