« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

古いファイルから

P6290014  講習会のない週末で、午前中は原稿書きをしましたが、午後は3時間くらいかけて、ファイルを整理しました。

 新聞や雑誌の記事で、共感したり、興味を持ったり、あるいはまた必要な情報などを、項目別にファイルしています。

 それが随分たまって、あふれそうになっていました。

 整理したいと常々思っていましたが、今日は思い切って実行しました。

P6290016  古いものはほとんど捨てましたが、中には内容を思い出して改めて読み直したものもありました。

 その中の一つは、三年前のものですが、今でも十分通用する、大切な情報でした。

 2009年5月30日の朝日新聞のオピニオン欄です。

 「食育」は国や企業に踊らされている―― 「食」は個人や家族の営み。多様さ豊かさ知り、生活者の知恵を磨こう

 こういうタイトルです。赤線が沢山ひいてありました。

 管理栄養士で、農学博士の河合知子さんの意見です。

P6300002  北海道庁に入り農家の生活改良普及員や短大の教員を経て、2009年当時はフリーで農村生活のコンサルティングや文筆活動をしていました。

 河合さんの意見をすべて書くととても長くなるので、ごく一部を紹介します。

 北海道北部の名寄市の公立の短大で教えていた時のことです。

 教員や栄養士の免許が取れるので、学生は郡部から出てきてアルバイトで自活する子が多かったそうです。

 「できれば国産や道産の野菜を買おうね」と話すと、

 「道産のアスパラは200円、外国産は100円。安い方を買うのがなぜいけないの」と学生。

 でもおにぎりは買うものだと思っているし、家でもペットボトルでお茶を飲む。

 急須で入れることがいかに大切か、実習し、計算すればお茶の葉は一回分数円なのに、100円出すのはバカバカしいでしょと。携帯電話を使いすぎていないか、生活全体を見渡して工夫することを教えるそうです。

 また、一週間ペットボトルのお茶を飲まない、自動販売機とコンビニを利用しないという課題を出して、リポートを書かせるというようなことをしたそうです。

 「何となく店に吸い込まれ、無駄にお菓子を買っていたことに気が付いた」

 学生にとっては、自分の生活を見直す機会になったそうです。

 05年に食育基本法が制定されましたが、河合さんは食の安全は国の責任であり、自給率を上げようと言っても、国産のものは高くて、お金のある人しか買えない経済や生産、流通の仕組みこそ変えていかなくてはいけないといいます。

P6300004  このような基本認識があって、そのうえで個人としては、工夫できることはしていくことが大切なのだと思います。

 さて、私の工夫のお弁当は、昨日はちらしずし、人参・ごぼう・干しシイタケの具で、上にエビ、錦糸卵、絹さやをのせました。他に春巻き、大根と揚げの煮物です。

 今日はサンドイッチ。具はタマネギとキャベツソテー入りのタマゴ焼きときゅうり、ジャガイモ・ミニトマト・レタス・紫玉ねぎ・芝エビの二種類です。

| | コメント (7)

2012年6月26日 (火)

フェイジョア

P6250002   昨日、今日と少し寒く、東京は4月の気温と言っていました。
 

 今日はとても爽やかで、気持の良い日でした。
 

 梅雨の中休みと言っても良いくらいで、洗濯物もよく乾きました。
 

 P6250006 いつも通る公園に変わった花がありました。
 

 何の花かと調べたら、フェイジョアでした。
 

 フェイジョアはブラジルに行ったときに、いただいたことがあります。
 

P6250008  甘くて良い香りのするマンゴを小さくしたような、濃い緑か茶色の果物だったように記憶しています。
 

 花が美しいので、日本では観賞用に出回り始めているそうです。
 

 それで思い出しましたが、アマゾンの森に入った時、周りに生えている植物の中に、日本の園芸店で観葉植物として、高P6250003 く売られているのが沢山あり、興味深く見たことでした。
 

