« 春分の日 | トップページ | 桜始めて開く »

2013年3月24日 (日)

高松市に行ってきました

P3240008   香川教区の講習会で、高松市に行ってきました。
 東京は桜がもう満開でしたが、高松は金曜日にソメイヨシノの開花宣言があったばかりで、まだほんの一・二輪で蕾の固い木もありました。
 四国なので暖かいと思っていましたが、そうでもないようです。
 そんな中、市内の中心地は、光陽桜という濃いピンクの桜の街路樹で、こちらは満開の花を咲かせていて華やかでした。
 この桜は以前にも見ていて、沖縄にある寒緋桜と同じ種類だとP3240012 思っていました。
 ところが今回、インターネットで調べてみると、寒緋桜と里桜である天城吉野の交配種であることがわかりました。
 この桜は、愛媛県の元教師の高野正明さんが生みの親です。
 戦争で教え子たちを沢山失った高野さんは、沖縄に教え子たちの鎮魂の旅に出かけました。
 そこで寒緋桜に出会い、この桜誕生のきっかけとなりました。
 改良25年という長い年月をかけて作出された光陽桜を、高野さんは「平和のシンボル」として各地に送り続けられました。
 そんな深い思いのこもった桜であったことを知り、ホテルの前の桜を見る私の心も変わりました。
  

  もう二度と戦うまいと誓いたる思いをこめた光陽桜

  こんな和歌が添えられていました。
  
 光陽桜は高松に春の訪れを告げる花なのかも知れません。
P3240019  

 講習会の控室には、ツバキ、桜など季節の花をセンス良く飾っていただきました。
 

 香川教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。  

P3240018

|

« 春分の日 | トップページ | 桜始めて開く »

コメント

合掌、純子先生ありがとうございました。

感動、感動で、とても素晴らしい講習会でした。

今回は、母が初参加、主人の母は2度目の参加で最前列で二人仲良く受講してくれました。

母は、「純子先生に握手をしていただき、
購入したテキストは雅宣先生のサイン本だったよ。」ととても喜んで帰って来ました。

香川で住んでいながら、純子先生がお話してくださった『光陽桜』のことは知りませんでした。母も、帰りのバスの中からきれいに咲いていたのが見えたそうです。

我が家も厳しい冬が続いていましたが、講習会に参加させて頂き、暖かい春がもう既にやってきていることに気づきました。

心で認めたものが現れる。

これからも、益々明るく楽しく元気よく、
母と共に真理をお伝えしていきたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

投稿: 前田 美紀子 | 2013年3月24日 (日) 23:43

ありがとうございます。
今日高松の講習会へ参加させていただきました。

まだ入会はしてませんが、先生の飾らないお話に親しみを感じました♪
最後の福家史子さんのお雛様についつい
コメントをさせていただきました。

又お邪魔させて頂きたいと思います。

今日は本当にお逢い出来ましたこと、感謝です。
ありがとうございました。

投稿: 馬渕統子 | 2013年3月25日 (月) 00:14

純子先生
合掌 ありがとうございます。

光陽桜の話を書いてくださりありがとうございました。

東浦和の見沼代用水の桜を見てきました。浦和から川口のほうまで桜並木がずっと続いています。その中にピンク色の濃い桜があり、光陽桜 と名札がついていました。想いのこめられた新種の桜。大いに愛でたいと思いました。

根岸幸子拝

投稿: 根岸幸子 | 2013年3月26日 (火) 18:18

 前田さん

 喜びあふれる感想お聞かせくださり、ありがとうございます。
 お二人のお母様もご参加くださり、大変うれしく思います。感謝合掌

投稿: 谷口 純子 | 2013年3月27日 (水) 23:17

 馬渕さん

 講習会にご参加くださり、ありがとうございました。
 またぜひどうぞ!

投稿: 谷口 純子 | 2013年3月27日 (水) 23:19

 根岸さん

 光陽桜、ご覧になりましたか。
 各地に贈られたそうで、埼玉県の写真が出ていました。
 埼玉には多いのかもしれません。
 名前や由来を知ると、親しみが増しますね。

投稿: 谷口 純子 | 2013年3月27日 (水) 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春分の日 | トップページ | 桜始めて開く »