« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

春一番

P3300024  今年は東京では春一番が吹かなかったとのことでしたが、今朝のラジオでは、今日か明日、強い風が吹いたら、春一番になりますといっていました。

 辞書で引くと、春一番は「立春後に吹く強い風」と書いてありました。

 例年だと二月末か三月初めに吹くのでしょうか。

 ラジオではまた、奈良の吉野の方の話で、吉野の桜も遅く、山桜もまだまだ咲く気配がないと話しておられました。

P3300028  今日の東京は予報通り、強い風が吹きました。

 朝洗濯物を干すとき、飛ばないようにシャツなど洗濯ばさみで厳重に留めておきましたが、取り込みに行ったら、ひっくり返っているのや、物干し台の床に落ちているのがありました。

 でも暖かくなったので、たちすぼスミレが咲きだし、沈丁花も満開になって、良い香りが庭中に広がり、枝も花瓶に挿したので家の中にも香りが満ちています。

 ところで3月24日の日経新聞に、作家の上橋菜穂子さんの記事がありました。

 「物語の力」というテーマで、紹介されていました。私は上橋さんのことは全く知りませんでしたが、現代を代表する物語の紡ぎ手で、海外も含めて多くの児童文学賞を受賞しているそうです。

P3300034  ご本人は子供のために書いているつもりはなく、読者は小学校高学年から80代のお年寄りまで幅広いとのこと。

 物語を書く理由について上橋さんは「何かの役に立つから書くというより、紡ぐ喜びがあるから書き、読む喜びがあるから読むのだと思います」そして、物語を支えるもう一つの大きな要素が「なぜ」と考える心だと言われるそうです。

 「動物は与えられた命をそのままに生きていますが、人間はそれだけでは納得できない。自分はなぜ生まれたのか、人間とは何か、生きるとはどういうことなのか。さまざまな疑問を心に抱えて生きている。そういう衝動を抱えているからこそ、人は物語を生み出すのだと思います」

 こんな風に紹介されていて、興味を持ったので、一冊本を買ってみました。

 書店で問い合わせたら、すぐに場所を教えられ、よく読まれているのだと思いました。

 ファンタジーの部類に入るそうで、守り人シリーズが有名だそうですが「狐笛のかなた」という文庫本を買いました。

 物語の構成が巧みで、昨日一気に読んでしまいました。

 ちょっとした異世界が経験できました。

| | コメント (4)

2012年3月27日 (火)

春めいてきました

P3260002  風は少し冷たかったですが、春の日差しがいっぱいの気持ち良い日になりました。

 原宿の裏通りには、家々の軒が接するほど狭い通りがあります。

 それらの道では、狭いところに色とりどりの花を並べている家が、何軒かあります。

 我が家から郵便局へ行く道もそんなひとつですが、いつも通P3260003 るのが楽しみに思えるほど、花いっぱいです。

 今日の陽気は花が生き生きと見えました。

 私の庭も、黄色のラッパ水仙やヒヤシンスが咲いて、春らしくなってきました。

 桜の開花宣言も各地で聞かれるようになり、ようやく春が近づいてきました。

P3270010 月曜日のお弁当は、おむすび、焼きがんも(豆腐・干しシイタケ・ひじき・ごぼう・ねぎ・桜えび入り)、粕漬け鮭、人参キンピラ、青梗菜お浸し、酢レンコンなどです。

 今日は、野菜のちらしずし、イカ団子とマイタケ、ほうれん草のトマト煮。桜にんじんを散らしました。

P3270011 P3270016

| | コメント (4)

2012年3月25日 (日)

大阪に行ってきました

P3240016  大阪教区の講習会のため、大阪市に行って来ました。

 昨日は雨が降ったりやんだりの肌寒い日でしたが、大阪城公園の梅は、今年はまだきれいだと言われましたので、宿舎に到着後、出かけました。

 小雨の中でも、美しい梅を見ようと見学者は案外いました。

 すでに花が終わっている木もありましたが、満開の梅も沢山ありました。

 木には名前を書いた札が掛けてあり、梅と言っても沢山の種類があることを改めて知りました。

 桜のような華やかさはありませんが、きりりとした品格があると思いました。

P3240006  今日は朝から晴れ渡った良いお天気で、ホテルの部屋からは会場である大阪城ホールに人々がどんどん入っていくのが見えました。

 講習会のリハーサルをしながら、身の引き締まる思いがしました。

 控室には、季節の花を生き生きと飾っていただきました。

 大阪教区の皆さま、大変お世話になりました。

 ありがとうございました。

P3250022 P3250029 P3250031

| | コメント (4)