 枝分かれして咲く赤い百合も、珍しい種類です。
 

 昨年新たに整備された公園なので、新種の輸入物が沢山植えられているようです。
 

 P6260012 お弁当は、焼きガンモと出雲のアゴの野焼きなどです。
 

 あごはトビウオのことで、野焼きは大きなちくわです。
 出雲地方の名産で空港で買いました。
 

 今日はオムライス。野焼きも入っています。

| | コメント (4)

2012年6月24日 (日)

出雲市に行って来ました

P6230009   島根教区の講習会で、出雲市に行ってきました。
 

 昨日、今日と良い天候に恵まれ、緑が深く爽やかな風の吹く、出雲の町を散策することができました。
 

 今年は古事記が編纂されてからちょうど1300年に当たる年で、7月下旬から約4か月間、「神話博しまね」が開催されます。
P6230003  

 そのためもあるのでしょうか。出雲駅周辺の通りは、二年前より歩道が広くなり、神話にちなんだ彫刻が諸所に置かれていたり、街路樹や花も綺麗に植えられていました。
 

 古い建物は白壁が新しく塗り替えられ、町全体が生まれ変わったように感じました。
 

 P6230006 町を流れる高瀬川は、人が下りられるように階段がもうけられていて、小学校高学年と思しき女の子が三人川に入って遊んでいました。

 私たちがカメラを向けると、撮られるのがいやらしく慌てて川から上がり、離れたところの川に行ってしまいました。
 のどかな風景でした。
 

 P6240014 その近くの良く整備された公園ではお年寄りがのんびりとおしゃべりをしていました。

 出雲は雰囲気の良い町です。

 控え室には、清楚な花と華やかな花を飾っていただきました。

 島根教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

P6240015

| | コメント (24)

2012年6月22日 (金)

雨のち晴れ

P6220001  朝6時頃は大雨で、二階のベランダに水が溜まり、家の中に入ってくるのではないかと思うほどでしたが、7時頃には小降りになり、お昼前後には止みました。

 韓国では日照りが続いていて、水不足で困っているようですが、日本は水浸し。

 お互いに融通できたらいいのにと、夫と話しました。

 曲がったキュウリを収穫しました。

P6220009  今日のお弁当は、おむすび、昆布の佃煮、紫蘇味噌、梅干しを入れました。

 鮭の味噌漬け、エビ餃子、シソ入り卵焼き、ひじき・大豆・人参の煮物、大根と人参の酢の物などです。

P6220003

| | コメント (1)

2012年6月20日 (水)

台風一過の東京の空

P6200005  台風一過の原宿の空です。

 会議があったので、朝、本部に出かけた時のものです。

 雲が多いですが、青空も見えています。

 夕方まで風は強かったです。

 夜は神田神保町の岩波ホールで、「キリマンジャロの雪」というフランス映画を見ました。

 港町マルセイユが舞台の、人々の暮らしの様々な側面が描かれている映画でした。

 労働組合の弱体化、リストラ、グローバリゼーション、格差など、世界共通の問題がある中で、良かれと思ってしたことが、必ずしも良い結果にならない現実の複雑さ、難しさを、誠実にP6200006 生きる労働者の暮らしを通じて、描いていました。

 どのような状況であれ、人に対して善意の手を差し伸べずにはいられない主人公の生き方は、思わず微笑みが浮かんできて、暖かい気持ちになりました。

 良い映画を見たという、満足感を得ました。

P6200010

| | コメント (2)

2012年6月19日 (火)

台風接近

P6190006  ただ今東京は台風が接近中で、風と雨が激しくなってきました。

 きゅうりがまたまた早い成長で、今朝二本目を採りました。

 曲がったのもあります。自分で作ってみて、まっすぐなものばかりでなく、曲がったキュウリもできるのに、お店では全く見かけないのは、どうしたことなのかと、改めて思いました。

 曲がったキュウリは、お漬物などの加工品として使われるのでしょうか。

 以前テレビで、まっすぐに育つように、成長の途中でプラスチックのケースに入れて、栽培しているのを見たことがあります。

 まっすぐでも、曲がっていても味に変わりはなく、変化があっP6180003 て面白いと思うのですが、いかがでしょう。

 色々な形のきゅうりが、スーパーやデパートの食料品売り場に並ぶような、自然な形を好む消費者が増えれば、お店の姿勢も変わってくるのでしょうか。

 曲がったキュウリを見て、そんなことを思いました。

 昨日のお弁当は、イワシのバーグでした。

P6190009  今回は、イワシのすり身に、玉ねぎ・人参・ごぼうのみじん切りを炒めたものと、おから、卵、小麦粉少々をよく混ぜて、塩、こしょうで味付けして焼きました。

 今日はサンドイッチ、玉ねぎ・キャベツをカレーソテーしたものと茹で卵をはさんだのと、きゅうり・トマト・スライスチーズにバジリコを少し入れたものです。

 バジリコの葉を少しはさんだだけで、シンプルな具にも関わらず、複雑な味になりました。

| | コメント (4)

2012年6月17日 (日)

谷口雅春先生27年祭

P6170020   谷口雅春先生の27年祭が、長崎の生長の家総本山、奥津城で執り行われました。
 昨日は激しい雨で、今朝も早朝はどんよりして、いつ降り出すかというような空模様でしたが、次第に明るくなり、さわやかな風の吹く良いお天気になりました。
 団体参拝練成会の参加者はじめ、地元の信徒の皆さん等602名の方がお集まりくださいました。
 谷口雅春先生に限りない感謝と報恩の思いを込めて、聖経「甘露の法雨」を読誦しました。
 御祭り後は総裁の御言葉がありました。
P6170022  総裁のブログに詳しい内容は発表されると思いますが、簡単に私が受け取ったところをお知らせします。
 生長の家は日常の中に、善を見、生活の中で実行する日時計主義の生き方を、昭和5年の立教以来、皆さまにおすすめしています。
 それは、常に物事の暗黒面を見ず、光明面を見るというように表現されることもあります。
 しかし何が暗黒で、何が光明かということは、簡単なようで難しい面があります。
P6170035  例えば、今日のような日に雨が降ったら、それは悪で、晴れたら善かというと、そう簡単には言うことができません。
 善や悪は人により、またその時の状況により違ってきます。
 病気になることも、普通はいけないこと、悪のように思われますが、病気になったおかげで、それまでの生活を顧みて、生活に新しい局面が開けたという体験は多くの人にあります。
 ですから、目の前に現れた現象を、自分の立場で、個人的な判断で善悪を決めるのではなく、全てを善と受け取り、そこP6170025 から学ぶ姿勢があれば、必ず人生はプラスの方向に動くものです。
 それがまた、観世音菩薩の教えでもあるということです。
 ですから、一見悪人と見える人、妨害者と見える人も、私たちを光明の世界に導いてくれるありがたい存在であるのです。
 このような見方ができるためには、個人的な執着を放ち、常に神の御心を問う生長の家の生き方を実践することが大切です。
 ごく簡単に要約しましたが、私はこのように受け取りました。
 大変深い内容で、それらをユーモアも交えてお話しくださり、感銘を受けました。

| | コメント (8)

2012年6月14日 (木)

万葉集の新しさ

P6110002  きゅうりを初めて収穫しました。

 きゅうりを育てるのは初めての経験ですが、短期間にそれも沢山出来るようなので、驚いています。

 苗を二本植えましたが、同じ時期に植えたミニトマトはまだ小さくて青く、ゴーヤも花はまだですが、きゅりは小さい実が5から6個ついていて、成長の速度が早いです。

 きゅうりは葉っぱも大きいので、緑のカーテンの役割も十分P6090001 果たせます。

 今週は原稿の締め切りがあったので、原稿に集中していましたが、それでも火曜日は清川妙先生の万葉集の教室に出かけました。

 「哀しき恋のユーモア」と先生が評論した作者不詳の和歌を学びました。

 とても新しい感覚で、現代的なのに驚きました。

 「このごろのわが恋力(こひじから) 記(しる)し集め 功(くう)に申さば五位の冠(かがふり)」

 このごろ、おれが恋に使いはたしている力のすべてを綿密に記録して、「これだけのことを成しとげました」と、お役所に申し出たら、さしずめ、五位の位をいただいて、五位の冠をかP6120008 ぶるくらいのねうちがあるなあ。

