« 横浜市に行ってきました。 | トップページ | ようやく秋 »

2012年9月19日 (水)

ハイビスカスの花

P9160001  冬の間家に入れていたハイビスカス。

 家の中でも寒さが厳しかったせいか、葉が全部落ちて枯れたようになっていました。

 それでも6月ごろまでそのままにしておいたら、緑の小さな葉っぱが出てきました。

「生きていたんだ」とうれしく思い、玄関の日当たりのよいところに置いておきました。

 今年は花は無理かもしれないと思っていましたが、蕾がいくつかつき、ようやく今頃になって最初の花が咲きました。

 植物の生命力に感激です。

 優しい色のハイビスカスです。

P9180008  あと二つか三つ、蕾がついています。

|

« 横浜市に行ってきました。 | トップページ | ようやく秋 »

コメント

純子先生tulip
こんばんはhappy01

なんて愛らしく可愛いハイビスカスでしょうか…shockshine
ハイビスカスといえば、赤や黄色はよくみかけますが、淡いピンクは、めずらしいですね。happy01

花言葉を調べましたら…、
「しとやかな美人」heart01

美味しそうな太巻きのご紹介ありがとうございます。happy01

太巻きといいますと、秋の運動会のときに、母が作ってくれたお弁当を思い出します。

まだ少し、残暑厳しいですので、おからだ、大切になさいますようお祈り申し上げます。m(__)m

投稿: 恵美子 原 | 2012年9月20日 (木) 21:44

純子先生

有難うございます
冬の寒さを乗り越えて開いたハイビスカスの花、優しいピンク色で美しいですね~!
緑の葉も生き生きと艶やかですし☆
植物の素晴らしい生命力に拍手♪♪
それに、純子先生の愛情も一杯うけて花開いたのですね!
とても幸せな気持ちにならせて頂きました♡
有難うございます

投稿: 原田冨湖 | 2012年9月21日 (金) 21:36

  合掌 ありがとうございます。

    本当に優しい色のハイビスカスのお花ですね!!
    お花が好きな割には、育て方が上手でない私ですが、
    花屋さんから、小さなシクラメンをいただき、翌年お花が咲いた喜びは、今でも忘れません。
    それこそ枯れたようになったものから咲いたのです。
    本当に感動でした。

    生命力の素晴らしさを感じたものでした。
    純子先生のブログを拝見致しまして、この感動を思い出しました。
    ありがとうございます。m(_ _)m

    (余談になりますが、19日は実家の父の祥月命日です。
    とても優しい父でした。)
    
    あとの蕾が開くのも、お楽しみですね。
    また拝見できれば幸いです。
    ありがとうございました。m(_ _)m

            安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2012年9月21日 (金) 22:23

 原さん

 太巻きは、運動会や遠足の記憶に結びつきますね。

投稿: 谷口 純子 | 2012年9月23日 (日) 12:09

 原田さん

 花は人を幸せにしてくれますね。
 力も与えてくれます。

投稿: 谷口 純子 | 2012年9月23日 (日) 12:12

 安東さん

 お優しかったお父様の思い出が、ハイビスカスの花と重なって、ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2012年9月23日 (日) 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜市に行ってきました。 | トップページ | ようやく秋 »