« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

雷乃声を発す

P3300005  「かみなりこえをはっす」

 3月30日から4月3日ごろは、春の訪れを告げる雷が成りはじめるころ。恵みの雨を呼ぶ兆しとして、喜ばれたそうです。

 東京は今日は「寒の戻り」で、冬の寒さでした。

 そんな中桜は散り始め、紫モクレンの花がきれいに咲いていました。

 P3300010 暖かさ、冬の寒さ、雨の日などを繰り返し、春がやってくるのですね。

 昨日はおむすび弁当、今日はオムレツをはさんだベーグルだったので、朝食は和食でした。

P3290003

P3300008

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水)

桜始めて開く

P3250017  ここ数日寒いので、東京の満開の桜は長持ちしています。

 25日から29日頃は、その春に初めて桜が咲くころで「桜始めて開く」です。

 この桜は、染井吉野が作られる前で、山桜のことだったようです。

 明治通りを挟んだ向かいの歩道から染井吉野を撮りましたが、このふんわりとしたおぼろげな桜が、何とも言えず日本人P3260019 の感性に訴えるものがあるのではと、そんな感想を持ちました。

P3250014

 

| | コメント (6)

2013年3月24日 (日)

高松市に行ってきました

P3240008   香川教区の講習会で、高松市に行ってきました。
 東京は桜がもう満開でしたが、高松は金曜日にソメイヨシノの開花宣言があったばかりで、まだほんの一・二輪で蕾の固い木もありました。
 四国なので暖かいと思っていましたが、そうでもないようです。
 そんな中、市内の中心地は、光陽桜という濃いピンクの桜の街路樹で、こちらは満開の花を咲かせていて華やかでした。
 この桜は以前にも見ていて、沖縄にある寒緋桜と同じ種類だとP3240012 思っていました。
 ところが今回、インターネットで調べてみると、寒緋桜と里桜である天城吉野の交配種であることがわかりました。
 この桜は、愛媛県の元教師の高野正明さんが生みの親です。
 戦争で教え子たちを沢山失った高野さんは、沖縄に教え子たちの鎮魂の旅に出かけました。
 そこで寒緋桜に出会い、この桜誕生のきっかけとなりました。
 改良25年という長い年月をかけて作出された光陽桜を、高野さんは「平和のシンボル」として各地に送り続けられました。
 そんな深い思いのこもった桜であったことを知り、ホテルの前の桜を見る私の心も変わりました。
  

  もう二度と戦うまいと誓いたる思いをこめた光陽桜

  こんな和歌が添えられていました。
  
 光陽桜は高松に春の訪れを告げる花なのかも知れません。
P3240019  

 講習会の控室には、ツバキ、桜など季節の花をセンス良く飾っていただきました。
 

 香川教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。  

P3240018

| | コメント (6)

2013年3月20日 (水)

春分の日

P3190007  春分の日の今日、東京は曇りのち晴れ、夕方から雨のお天気でした。

 春分の初候は、「雀始めて巣くう」―雀が枯れ草や毛を集め、巣をつくりはじめるころ。

 午前10時からは、本部会館で、布教功労物故者追悼春季慰霊祭が執り行われました。

 午後からは多磨墓地にお参りに行きました。

 多磨墓地には桜の木が沢山ありますが、この時期まだつぼみのことが多いのですが、今年はもう咲いていました。

P3200019  寒い冬だった割には、桜の開花は早かったです。

 墓地近くのしだれ桜の並木は、満開でした。

 お彼岸の中日なので、お墓参りの人が多く、お墓をお掃除している家族も沢山いました。

 お参りの後、墓地の中を少し歩きました。

 P3200022 キリスト教も含め、様々な宗派のお墓があり、興味深く見学しました。

 帰りは久しぶりに近くの深大寺に寄りました。

 こちらもにぎわっていました。

 ようやく春らしくなり、のんびりお参りしたり、茶屋でくつろいでいる人々ののどかな雰囲気がありました。

P3190004

| | コメント (1)

2013年3月18日 (月)

菜虫蝶と化す

P3180006  72候では、15日から19日ごろは 啓蟄の末候で、菜虫蝶と化す――冬を過ごしたさなぎが羽化し、蝶に生まれ変わるころ――です。
 

 急に春めいて、桜も咲きはじめました。
 

 久し振りに近所の公園を通ったら、海棠(かいどう)と白い桜(?)が満開でした。

P3180012

  ソメイヨシノはまだほんの少し開き始めたばかりです。
 

 庭のスミレも、競って咲いています。

 春ですね。
 

P3180016  今日のお弁当は、冷凍していたもので賄いました。
 

 イワシの蒸し餃子を焼いて、レンコン団子にはフキノトウ味噌をのせました。
 小松菜のゴマ醤油和え、かまぼこ、シイタケ含め煮などです。

P3180003

| | コメント (2)

2013年3月17日 (日)

大津市に行ってきました

P3170022_2   滋賀教区の講習会で、大津市に行ってきました。
 朝夕は少し寒いですが、昼間は暖かい良い季節になりました。
 琵琶湖のほとりのホテルに泊まりましたが、琵琶湖が昔から人々の暮らしに大きく関わってきたようです。
 当然のことですが、琵琶湖で取れる川魚を人々は食べてきましたが、今の子供たちは川魚を食べないようです。

