« 温かいご飯 | トップページ | 福井市に行ってきました »

2012年11月 8日 (木)

いのちのスープ

Pb070003  今日は夫の休日で、私は見たい映画があったので話したら、快く同意してくれました。

 この映画のことは、食料品の宅配会社の注文書の中に入っていて、知りました。

 料理家で作家でもある辰巳芳子さん(88歳)のドキュメンタリー映画「天のしずく 」 辰巳芳子”いのちのスープ”です。

 11月3日から劇場公開されています。

 23区内では3カ所だけでの上映です。

 電話で問い合わせて、今日はヒューマントラストシネマ有楽町が午前一回、午後一回上映することがわかり出かけました。

 60数席の狭い劇場だったので、2時間前に席をとりましたが、あと数席しか残っていませんでした。

 辰巳芳子さんは、お料理の名手であったお母様からお料理を伝授され、ご自分もさらに研鑽をつまれ、心を込めた丁寧なお料理をされることで定評があります。

 さらに食の安全と日本の食料自給率向上のために、実際に幅広く活動されています。

 辰巳さんの日常の暮らしから、多方面での活動の様子までを、日本の四季の自然の美しい情景、音、音楽を背景にして、情感豊かに描かれていました。

 私は2・3回胸がいっぱいになり、涙が流れました。

 夫も「涙は出なかったけど、感動したよ」と、言っていました。

 辰巳さんの本は何冊も読んでいて、お料理もいろいろ参考にしてきました。

 辰巳さんは若いころ、ご病気をされたそうで、そのせいか一生独身で、お料理一筋に生きてこられた方だと思っていました。

 ところが映画の中で、戦争時代の経験についてのインタビューで、私は初めて知ったことがありました。

 昭和19年、辰巳さんには婚約者がありましたが、その方は早稲田を繰り上げ卒業して働いておられ、間もなく召集されることになりました。

 そのため、辰巳さんのお父様が婚約者の方に、結婚を延期するよう話に行かれたそうです。

 辰巳さんもお父様の考えに従うつもりでいました。

 ところがお母様から、婚約者の方が目に涙をためていたということを聞かれ、辰巳さんは「目に涙をためている人を、このまま行かせていいのだろうか?」と悩まれ、結局婚約者の方と結婚されます。

 結婚後三週間で夫は戦地に行き、やがてフィリピンのセブ島で戦死します。

 それから50年、心の奥深くで、「私の選択は正しかったのだろうか?」その問いがずっと残りました。

 そして50年たった時、フィリピンのセブ島に行ってみようという思いが出てきて、夫が戦死した土地に行かれました。

 セブ島は美しいところで、船を出してもらって南半球の夕日が海一面に広がるところに身を置いた時、「ああ、ずーっと見守っていてくれたんだ」という思いがしたそうです。

Pb080008  この話を辰巳さんは、淡々とさりげなく、それでいて深いところからの思いが伝わってくるように話しておられました。

 人の思いの深さ、計り知れないつながりの不思議、そんなことを感じて、涙があふれました。

 「愛することは生きること、生きることは愛すること」

 その言葉が胸にひたひたと染み入る映画でした。

|

« 温かいご飯 | トップページ | 福井市に行ってきました »

コメント

昨日、横浜で鑑賞してまいりました。
内容を先生はとても丁寧に、詳しくご紹介されて、さすがと、
拝見いたしました。
ほんとに思わず涙することがありました。
先生に付け加えさせていただきますと、ライ病患者のかたが、
スープを余命幾ばくもない方に拵えて、
この年になると「わかることがあるね」と
二人で肩を寄せ合ったシーンでした。
映画を見ながらずーと谷口純子先生のお弁当を
思わせていただいていました。


投稿: ono kimie | 2012年11月 8日 (木) 22:44

私も、昨日、恵比寿で鑑賞してきました。とても感動しました。先生と同じく、辰巳さんのご主人様のことなど、とても心に残りました。
多くの方に見ていただきたいな、と思いました。特に若い女性の方に見ていただいて、こんなふうにお料理に心を込めることがステキな生き方でもあるのだ、と感じてほしいな、と思いました。

投稿: 小林光子 | 2012年11月 9日 (金) 09:59

 ONOさん

 その場面も感動的でしたね。
 辰巳さんが「よく作ってくださいましたね」といったところ、その手でという言葉はありませんでしたが、不自由な手でよく作られたと思いました。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月 9日 (金) 21:17

