« 近頃都で流行るもの | トップページ | 落葉松の紅葉 »

2011年11月 6日 (日)

長崎に行って来ました

Pb050004   長崎南部教区の講習会で、長崎市に行ってきました。
 昨日の長崎市は、小雨が降ったり止んだりのお天気でした。
 滞在したホテルは、長崎駅の近くで、講習会場にもすぐの場所でした。
 ホテルの前の道を路面電車が走っていて、駅がホテルの前だったので、路面電車に乗って三駅離れた浦上駅まで行きました。
 運賃は120円、夕方だったので学校帰りの生徒も多く、混み合っていました。
Pb050007  この電車は、出口が運転席の横にあり、そこで運賃を払って降りるシステムになっています。
 120円、料金箱に入れて降りる時、ほとんどの人が「ありがとうございました」と言って降りていくのには、驚きました。
 制服を着た高校生は、必ず挨拶をしていました。
 礼儀正しさと、人とのつながりが確かに生きている町であると思いました。
 特に当てもなく、浦上駅から山手に向かって歩いていたら、「一本鳥居」という表示を見つけました。
 原爆で一本の柱が無くなった鳥居が保存されているのでした。
 さらにその先の山王神社には、原爆で一部が吹き飛ばされた楠の巨木もありました。 
 木の幹には、原爆で飛んできた石や様々な破片が突き刺さっていて、一時は弱っていたそうですが、懸命な手当の結果、今では青い葉っぱを繁らせていました。
 人間が2~3人でやっと幹を抱えられるくらい太い木でした。
 偉大な生命力です。
Pb050011  外人墓地も近くにあり、訪ねました。
 長崎は坂の町で、急な坂の続くところに家が建っています。
 ですから、上ったり下りたりして少し疲れましたが、長崎の人々の暮らしと歴史に触れる事ができ、目覚めるここちがしました。
 今朝も雨が降っていましたが、講習会終了後は青空が広がり、美しい夕焼けが見えました。

 講習会の控室には、今日もきれいなお花を飾っていただきました。

 長崎南部教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

Pb050012

Pb060020
 
 

|

« 近頃都で流行るもの | トップページ | 落葉松の紅葉 »

コメント

合掌 ありがとうございます。

   10/30は鹿児島教区講習会で、11/6は長崎南部教区講習会と九州の南北ですね。

  「一本鳥居」は、初めて見ました。よく残りましたね。
  山王神社の楠の巨木も、本当に凄い生命力ですね。
  神社のご神木でしょうか?

  路面電車もいいですね。乗りたくなりました。

  控え室のカーネーションのお花も、とても綺麗です。
  いつも素敵な写真掲載をありがとうございます。m(_ _)m

         安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2011年11月 7日 (月) 20:09

安東さん

 一本鳥居もクスノキも、本当によく残ったことと思います。

投稿: 谷口 純子 | 2011年11月 7日 (月) 22:34

11月6日(日)長崎南部教区講習会が激しい雨の中、開催されました。
谷口雅宣先生 純子先生の御講話がとても解りやすくて良かったので生長の家の勉強をさせて頂きたいと、初参加者の方から申し出があり各誌友会にご案内しています。ありがとうございます。
又、激しい雨の中をご参加下さるお年寄りの方、身重の方、不自由な方が入場なさるのに濡れないように聖歌隊の皆様が外に出て傘をさし全身ずぶ濡れになりながら“ありがとうございます”とお迎え下さいました。
その時聖歌隊の皆様は、“この激しい雨の中を参加して下さる方にありがたくてありがたくて涙が出ました。”と言っておられました。
又、お世話させて頂いた方からは、何と素晴らしい事でしょう。とてもありがたいと、とても喜んで下さいました。
この行き届いた愛を出させて頂き、そこに神が生き生命の実相が流露している光景にまだまだ喜びの余韻のただよっている長崎南部教区です。
誠に素晴らしい講習会をありがとうございました。合掌再拝
              山口悠子拝

投稿: 山口悠子 | 2011年11月13日 (日) 18:56

山口さん

 講習会ではご活躍いただき、ありがとうございました。
 教区の皆さまの、行き届いたお世話は、ご参加の皆さまに、大変喜ばれ、感動を与えられたのではないかと思います。
 感謝いたします。

投稿: 谷口 純子 | 2011年11月13日 (日) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近頃都で流行るもの | トップページ | 落葉松の紅葉 »