« 橿原に行ってきました | トップページ | 年の瀬 »

2011年12月15日 (木)

キャンプのような朝食

Pc120004  月曜日も火曜日も、午前、午後と予定が入っていて、二日間、私の分のお弁当も作りました。

 たまには、作るだけでなく食べてみると、味付けの状態やおかずのバランスがわかり、参考になります。

 昨日からは、大泉に来ています。

 とても良いお天気に恵まれましたが、私は原稿があり、昼も夜も朝も、原稿書きをしました。

Pc130011  原稿を書いているときは、いつも最後までたどり着くことができるかと、心を悩ませながら、取り組みます。

 そして今日のお昼前、ようやく出来上がり、メールで送りました。

 その時の気持ちの、何と晴れ晴れとしたことかと思います。

 ところで、この前も書きましたが、大泉に来るとストーブの熱Pc140031 を有効に使いたいと、工夫をします。

 昨夜の夕食の準備のついでに、野菜を切ってスープとともにストーブの上に置いておきました。

 10分か15分くらいで野菜は煮えたので、ストーブからはずし、今朝朝食の前にまたストーブの上にのせました。

 夫がストーブの上で、目玉焼きもやってみようというので、初Pc150002 めての試みでしたが、フライパンで焼いてみました。

 あっという間に焼けて、やや硬めになりました。

 トーストも焼いて、コーヒーもストーブの上のヤカンから淹れたので、キャンプの食事のような、ワイルドな感じになりました。

 それでも、部屋を暖めるストーブが、こんなに有効利用できPc150005 るというのは、随分得をしたような気持ちになります。

|

« 橿原に行ってきました | トップページ | 年の瀬 »

コメント

 合掌 ありがとうございます。

  キャンプのような朝食、楽しくて美味しそうです!!
  お二人の仲睦しいご様子が、目に浮かんで参ります。
  ちょっと硬い目玉焼きも、又、善しですね。

  薪ストーブ、火力が強く色々使えて便利ですね。
  暖かさは、穏やかで身体に優しいのではと推察いたします。
   (実際には経験した事がありません)

  原稿書き、本当にお気遣いなされる事と思います。
  それ故、出来上がった時の喜びと安堵感は一入だと思います。
  いつも素敵なご文章を拝読させていただきまして、心より感謝申し上げます。m(_ _)m

  年末が近づき、お忙しくなられると思いますが…
  ブログを楽しみにしております。m(_ _)m

        安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2011年12月16日 (金) 10:51

安東さん

 いつも暖かいコメントくださり、ありがとうございます。
 薪ストーブは、つけ初めこそ少し時間がかかりますが、いったん暖まると、その暖かさは他では経験できない、じんわりほんわかという感じで、外は寒いのに、中は東京の家よりよほど暖かです。

投稿: 谷口 純子 | 2011年12月16日 (金) 23:17

純子先生

いつも心温かなブログ嬉しく拝読有りがとうございます。
薪ストーブエコ精紳すばらしいです。ふと幼い頃にオーバーラツプ
目頭をあつくしました。

有難うごだいます。

奈良のtaurusです。

投稿: 東谷良子 | 2011年12月20日 (火) 19:26

東谷さん

 寒い日が続くと、昔の人はこの寒さをどのようにしのいだのかと想像します。
 小さな火も、大切に使ったのでしょうね。

投稿: 谷口 純子 | 2011年12月22日 (木) 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橿原に行ってきました | トップページ | 年の瀬 »