 小林さん

 恵比寿に行かれたのですか?
 私たちも最初は恵比寿に行こうと思ったのですが、音声案内で昨日は上映されないようだったので、有楽町に行きました。
 本当に多くの方に見ていただきたいですね。
 もう一度見てみたいです。
 

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月 9日 (金) 21:20

有楽町で見ました。辰巳さんの凛とした生き方に、感動する場面が沢山ありました。

父が闘病中で食が細くなった頃、本屋で『いのちを支えるスープ』で見つけて参考にしました。食と生きることについての、それまでのいい加減な姿勢を反省するきっかけになりました。

女性も自由に多様な生き方を選べる時代だからこそ、女性がもっと家庭で食を大切にする生活ができたら、家庭も社会も安定して、善い方へ向かうのではないかと感じました。

投稿: メイ利子 | 2012年11月10日 (土) 19:32

合掌ありがとうございます。立冬を迎え野山もわが家も冬支度の頃となりました。ステキな映画を紹介していただきありがとうございます。娘が「天のしずく」を観て「暖かい映画だった。」と言っていました。私は映画はまだ観ていませんが、予告ビデオを観てスープ以上の暖かみを感じました。益々のご健勝をお祈り申し上げます。(永田)

投稿: 永田良造 | 2012年11月10日 (土) 22:43

純子先生 
合掌 ありがとうございます。

素晴らしい映画の紹介をありがとうございました。彼女のスープの話はテレビで見たことがありますけれど、この映画 是非 見てみたいです。

彼女の結婚相手の方との話、純子先生の御文章を読んでいても涙があふれました。
私はいつまでも 主人と一緒にいられるので幸せものです。

この映画のこと つぶやきなどで 拡散させていただきます。ありがとうございます。

根岸幸子

投稿: 根岸幸子 | 2012年11月12日 (月) 07:29

命のスープの事以前TVで見てとても関心がありました。又鎌倉の辰巳先生のお宅の料理教室は何ヶ月も先まで予約でいっぱいだとか。皆さんが食べる事を大事に考えられる様になりよかったと心から思います。映画の事本当によく解説して頂き有難うございます。福岡に来たら是非見に行きたいと思いました。

投稿: 桝谷栄子 | 2012年11月13日 (火) 22:19

合掌 ありがとうございます。映画の好きな友人に誘われて「天のしずく」を見ました。辰巳さんは信仰をもたれている方だと思います。ていねいに心を込めて生きる事、料理する事の大切な事がわかっているつもりでしたが、分かっていない自分が恥ずかしく、申し訳ない気持ちになりました。めんどくさがらる事をやめて丁寧に生きていきます。先生が映画を見られたことを知り、感動がまた湧いてきました。
小澤 拝

投稿: 小澤悦子 | 2012年11月13日 (火) 23:20

合掌、ありがとうございます。
純子先生、はじめまして。
福岡教区で女子活動をさせていただいています副島愛と申します。

私も今日、この映画を観させていただきました。
とても心が温かくなる映画で大変感動致しました。何度か涙が出ました。
先生がわかりやすく詳細に説明して下さっていましたので、作品に関しては多くは申しませんが私からも一つだけ感じたままを綴らせていただきます。
インスタント食品やコンビニのご飯、ファストフードで育つ子どもたちが多い現代社会。
辰巳先生の「料理は手間ひまをかけるもの」ということを言葉で、姿勢で示して下さるこの作品は、次世代の子どもたちを生み育てていく私たち女子青年の心にこそ深く刻まねばと思わされました。
福岡の仲間たちにも是非この映画を薦めたいと思います!

感謝、合掌。
福岡教区青年会員 副島 愛 拝

投稿: 副島愛 | 2012年11月14日 (水) 20:24

メイさん

 お父様にスープを作られたのですね。
 満ち足りた思いで、最後の日々を過ごされたのではないかと思います。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:00

 永田さん

 お嬢様が見られたとのこと。
 良い影響を受けられると思います。
 九州の山の雪はまだですか?

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:01

 根岸さん

 今あることに感謝することの大切さも、教えられますね。
 拡散ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:04

 桝谷さん

 実際にお料理教室に行ける人は、限られますが、書店にはDVD付きの、命のスープの本も出ていますね。
 病院などで、取り入れているところもかなりあるようです。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:06

 小澤さん

 本当に日常生活を顧みる機会になる映画ですね。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:07

 副島さん

 本当に若い女性にこそ、見ていただきたい映画です。
 ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2012年11月15日 (木) 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 温かいご飯 | トップページ | 福井市に行ってきました »