« 万葉集の新しさ | トップページ | 台風接近 »

2012年6月17日 (日)

谷口雅春先生27年祭

P6170020   谷口雅春先生の27年祭が、長崎の生長の家総本山、奥津城で執り行われました。
 昨日は激しい雨で、今朝も早朝はどんよりして、いつ降り出すかというような空模様でしたが、次第に明るくなり、さわやかな風の吹く良いお天気になりました。
 団体参拝練成会の参加者はじめ、地元の信徒の皆さん等602名の方がお集まりくださいました。
 谷口雅春先生に限りない感謝と報恩の思いを込めて、聖経「甘露の法雨」を読誦しました。
 御祭り後は総裁の御言葉がありました。
P6170022  総裁のブログに詳しい内容は発表されると思いますが、簡単に私が受け取ったところをお知らせします。
 生長の家は日常の中に、善を見、生活の中で実行する日時計主義の生き方を、昭和5年の立教以来、皆さまにおすすめしています。
 それは、常に物事の暗黒面を見ず、光明面を見るというように表現されることもあります。
 しかし何が暗黒で、何が光明かということは、簡単なようで難しい面があります。
P6170035  例えば、今日のような日に雨が降ったら、それは悪で、晴れたら善かというと、そう簡単には言うことができません。
 善や悪は人により、またその時の状況により違ってきます。
 病気になることも、普通はいけないこと、悪のように思われますが、病気になったおかげで、それまでの生活を顧みて、生活に新しい局面が開けたという体験は多くの人にあります。
 ですから、目の前に現れた現象を、自分の立場で、個人的な判断で善悪を決めるのではなく、全てを善と受け取り、そこP6170025 から学ぶ姿勢があれば、必ず人生はプラスの方向に動くものです。
 それがまた、観世音菩薩の教えでもあるということです。
 ですから、一見悪人と見える人、妨害者と見える人も、私たちを光明の世界に導いてくれるありがたい存在であるのです。
 このような見方ができるためには、個人的な執着を放ち、常に神の御心を問う生長の家の生き方を実践することが大切です。
 ごく簡単に要約しましたが、私はこのように受け取りました。
 大変深い内容で、それらをユーモアも交えてお話しくださり、感銘を受けました。

|

« 万葉集の新しさ | トップページ | 台風接近 »

コメント

合掌ありがとうございます。私は地元の教化部で行われた27年祭に参加しました。奇しくも27年前、私は初めて生長の家のみ教えに触れました。雅春先生が亡くなられる3ヶ月前でした。知人から名古屋でいいお話しが聞けるからと誘っていただきましたが行かなかったのです。でもその時から縁があったのでしょうね。15年ぐらい経ってから再び生長の家と巡りあって今日に至っています。ずっと続けて行きたいと思います。再拝

投稿: 横山啓子 | 2012年6月17日 (日) 22:38

ありがとうございます。
み祭りに参列させていただきました。奥津城は山の上にあるので瞑目合掌すると空の上に浮かんでいるような気になるのですが、鶯が鳴きわたり天と地と自然とが私の中でひとつになったような気持でした。私どもは雨のために用意されたテントのなかでまぶしくもありませんでしたが、両先生は日よけもなかったので申し訳ないような気持でした。ご入場とご退場の際には信徒の方を見ながら合掌されてお通りになられたのでお顔もまじかで拝見できましてうれしゅうございました。どんな状況の中にも光の兆しを見出して善を展開していく日時計主義をしっかりと身につけさせていただきます。合掌

投稿: 長谷川千鶴子 | 2012年6月18日 (月) 07:13

純子先生                      沖縄県でも総本山の27年祭にあわせてとの黒岩強化部長のお言葉とともに会場一杯の信徒の中行われました。総裁先生のお言葉をお知らせくださる先生のお心が「師と仰ぎ、夫と仰ぎて」との輝子先生のお心と重なって思われました。生長の家はますます発展していくという感動を得たことでした。ありがとうございます。 

投稿: 赤嶺里子 | 2012年6月18日 (月) 07:50

ありがとうございます。

福井県教化部でも 昨日(練成会最終日)に沢山の信徒の皆様と共に 27年祭を報恩感謝の真心で 執り行わさせていただきました。

私は 何度か講習会で 雅春先生のお顔を拝見させて頂いたことがあります。

先生の小柄な体の どこにあのような パワ-と迫力があるのか 不思議な気持ちで拝見したことを 思い出します。

「イユ~」気合は 腰が抜けそうな迫力でした。

総裁先生 純子先生の ブログ 大変楽しみにしています。

私も 日々 日時計主義の生活を 感謝と喜び一杯で 生きさせていただいています。

なんだか 毎日 ワクワクです。
ありがとうございます。


投稿: 関本恵子 | 2012年6月18日 (月) 10:52

横山さん

 そうでしたか。
 続けられますように!

投稿: 谷口 純子 | 2012年6月19日 (火) 22:23

 長谷川さん

 ご参列いただきありがとうございました。
 私たちのところも、まぶしくなく、清々しい気持ちで、御祭りさせていただきました。

投稿: 谷口 純子 | 2012年6月19日 (火) 22:26

 赤嶺さん

 沖縄でも皆さん多くお集まりくださったのですね。
 ありがとうございました。

投稿: 谷口 純子 | 2012年6月19日 (火) 22:27

 関本さん 
 
 御祭りにご参加くださり、ありがとうございました。
 日々ワクワクの生活、とても楽しそうです。

投稿: 谷口 純子 | 2012年6月19日 (火) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万葉集の新しさ | トップページ | 台風接近 »