2012年3月23日 (金)

新刊本

P3240004  このブログで公開してきたお弁当が、本になりました。

 木曜日に入荷したようで、今朝出来立てのホヤホヤを届けていただきました。

 改めてみますと、恥ずかしいような、こんなのでいいのだろうかと、ためらいも感じます。

 けれども一方、、日本教文社、生長の家本部広報出版部の方々のお力添えにより、ささやかなお弁当が立派な本になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

 この本が、多くの皆さまの日常に、小さな幸をもたらすきっかけになればと、改めて思いました。

 今週末の、大阪教区の講習会から、売り場に並ぶとのことです。

P3220005  イチゴを沢山贈っていただいたので、一部をジャムにしました。

 ルビー色のきれいなジャムになりました。

 今日のお弁当は、菜の花とエビのチャーハンです。

P3230010

| | コメント (10)

2012年3月21日 (水)

苗を植えました

P3190003  昨日多磨墓地へお墓参りに行きました。

 帰りに花と野菜の苗を少し買ってきたので、今日の午後それらを植えました。

 風は冷たかったですが日差しが暖かかったので、気持ちよく庭仕事ができました。

 秋に植えたパンジーは寒さでまだ元気がなく、チューリップはようやく10センチくらい葉っぱが出てきています。

P3210013  その間にデモルホセカとノースポールを入れました。

 野菜はキャベツ、ブロッコリー、絹さやえんどう、スナックえんどう、グリーンピースを入れました。

 どれくらいできるかわかりませんが、お試しです。

 庭仕事をしても寒くない季節になって、うれしいです。

P3210016  裏庭では白い花の、クリスマスローズも開きました。

 これから毎日、次々に変化する庭は楽しみです。

| | コメント (2)

2012年3月18日 (日)

甲府市に行って来ました

P3180001  山梨教区の講習会のため、甲府市に行ってきました。

 昨日の甲府は冷たい雨が降り、ずっとホテルで過ごしました。
 おかげでしっかり勉強ができました。(笑)
 

 今日は雨も止み、最高気温は17℃との予報でした。

P3180006  夕方にはまた曇りから雨になり、寒くなりました。

 来年には本部が山梨の北杜市に移転するので、甲府市や北杜市の市長さん、工事関係者の皆さんも講習会にご参加いただいたようでした。
 

 講習会の控室には、今日もきれいなお花を飾っていただきました。
P3180005

 山梨教区の皆さんには、多くの方にお声をかけていただくなど、ご活躍いただきありがとうございました。

 お世話になりました。感謝申し上げます。

| | コメント (4)

2012年3月16日 (金)

旅立ちの日に

P3170022_2  今朝、ラジオから「旅立ちの日に」が流れてきました。

 去年もこの時期、ラジオでこの曲を聞き良い歌だと思いました。

 iPhoneですぐに歌詞を見て、合唱を聞くことができました。

 今は学校の卒業式でこの歌がよく歌われるようです。

 「白い光の中に 山並みは萌えて

P3160018   遥かな空の 果てまでも 君は飛び立つ

 限りなく青い 空に心ふるわせ

 自由をかける鳥よ 振り返ることもせず  

 勇気を翼に込めて 希望の風に乗り

 この広い大空に 夢を託して」

 私の中学校や高校の卒業式では、「蛍の光」や「仰げば尊し」が歌われました。

 中学の卒業式では、小学校からずーと一緒だった同級生が、みんなばらばらになるので、寂しくて泣きました。

 15歳の女の子は、純粋で多分に感傷的ですから、みんなワンワン泣いていました。

 懐かしい思い出です。

P3140002  この歌の歌詞も曲も、現代的でありながら、理想主義で、現実の困難さを振り払って、未来に向かっています。

 私が特に好きなところは、「勇気を翼に込めて 希望の風に乗り」というところです。

 一日この歌を口ずさんでいました。 

 この鳥は、先日山荘の巣箱の上にいた赤ゲラです。

| | コメント (4)

2012年3月13日 (火)

サンルームでお昼

P3130007  今日は気温はそれほど高くなかったようでしたが、春の日差しでした。

 サンルームの戸を開けたら、ぽかぽかでとても暖かいのです。

 冬の間ずーっと使ってなくて、鉢植えの花や蘭を並べていたテーブルの上を片づけて、きれいにしました。

 お昼は夫のお弁当と同じ海苔巻を、お弁当箱に詰めて私のP3120004 昼食も作ってあったので、サンルームでいただきました。

 自然の暖かさって、なんて気持ち良いのかと思いました。

 この冬初めてのサンルームでの食事でした。

 いよいよ春の到来が待ち遠しくなりました。

P3130009

| | コメント (6)

