« ようやく秋 | トップページ | しみじみ秋です »

2012年9月22日 (土)

秋季慰霊祭

P9220012  秋季慰霊祭が、生長の家本部会館で執り行われました。

 春季慰霊祭から半年間の間に亡くなられた186柱の御霊様をお祭りしました。

 生前生長の家の活動に、献身的にご活躍くださいました方々です。

 彼岸の中日にふさわしい秋らしい日になりました。

P9220009  我が家の庭では、秋海棠の花が咲いています。

 秋らしい可憐な花です。

 いつもの年ですと彼岸花も咲くのですが、今年はやっと蕾が出てきたところです。

 彼岸花は、地面から直接蕾の付いた茎が出てきます。

 蕾が開いて花が咲き、花が終わるとまた地面から葉っぱが出てくる、珍しい植物です。

 蕾の付いた茎が出るには、9月の東京は暑すぎたのでしょう。

 二年前に頂いた菊芋は2メートル以上も伸びて、高いところで花を咲かせています。

P9220015  朝涼しかったので、久しぶりにワッフルの朝食にしました。

 午後からは、多磨墓地にお墓参りに行きました。

 彼岸の中日なので、沢山の人が来ていましたが、私たちが墓地に着いたのは2時過ぎていたので、帰る人の方が多かったです。

 旅立たれた方々に思いを馳せて、遥かに深く、豊かな心持の一日を過ごしました。

|

« ようやく秋 | トップページ | しみじみ秋です »

コメント

純子先生

ありがとうございます。
初めて、コメントさせていただきます。

小さなお花って可愛いいですね。
大輪のお花も見事ですが、小さなお花って心惹かれるものがあります。

でも、そのあとのワッフルにはもっと惹かれます(笑)
ワッフルは先生のお手製でしょか。私は関西の出身なので、たこ焼き焼き器にはなじみがあるのですが、ワッフル焼き器にはあまりお目にかかったことがありません。
やはり、ワッフル焼き器の方がおしゃれな感じがしますね。

これからも、いろいろとご紹介くださいませ。

投稿: 大塚めぐみ | 2012年9月24日 (月) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようやく秋 | トップページ | しみじみ秋です »