« 群馬に行って来ました | トップページ | 今日は何の日 »

2011年11月30日 (水)

ローゼルジャム

Pb300016_2  沖縄の宮古島から、今年もローゼルのお花を送っていただきました。

 ローゼルは、アントシアニンが豊富で、お茶にしたりジャムにします。

 花だけ摘んで、送っていただきました。

 計ったら約1キロ200グラムありました。

Pb290009_5  独特の香りと酸っぱ味があるので、いつも作るジャムよりお砂糖の量を多めにしました。

 国産のサトウキビから作った洗双糖を800グラムくらい入れました。

 ペクチンも豊富で、少量の水で少し煮てから、お砂糖を数回 に分けて入れて、他には何も入れなくても、すぐにとろりとなります。

 こんなに沢山の量を一度に作ることはあまりありません。

 予想以上に沢山出来ました。

 買い置きのジャム瓶は四個しかなかったので、空き瓶も集めて、瓶を大なべで15分間、煮沸消毒し、詰めました。

Pb300019_3  ラベルを付けて、並べて、満足しました。

 花を摘んで、送っていただくのは、お手間なことだと思います。

 ありがとうございました。

Pb300013

 

|

« 群馬に行って来ました | トップページ | 今日は何の日 »

コメント

純子先生、ありがとうございます。

思い出せなかったお花の名前これでわかりました。

昨年誌友会で出講した時、見たことの無い花で珍しいと思い、調べて、ローゼルという名前とわかり嬉しく、さらに先生のブログでジャムにもなると知り、驚いてました。
ところが、
今年、先々月練成会の時飾ってあったのを
見ても思い出せずにいたのです。

ありがとうございます。(o^-^o)

投稿: こだま | 2011年12月 2日 (金) 09:45

 ローゼルジャムおいしそうです。
 ジャムなどにするため、お花は栽培されているのでしょうか?煮るとかさが減りますよね。お鍋に山盛りあったのですね。
 スーパーに行ったらジャムのコーナーをよく見てみます。

投稿: 北原かおり | 2011年12月 2日 (金) 19:59

こだまさん

 良かったですね。
 
 実はジャムの部分はガクで、お花は小さなハイビスカスのようです。

投稿: 谷口 純子 | 2011年12月 2日 (金) 22:48

 北原さん

 お鍋にいっぱいありました。
 ローセルは暖かいところでしか育たないので、日本の本土では難しいようです。
 だから、あまり出ていないかもしれません。

投稿: 谷口 純子 | 2011年12月 2日 (金) 22:50

純子先生、有難うございます。沖縄での講習会で教えて下さったこのローゼルは鹿児島では最近よく見かけます。花屋さんでも、また友達の庭にも植えてありました。どうしたの?と聞きましたら、頂き物で、植えている方が増えているそうです。純子先生から教えて頂いたジャムのことをお話したら、収穫が楽しみ、と悦んでくださいました。私も作りましたが、イチゴジャムの代りになりますね。並んでいるビンのなかを覗き見ると、本当に大満足のジャムさんたちが、エッヘン!!と誇らしげに見えます。どこにも無い、世界でたった一つのジャムさんですね。本当に心豊かな世界ですね。私達は、御教えを、純子先生自らが、生活に実践され、私達に伝えてくださる事の有難さ、素晴らしさに心から感動と感謝で一杯です。有難うございます。再拝

投稿: 有馬真由美 | 2011年12月 8日 (木) 13:21

有馬さん

 暖かいから、鹿児島でも栽培できますね。
 ローゼルジャム、リンゴを入れてもいいようです。

投稿: 谷口 純子 | 2011年12月 8日 (木) 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 群馬に行って来ました | トップページ | 今日は何の日 »