« 和歌山市に行ってきました | トップページ | 白鳩会中央委員会 »

2012年10月 8日 (月)

誕生会

Pa080004  恵美子先生のお誕生日は10日ですが、祭日の今日の方が子供が集まれるので、誕生祝いの夕食をしました。

 夫が恒例の握りずしを作りました。

 写真を撮るのを忘れていたので、少しくずれたものになりました。

 89歳になられます。お寿司も沢山召し上がられ、お元気です。

Pa080007  私たちからは、チューリップの球根をプレゼントしました。

|

« 和歌山市に行ってきました | トップページ | 白鳩会中央委員会 »

コメント

谷口恵美子先生、お誕生日おめでとうございます。いつまでもお元気でいてくださいますよう、お祈り申し上げます。

投稿: 小林光子 | 2012年10月10日 (水) 09:46

合掌 恵美子先生、89歳のお誕生日 おめでとうございます。また、総裁先生の握られたお寿司を拝見させて頂きました。なんだか。。。このお寿司を見ると、じーんと胸が熱くなるんです。

投稿: keiko | 2012年10月10日 (水) 19:36

合掌 ありがとうございます。

   恵美子先生、89歳のお誕生日おめでとうございます。
   ご様子を、お知らせくださりありがとうございます。
   恵美子先生作詞の聖歌「地球の人よ」を、よく歌わせていただいております。

   雅宣先生の手作りお寿司、いつも美味しそうです!!
   ご家族様の温かいご様子が、伺われるようです。
  

   優しい色のハイビスカスのお花、また咲いたのでしょうか。
   とても綺麗で可愛いですね!!
   ご掲載くださり、本当にありがとうございます。m(_ _)m

           安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2012年10月10日 (水) 21:21

合掌 ありがとうございます
  恵美子先生のお誕生日おめでとうございます

ご家族揃ってのお祝い何よりですね
総裁先生の握られたお寿司を囲んでのひととき
とてもステキに思えます
幸せな楽しい雰囲気が伝わって来るようです

恵美子先生にはこれからもお元気でお過ごしいただきますようお祈りいたします

投稿: 金谷洋子 | 2012年10月10日 (水) 21:59

合掌、ありがとうございます。
恵美子先生のお誕生日おめでとうございます。ホントにご家族揃ってのお祝い何よりですね。雅宣先生は、絵もホントに上手に描かれますので、その手先はかなり器用ではと・・。それゆえ鮨を握る時の姿を想像して見ますと、その仕草は板に着いてて、かなり素敵な感じで手際よく、美味しく出来あがってくるのではと想像してしまいます・・。ホントに心よりお祝い申し上げます。 冨田 進拝

投稿: 冨田 | 2012年10月11日 (木) 02:51

恵美子先生のお誕生日おめでとうございます。サービスセンターの早朝行事の時みんなで喜びあいました。
いくつになられたのだったでしょうか?
皆で清超先生がお亡くなりになって4ねんになるから、、、、、云々、、、、、
福岡の「大光明」新聞を見て89歳だったとわかりました。
10時からは総連で地区連会長会議をしましたので皆で{happy birthday 恵美子
先生~}、ハッピーバースデイ恵美子先生~と 歌いました。
きっと秋風に乗って東京まで流れていったと思います。
いつまでもお健やかにと祈らずにはおられません。
美味しそうなにぎり!お幸せな時間をお過ごしになられ私達も嬉しくなりました。
有難いばかりです。桝谷拝

投稿: 桝谷栄子 | 2012年10月11日 (木) 08:25

今年の夏、偶然地下鉄の表参道で恵美子先生にお会いしました。明治神宮前までの1駅でしたが、空いているのにも関わらず、お立ちになっておられました。年齢を感じさせない若々しさとお元気さでした。

投稿: 久保田裕己 | 2012年10月11日 (木) 17:44

謹啓

谷口恵美子先生

お誕生日おめでとうございます。m(__)m

ご家族お揃いで、お誕生日会、素敵な1日でいらしたことと存じます。

また、雅宣先生、お手作りのお寿司なんて、素晴らしいですね〜upshineshine

感動してしまいました。heart01
ますます、ご健勝にて、御過ごし賜りますようお祈り申し上げます。m(__)m

投稿: 恵美子 原 | 2012年10月11日 (木) 19:09

皆さまには沢山のお祝いのメッセージをいただき、感謝申し上げます。
 ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2012年10月12日 (金) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山市に行ってきました | トップページ | 白鳩会中央委員会 »