2012年3月11日 (日)

名古屋に行って来ました

P3100003   愛知教区の講習会のため、名古屋市に行ってきました。

  昨日の東京は雪交じりの冷たい雨の日でしたが、名古屋は晴れていました。
 

 宿泊したホテルは、JRと名鉄の金山駅のすぐ隣で、にぎやかな場所です。

P3100002
 

 ホテルの窓から眺めると、近くに神社が見えたので、行ってみました。
 

 楠と銀杏の大きな木がありましたが、神社自体は町の真ん中で住宅やビルに囲まれていて、あまり手入れもされていないようでした。
 

 金山神社と言い、このあたりの地名はこの神社から来たようでした。
 

P3110010  今日も良いお天気に恵まれ、講習会場に向かう車の中から、熱田神宮の紅白の枝垂れ梅が咲いているのが見えました。
 

 春近しの雰囲気が感じられました。
 

 講習会の控室にもさくらの花を飾っていただきました。
 

 私の大好きなデルフィニュームも素敵でした。
 

 絵手紙も展示していただきました。

 愛知教区の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございます。合掌

P3110011 P3110016

| | コメント (8)

2012年3月 9日 (金)

紅梅にメジロ

P3090003  寒さと暖かさの繰り返しの中で、庭の紅梅が満開になりました。

 冷たい雨の一日でしたが、二階の部屋で原稿を書いていたら、梅の木にメジロが二羽飛んできました。

 しきりに花をついばんでいます。花の蜜を吸いに来たのでしょう。

 窓を静かに開けて、カメラを向けましたが、人の気配に驚くP3090013 様子もなく、忙しく枝から枝へ動き回っていました。

 降りしきる雨で、人間の出す音が掻き消されたのかもしれません。

 紅梅とメジロは絵になる取り合わせだと思いました。

 動きが早くて、なかなかピントの合ったいいショットが撮れませんでした。

P3090005  辛うじて二羽が入った一枚です。

 今日のお弁当は、おむすびです。他に、エビ餃子、甘塩サケ、チーズちくわ、サトイモと干しシイタケ・昆布の煮物などです。

| | コメント (4)

2012年3月 8日 (木)

復興応援味噌

P3080019  三寒四温という言葉が浮かんでくる日々ですね。

 明日はまた寒くなり、東京も雨のようです。

 震災から間もなく一年がたちます。

 東京第一教区の青年会のヤングミセスの皆さんは、秋にお味噌を7㎏仕込んだそうですが、それは3月11日に被災地の皆さまに召し上がっていただくためだそうです。

P3060013  そのおすそ分けを、私のところにも贈ってくださいました。

 お心のこもった貴重なお味噌、今日の夕食時にお味噌汁にして、ありがたくいただきました。

 皆様の愛情のいっぱいこもった、優しく上品な味わいでした。

 ありがとうございました。

P3050003  あっという間にもう一年が過ぎたという思いがします。

 被災地の皆さんは、まだまだ大変な日々を過ごしておられることと思います。

 被災地以外では、以前と変わらぬ日常の営みが繰り広げられています。

 一年前の衝撃を忘れずに、自分たちのできることを懸命にしていきたいと思います。

| | コメント (1)

2012年3月 4日 (日)

新潟市に行って来ました

P3030021   新潟北越教区の講習会のため、新潟市に行ってきました。
 冬に新潟に行くの初めてです。
 今年はまた雪が多いと聞いていたので、雪に埋もれた新潟だと思っていました。
 実際、新幹線が県境のトンネルを出たら、急に窓の外は雪景色に変わり、越後湯沢でした。
 長岡も深い雪の中でした。
 けれども新潟市内の幹線道路はほとんど雪がなく、裏道でも道の脇に雪が寄せられている程度でした。
P3030031  同じ新潟でも南部と北部では様子がだいぶ違うことを知りました。
 雪がほとんどないので、ホテルの近くを歩こうと出かけましたが、やはり風は冷たくて、普通のコートでは凍えそうになり、早々に帰ってきました。
 そんな寒い新潟でしたが、街路樹や生垣には赤い椿が咲き、北国の冬に明るさを添えていました。
 講習会の控室には、新潟の県花であるチューリップを飾っていただきました。
P3040035  凍える寒さの中、ご活躍いただいた新潟北越教区の皆さま、ありがとうございました。

P3040038 P3040041

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »