« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 雪景色 »

2012年2月17日 (金)

日本の田舎は宝の山

P2150004  水曜日、青山の国連大学のところにある青山ブックセンターで、「日本の田舎は宝の山」曽根原久司著(日本経済新聞出版社刊)という本が目に留まりました。

 中を開いて見ると著者は山梨県北杜市在住の人でした。

 それも、大泉にある「ひまわり」というス-パーで、著者が活動しているグループの農産物が売られているのを、何度も見たことがありました。

P2170008  俄然興味がわいて早速買い求め、昨日一日で読み終えました。

 この本は、「農村起業のすすめ」とサブタイトルにあり、私たちとは少し違いますが、地方を活性化しようというところでは、共通部分もあり、参考になる話も沢山ありました。

 話は山梨県に限らず、日本の田舎に共通することなので、将来に希望が湧いてくる内容です。

P2170011  著者のリサーチの綿密さと行動力には、目を見張るものがありました。

 田舎と都会を結ぶ活動に興味のある方は、ぜひご一読をお勧めします。

 水曜日のお弁当は、イワシすり身餃子、大根西京味噌煮、青さ入り卵焼き、金時豆甘煮、人参グラッセ、ほうれん草ポン酢あえなどです。

 今日のお弁当は、サバのつけ焼き、ジャガイモと人参・玉ねぎ・白滝の煮物、干しシイタケ・人参・昆布の炒め煮、人参と小松菜のスープ煮、大根・人参・薄焼き卵の酢の物などです。

P2170013_2

|

« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 雪景色 »

コメント

合掌有り難うございます。

今回紹介して下さいました本、とても興味があります。早速買い求めたいと思います。

つい先日、横浜に住む義兄夫婦のところへ遊びに行きましたが、みなとみらいとかでお買い物‥というのはあまり興味がなく、葉山や逗子方面へ電車とバスを乗り継いで行ってきました。

御用邸近くの海岸を散策したり、古民家を改装して営業しているカフェに足を運んだりしてのんびりと過ごしました。

都会には都会の良さがあるとは思いますが、居住するにはやはり自然環境のよい田舎のほうがいいかなと感じます。(全ての人がそんなふうになることは無理があるのかもしれませんが‥)

投稿: 前川 淳子 | 2012年2月18日 (土) 08:21

先生、興味深い情報をありがとうございます!
さっそく読んでみたいと思います!!

投稿: 小林光子 | 2012年2月18日 (土) 11:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チョコレート・ブラウニー | トップページ | 雪景色 »