« 桜始めて開く | トップページ | 清明 »

2013年3月30日 (土)

雷乃声を発す

P3300005  「かみなりこえをはっす」

 3月30日から4月3日ごろは、春の訪れを告げる雷が成りはじめるころ。恵みの雨を呼ぶ兆しとして、喜ばれたそうです。

 東京は今日は「寒の戻り」で、冬の寒さでした。

 そんな中桜は散り始め、紫モクレンの花がきれいに咲いていました。

 P3300010 暖かさ、冬の寒さ、雨の日などを繰り返し、春がやってくるのですね。

 昨日はおむすび弁当、今日はオムレツをはさんだベーグルだったので、朝食は和食でした。

P3290003

P3300008

|

« 桜始めて開く | トップページ | 清明 »

コメント

先生の朝食、まるで旅館の朝食のようです!
私は、朝、味噌汁を作るだけで精一杯・・・なので、おかずはいつも一品だけです!
それも、料理とはいえないような、納豆とか、のりとか・・・。
純子先生を見習って、頑張ります!

投稿: 小杖まりあ | 2013年4月 1日 (月) 17:00

純子先生、ありがとうございます☆

「雷は縁起が良い」と、母が生前よく言っていました。
なんでも、『雷=神なり』ということだからなのだそうです。
純子先生が作られる食事も、神様の御心が顕れたようで美味しそうです☆

感謝礼拝

投稿: 阿部裕一 | 2013年4月 3日 (水) 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜始めて開く | トップページ | 清明 »