 こんな意味になるようです。

 「恋力」などという言葉が使われていて、現代人が作った和歌と言われても、納得するのではないでしょうか。

 そんなわけで、火曜日のツナそぼろ弁当は、二人分作りました。

| | コメント (6)

2012年6月10日 (日)

長岡市に行って来ました

P6100007  新潟越南教区の講習会のため、長岡市に行って来ました。

 新潟も昨日梅雨入りをしたので、しっとり小雨の降る日となりました。

 もっとも予報に反して、お昼頃から雨が止んで、時に青空も見えました。

 長岡の花火は全国的に有名ですが、講習会の控室には、信徒の写真家の方が撮影されたという、花火の写真を飾っていただきました。

 ブログの画面では、実物の美しさ、豪華さが再現できないのが残念です。

 カラフルで趣向を凝らした花火の数々が写真に収められていましたが、デジカメの画面が光って、撮れたのはパネルにP6100008 張っていただいたものだけでした。

 講習会の後には、長岡城にある郷土史料館に行きました。

 山本五十六や河井継之助などの足跡とともに、雪国の暮らしが紹介されていて、興味深かったです。

 この冬の越南地方は、特に雪が多く、電線の高さまで雪が積もったと聞きました。

 けれども昔はもっと雪が多かったと、どこへ行っても言われます。

 雪国の暮らしや道具を見て、昔の人の苦労が偲ばれました。

P6100014  講習会の控え室には、美しいお花を飾っていただきました。

 新潟越南教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。合掌

P6100015

P6100017

P6100006

| | コメント (6)

2012年6月 8日 (金)

職場内保育所

P6080013   水曜日の会議で、森の中のオフィス内に、乳幼児のための保育施設が設置されることが決まりました。

 企業内保育に関しては、日本では資生堂などが先駆けです。

 資生堂の場合、女性社員が多くいますから、優秀な社員を確保するためには、結婚や出産で貴重な人材が失われることを避けるために、先進的に取り組んだのだと思います。

P6050023  私が航空会社に勤めだしたころは、乗務員は結婚したら退社、または地上職に変わらなくてはなりませんでした。

 そのうち、結婚後も勤務を続けられるように制度が変わり、私の退社後には出産後も乗務を続けられるようになりました。

 10年近く前、元の職場のグループのメンバーが集まったことがありました。

 出席者の中には、後輩でしたが子供が数人いても、まだ国際線の勤務を続けている人がいました。

P6080015  時代は大きく変わったことを実感しました。

 女性で出産後も仕事を続けたい希望を持っていても、保育所の確保が難しく、入所待ちの長い列ができているそうです。

 森の中のオフィス内に託児施設ができることは、女性の能力がさらに発揮され、人材確保の上でも大きな利点になるので、大変すばらしいことと思っています。

 皆様の友人、知人などにもこのことをお知らせいただければと思います。

 

| | コメント (13)

2012年6月 5日 (火)

女性を活用する国、しない国

P6040002  台風の影響で明日の東京は雨のようです。

 アジサイの色が濃くなり、庭のあちこちに白い十字のどくだみの花が咲いています。

 梅雨の季節の象徴です。

 野田内閣が改造されましたが、女性の大臣はただ一人で、近年では珍しいことと思います。

P6050017  私が持っている小冊子に「女性を活用する国、しない国」という、岩波ブックレットがあります。2010年9月の発行です。

 それによると、国連開発計画が毎年発表している女性の活用度指数で「ジェンダー・エンパワーメント指数」というのがあります。

 世界各国の女性の国会議員比率や管理職と専門・技術職比率、男女の所得比率を指数にしたもので、国会議員や管理職の女性比率が高く、所得差が低いほど、指数の順位が上P6050019 がっていく仕組みになっています。

 このランキングで、日本は世界109か国・地域中、何位だと思いますか?