 そもそもお母さんたちに川魚を食べる習慣がないので、子供も食べません。
P3170020  

 地産地消の観点から言えば、素晴らしい蛋白源になると思います。
 

 古くからの食文化を、次の世代に伝えることも、地球温暖化を防止し、身近な恵みに気が付く日時計主義の生活に結びつくものであると思いました。
 

 大津は古い建物が沢山あり、文化財、神社、仏閣も多く、雰囲気のある町です。
 

 桜の季節は、さぞや美しいことと思いました。
P3170025_3  

 講習会の控室には、豪華絢爛なお花を飾っていただきました。
 滋賀教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (4)

2013年3月13日 (水)

桃初めて笑う

P3120008  3月10日から14日ごろは「桃初めて笑う」― 桃のつぼみがほころび、花が咲きはじめるころ。

 我が家の庭でも、次々に花が笑い(咲き)はじめました。

 気がついたら沈丁花がよい香りを振りまいていて、黄水仙、白のクリスマスローズも開いていました。

 春は早足で、身の回りに迫ってきます。

 私も、のんびりしておれない気持ちになります。

 お弁当は、ホッケの味噌漬け、エビ・椎茸・レタスのチャーハンです。

P3120016

P3120019

 

P3110003

P3120020

| | コメント (4)

2013年3月10日 (日)

周南市に行ってきました

P3090024   山口教区の講習会で周南市に行ってきました。
 周南市はかつての徳山市が、町村合併で周南市になったところです。
 新幹線の駅名や港は徳山のままです。
 昨日は飛行機の便が遅かったので、宿舎についたのは夕方6時前で、徳山の町には出かけられませんでした。

 ホテルは徳山港に面していて、部屋の窓から黄砂で霞んだ夕陽が見えました。

 P3100001 洗濯物も白い車も、うっすら黄色になるそうです。

 
 今日は講習会のあと、少し時間があったので、空港への道を途中下車して防府の防府天満宮に寄りました。
 

 長い石段の上に立派な天満宮のお社がありました。
 

 境内には梅が沢山あり、紅白の枝垂れ梅が見事でした。
 

 広い境内にはさまざまな様式の建物があり、興味深かったです。
 P3100017

  講習会の控室には、侘助?(椿)、レンギョウ、桜、フキノトウなどを活けてくださり、早春の雰囲気が良く出ていました。
 

 山口教区の皆さま、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

P3100027

| | コメント (12)

2013年3月 8日 (金)

春になりました

P3070006  今年初めて薄いジャケットで出かけました。

 それでも帰りは暑くて、脱ぎたいくらいの暖かさになりました。

 三月とはそういう季節なのですね。

 濃い色のスミレも咲きだしました。

 春の花を豪華に並べているお店がありました。

P3030015  ここまでするかというほどの種類とボリュームですね。

 でもきれいです。

 春の花を植えたくなります。

 お弁当は、イカの付け焼き、はんぺん入りロールキャベツなどです。

P3080011

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

啓蟄

P3050005  今日は啓蟄です。

 啓蟄の初候は「蟄虫戸を啓く」――すごもりのむしとをひらく

 庭の池にもカエルがうじゃうじゃ泳いでいて、タマゴもありました。

 半透明の線のようなものが卵です。

 紅梅も華やかになりました。

 P3050010 もう少しすると池は、オタマジャクシでいっぱいになります。

 自然食品の店で、大きさが不揃いで素朴な金柑があったので、蜜煮を作りました。

 季節の味わいです。

 お弁当は、根菜ときのこの炊き込みご飯、ホタテの粕漬け、小松菜とじゃこ・揚げの煮浸しなどです。

P3050012

P3030019

P3040025

P3050003

| | コメント (5)

2013年3月 4日 (月)

一雨ごとに春

P3020006  雨上がりの朝、枯れ葉の中にたちつぼスミレを見つけました。

 この春一番の花です。

 他にはまだ地面から出て、咲いている花はありません。

 このスミレを見つけると、ようやく春めいてきたと思います。

 華やぐ季節に誘われて、イチゴのワッフルの朝食にしましP3030010 た。

 お弁当は、それぞれイワシのバーグ(イワシ系よく登場します)、カキフライ、炒り豆腐・ジャコ・サクラエビのチャーハンです。

P3020004

P3030012

P3040029

| | コメント (10)

2013年3月 1日 (金)

立教記念日・総裁法燈継承記念式典

P2260006  最高気温17度の予報が出て、春が来たような暖かい日になりました。

 立教八十四年生長の家春季記念日・生長の家総裁法燈継承記念式典が、東京原宿の生長の家本部会館で執り行われました。

 日本各地、世界各国、地域からもお集まりくださり、原宿本部での最後となる式典は盛大に執り行われました。

P2260009  八十四年という歳月の間には、国や世界のあり方、人の考え方、私たちを取り巻く環境も大きく変化してきました。

 社会の変化に否応なく、人の暮らしも変化せざるを得ないのが一般的ですが、変化の兆しをいち早く察知して、対応していこうとすることは、多くの困難を伴います。

 生長の家本部が、今年の十月に、森の中に移転することは、大きな冒険であり、チャレンジです。

P2260005  長く都会で暮らしていた人々が、自然環境の厳しい森の中で仕事をし生活することは、様々な戸惑いや失敗もあるのではないかと想像します。

 けれどもそれらもまた、新しい文明への足掛かりとして糧にしていけるのではとの希望を持って、移転に向かっての準備を進めていきたいと、式典に参加して、改めて思いました。

 3月1日から4日ごろは「草木萌え動く」――しだいにやわらぐ陽光の下、草木が芽吹き出すころ。

 チューリップの芽もだいぶ伸び、サザンカも満開です。

| | コメント (1)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »