« 見つける喜び | トップページ | 別府市に行ってきました »

2013年2月12日 (火)

万葉集の教室

P2120002  清川妙先生の万葉集の教室に行きました。

 一月は会議と重なって行けなかったので、二か月ぶりです。先月で万葉集は一応終わっていて、今日は日本の古典についての色々なお話でした。

 清川先生は今、「いきいき」という雑誌で、浄瑠璃についての連載を始められたそうです。そのため、浄瑠璃について、猛勉強されているとのことでした。

 間もなく、92歳になられますが、そのお歳で古典文学に対しての意欲は全く衰えず、永遠に生きると思っておられるのではないかと思えるほどです。

 近松門左衛門の曽根崎心中の浄瑠璃のセリフを聞かせてくださり、それが7・5調になっているので、気持ちよく耳に入ってくるのだと言われました。

 改めて近松を勉強すると、古典文学などにも通じていて本当によく勉強しており、言葉の使い方、対句などは舌を巻くほどで、日本のシェイクスピアと言われることもあるが、近松門左衛門はシェイクスピア以上だと思いますと言われました。

P2120004  また江戸時代の枕詞(まくらことば)辞書に賀茂真淵が表した「冠辞考」10巻があるそうです。

 記紀、万葉集の枕詞326語を、50音順にその意義、出典、解説を付けたものです。

 枕詞だけを集めて、10巻もの辞書を作る人もいて、何かに興味を持ち、勉強することによって、人は偉大なことを成しとげるものだともいわれました。

 「世の中には知らないことばかり、いくつになっても勉強です」とは、清川先生の口癖ですが、今日もまた沢山のことを学ばせていただきました。

 今日もお弁当二人分作りました。

 イワシとおから・ごぼうのバーグ、サトイモ・昆布・ほうれん草・梅麩の煮物、ゆず入り卵焼き、大根とにんじんの酢漬け、ホタテ旨煮などです。

|

« 見つける喜び | トップページ | 別府市に行ってきました »

コメント

純子先生 ありがとうございます。
o(*^▽^*)o

万葉集といえば、身分に関係なく、広く楽しまれたものなんですね。present

日本人として、全く万葉集の知識がなく、ネットで 検索しながら、投稿しています。scissors

趣味で 詩吟をしていますが、漢字の読み方が 独特で 難しいけれど、楽しいです。

私の住んでいる、福井県越前市は
 (旧町名:武生市)ですが、紫式部と関係があり、源氏物語のお勉強会も 盛んです。
紫式部の吟も 沢山あり、今度挑戦してみたいです。

日本人は 漢字文化 ゆっくり深く味わって楽しみたいですね。

今日は カレ-です。タッパ-に入れて来ています。お昼に「チン」します。(笑い)

投稿: 関本恵子 | 2013年2月13日 (水) 10:14

純子先生
いつも、素晴らしいお話と、見事なお弁当などありがとうございます。

前から思っていたのですが、卵に何かを合わせて焼いていらっしゃるようですが、
意味があるのでしょうか。(野菜など)

投稿: 小野公柄 | 2013年2月13日 (水) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見つける喜び | トップページ | 別府市に行ってきました »