 2009年の指数で57位、真ん中より下です。

 この指数が出たとき、内閣府の男女共同参画会議のメンバーは、「まさか」と驚き「何かの間違いではないか」と思ったそうです。

P6050009  同じく国連の指数で、「人間開発指数」があります。

 これは性別に関係なく、平均寿命や一人当たりの国民所得などを比較したもので、日本は10位です。

 生活水準の高さに比べて、あまりにも低いので、そのような驚きの声になるのだと思います。

 さらに、「世界経済フォーラム」(本部・ジュネーブ)が発表している「世界ジェンダー格差指数」のランキングは、134か国中、日本は101位です。

P6040006  大臣の数とそれほど隔たった指数ではないようです。

 この小冊子は、日本が世界の中で、どのような傾向にあるのかがよくわかる指数をたくさん示しています。

 改めて、また詳しくお知らせしたいと思います。

| | コメント (4)

2012年6月 3日 (日)

盛岡市に行ってきました

P6020012_2   岩手教区の講習会で盛岡市に行ってきました。
 昨日の盛岡は、最高気温27度で初めての夏日になりました。
 

 東京より気温が高かったようですが、私は東京より爽やかで気持ちが良いと感じました。
 

 盛岡ではホテルのすぐ近くで「よ市」という土曜日の夕方のP6020015 市が開かれていました。
 

 この場所は材木町というところにあり、宮沢賢治ゆかりの光原社があり、展示館などがあります。
 

 ホテルのすぐそばなので、毎回訪れますが、よ市は以前よりも人が沢山来ていてにぎわっていました。
P6030021  

 地元の山菜、海産物、野菜や花の苗、果物、お菓子、パン、お惣菜、おでんや田楽、焼きそば、カレー、地ビールなども売っています。
 

 ワラビ汁のお振る舞いもあったようです。
 

 私たちは光原社を見学して、そのあと岩手産の木材で作っている家具屋さんを見学して帰ってきました。
 

 市に来ている人達は、お祭りのように道端でいろんなものを食べて、楽しそうでした。

 教区の方のお話では、震災後人の集まりが多くなったとのことでした。
 

P6030022  講習会の控室には、都忘れや紫蘭などのお花と啄木の歌を書いた小さな屏風を飾っていただきました。
 

 岩手教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。合掌
 

| | コメント (4)

2012年6月 1日 (金)

衣替え

P6010002  つい先日、今年の抱負など考えたばかりなのにもう六月,

早いですね。

 今日の東京は蒸し暑くて曇りがちで、夕方にはゴロゴロと雷も鳴って、いよいよ梅雨近しを思わせました。

 庭のアジサイも少し色付いてきて、イチゴも毎日1・2個収穫できます。

P6020012  ほんの少しあるだけなので、すぐに終わりますが。

 きゅりは小さい実をつけて、デイルのレースのような薄い黄緑色の可憐な花が咲きました。

 デイルは三月ごろ植木鉢に植えました。

 きゅりのピクルスや、魚料理に合います。

P6020007  クッションカバーを白のレースなどの夏物に変えました。

 玄関マットも籐です。

 これらを変えただけで、もうすっかり夏の装いになりました。

 お弁当は、おむすび、塩鮭、根菜煮(レンコン、ゴボウ、ニンジン、干しシイタケ、昆布)、イカ団子の甘酢炒め(タマネギ、ニンジン、チンゲン菜)、卵焼きです。

P6020008

P6020013

P6010004

| | コメント (6)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »