« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

麦秋至る

P5310006  ばくしゅういたる――麦が熟して、収穫するころ。

 実りの季節を、麦の秋と呼びならわしました。

 北の地方では、麦の穂はまだ緑ですが、南国ではもう金色なのでしょうか。

 先日行った、十勝も麦の大生産地で、沢山の麦畑を見ました。

P5310017   7月の収穫期には、夜を徹して麦の刈り取りをすることもあると、聞きました。

 緑の山を背にした、いちめん黄金色の麦畑の風景は、とてもきれいです。

 今日の東京は、梅雨の晴れ間でさわやかでした。

 いつも通る渋谷の公園では、フイジョアの花やタチアオイが咲いて、初夏のように感じました。

P5310019  朝からずっと予定が入っていたので、夫と二人分のお弁当を作りました。

 ツナそぼろ、チーズちくわ、グリーンアスパラの梅みそ和え、ニンジンのレモンマスタード掛けなどです。

P5310008

| | コメント (8)

2013年5月27日 (月)

紅花栄う

P  26日から小満の次候で、べにばなさかう――紅花がいちめんに咲くころだそうです。

 紅花がいちめんに咲く風景を実際に見たことはありませんが、スタジオジブリのアニメ映画、「おもひでぽろぽろ」で主人公のタエ子が、姉の夫の実家の山形で紅花がいちめんに咲いているところで花を収穫する場面があって、記憶に残っています。

 あの映画では、ちょうど今頃の季節だったのかと、想像しています。

 主題歌を歌っているのが、都はるみだったというのを、初めて知りました。

 紅花は、八ヶ岳でも栽培されているらしく、夏にドライフラワーとして売られているのを見たことがあります。

P5270003  72候の本で、紅花についての記述があります。

 黄色い花を咲かせ、紅の染料となる紅花。古くは和名を、呉藍(くれのあい)といいました。中国の呉の国からきた、藍色という意味。そこから転じて、くれない(紅)となったよう。紅花の花びらは上のほうに水に溶ける黄色の色素、下のほうに水に溶けない赤の色素を含んでいて、水にさらして乾燥させながら、紅色にしていきます。

 このように書かれてあります。

 

| | コメント (2)

2013年5月26日 (日)

釧路市に行ってきました

P5260004   釧路教区の講習会で、釧路に行ってきました。
 

釧路は北海道でも一番寒い所で、昨日の最高気温は9℃でした。
 

ようやく桜が開花して、木々が芽吹き始めたところです。
 

P5250018  釧路教区の根室はさらに北東にあるので、日本で一番桜の開花の遅い所だそうです。
 

日本列島も多様です。

 昨日は霧が立ち込め、周りの景色はほとんど見えませんでした。
 P5260013

釧路は霧の多い所です。
 

今日も日中はお天気でしたが、夕方からまた深い霧になりました。
 

先週の十勝と同じように、街のあちらこちらで、スイセン、チュP5260025 ーリップ、ムスカリ、三つ葉ツツジなどが咲いていました。

 講習会の控室にも、スイセン、白い菜の花などを飾っていただきました。

 釧路教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。

| | コメント (4)

2013年5月21日 (火)

小満

P5210015  小満――いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。草木も花々も、鳥も虫も獣も人も、日を浴びてかがやく季節。

 小満の初候は、蚕起きて桑を食う(かいこおきてくわをくう)――蚕が、桑の葉をいっぱい食べて育つころ。

 小学生のころ、製糸工場の見学があり、蚕の繭を煮る匂いで、気持ち悪くなった記憶があります。

 そのころは、蚕が盛んに飼育されていましたが、時代は変P5200004 わり、今では珍しいこととなりました。

 北海道は、自然が豊かなところという印象がありますが、近頃はやはり開発が進み、森が浅くなったそうです。

 そのため自然の山野草のなかには、ほとんど見られなくなった種類もあるそうです。

 この白根アオイも以前は沢山あったそうですが、今では希少種とのこと。

P5210007  そんな中、十勝教区のあるお宅のお庭に沢山あり、思いがけずいただけることになりました。

 花弁に見えるのは四枚の萼片で、ハナミズキに似た形です。

 十勝教区の皆さま、ありがとうございました。

 大切に育てます。

 清楚ではかなげな花です。

| | コメント (4)

2013年5月19日 (日)

帯広市に行ってきました

P5180030   十勝教区の講習会で帯広市に行ってきました。

 5月初めにP5180035 雪が降るという異常気象でしたが、ようやく桜が咲きはじめていました。
 例年より10日くらい遅いそうです。
 白樺や落葉松も芽吹き始め、コブシ、レンギョウ、チューリップ、スイセン、タンポポなどが一斉に咲き、早春の爽やかさと清々しさが感じられる帯広でした。
P5190059  日時計のある帯広中央公園に行きましたが、今回もリスに出会いました。
 大変なスピードで木から木へ巧みに飛び移り、姿を捉えるのは難しかったですが、愛らしい姿は、都会の人間にとってうれしい経験でした。
 今日の講習会の後は、少し時間があったので、紫竹ガーデンに立ち寄りました。
 現在87歳の紫竹照葉さんが63歳の時始めた18000坪の花の庭です。
 圧倒的な数のムスカリ、チューリップが咲き始めていましP5190044 た。もう1か月くらい経ってから訪問すると、花盛りの庭を見ることができると思います。
 カラフルな洋服姿の紫竹さんにお会いしましたが、小柄で上品な話ぶりで、広大な庭つくりを続けてこられた方とは、とても思えませんでした。
 控室にもカラフルなチューリップを飾っていただきました。
 十勝教区の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

| | コメント (2)

2013年5月15日 (水)

竹笋生ず

P5140007  たけのこしょうず――立夏の末候です。

 たけのこが、ひょっこり出てくる頃とありますが、我が家の庭では、黒い皮をつけた新しいのがにょきにょき伸びていて、もう食べる時期は過ぎました。

 孟宗竹は三月中旬からで、日本原産の真竹が五,六月に旬を迎えるそうです。

 ですから真竹のことですね。

P5140009  出回っているのは孟宗で、真竹はあまり見かけませんが、東北の方では根曲りたけがこれから採れるのではないかと思います。

 テッセンが少し前から咲いていますが、沢山花が開きました。

 テッセンは特に手をかけなくても毎年沢山の花を咲かせ、楽しませてくれます。

P5140011  これのほかに、クリーム色、うす青があります。

 近所の狭い路地で、アーチのようにして育てているお家もあります。

 美しい季節になりました。

 お弁当は、イカのカレーピラフ、イワシのバーグなどです。

P5130006

 

 

| | コメント (6)

2013年5月12日 (日)

夏日

P5130012  母の日の今日は全国的に暖かく良いお天気になったようです。

 東京も雨上がりのとてもさわやかな、気持ちの良い日になりました。

 一年で一番過ごしやすい季節です。

 午後は日差しの強いところでは、少し汗ばむほどでした。

 昨日の新聞に、作家の内館牧子さんが「作家の口福」というコラムで、笑ってしまうエッセイを書いていました。

 内館さんは四年前に旅先の盛岡で、動脈と心臓の急性疾患で倒れ、生死の境をさまよい、奇跡的に生還したそうです。

P5110005  「人生観変ったでしょ」と病後はよく聞かれるそうです。

 「ううん、別に変わらない」可愛げなく答えるそうですが、一つだけ根本的に変わったものがあるそうです。

 それは食生活。

 それまでは、冷凍食品やデパ地下のお惣菜を買ってきて白いご飯と食べるか、友人や仕事関係者と外食していて、そんな本まで出したそうです。

 その結果、太ってむくんでいても自分では気が付かず、入院中には体重が14キロ減ったそうです。

P5120009  以来せっせと自分で料理をし、雑誌や新聞の切り抜いたレシピは、9冊のスクラップブックになったとのこと。

 今ではベランダに、バジルや紫蘇、サンショウなどを植えて、使うのが楽しみ。

 何だか、女性誌で「お気に入りの上質な暮らし」を語るイヤな女のようだ。「私もヤキが回ったなァ」とおもいつつ、体重のリバウンドのない生活を誇っている―― と結んでありました。

 さすが売れっ子作家、くすっと笑わせてうまいなあと思いました。

 私のお弁当にも、サンショウの葉がのっています。(笑)

| | コメント (4)

2013年5月10日 (金)

蚯蚓出ずる

P5080001  今日は暑い日になりました。

 午後からはむっとして暑く、今年初めて半袖のTシャツを着ました。

 朝は寒くて、お参りをする部屋は、暖房をつけたいくらいでした。

 一日のうちに、こんなに寒暖の差が激しいと、服を着たり脱いだりで、忙しいですね。

P5080006  10日から14日頃まで、「蚯蚓出ずる(みみずいずる)」みみずが土の中から出てくるころだそうです。

 それくらい暖かくなる頃なのですね。

 先日千葉産のピーナッツ・ペーストをいただきました。

 子供が家にいたころは、ピーナッツバターを常備していましたが、近頃は買わなくなりました。

 珍しいので、お弁当のサンドイッチにピーナッツ・ペーストとブルーベリージャムをサンドしてみました。

 なかなか美味で、夫にも好評でした。

 P5100013 他にはツナとタマネギのオムレツ、キャベツとエビのカレーソテーだったので、味に変化があってよかったのだと思います。

 子供のお弁当のサンドイッチには、ジャムサンドなどよく作りましたが、大人にも良いようです。

 今日のお弁当は、おむすび弁当です。

| | コメント (3)

2013年5月 7日 (火)

立夏

P5060010  あれよあれよという間に五月五日の立夏になり、初候は゛蛙初めて鳴く〟ですが、我が家のカエルはもうだいぶ前から鳴いています。

 夜にぎやかなカエルの合唱が聞こえると、なんだか親しみを覚えます。

 立夏は、しだいに夏めいてくる頃のこと。

 昨日の東京は夏のようでしたが、今日は台風のような風がP5060004 吹いてやや涼しく、北海道は各地で雪のところもあったようです。

 今年は変化の激しい春のように感じます。

 テレビのニュースで、弘前では染井吉野が満開になったそうですが、見物の人たちは寒そうでした。

 北国では、暖かな春が待ち遠しいでしょうと思いました。

P5060007  庭では都忘れ、クレマチス、クロユリが咲いています。

 今日のお弁当は、野沢菜とシラスのチャーハン、イワシすり身餃子、ほうれん草の胡麻酢和え、ミニがんもなどです。

P5070015

| | コメント (4)

2013年5月 4日 (土)

二度目の春

P5020018  全国幹部研鑽会などが終わり、北杜市に来ています。

 こちらは今ようやく春、八重も枝垂れも染井吉野もみんな一斉に咲いています。

 雪の残る山と桜の風景は、とても素敵です。

 ここ数日晴天が続いているので、なおさらです。

 今桜前線は、北海道でしょうか。

P5020012  大泉は高地なので、花の時期は北海道ぐらいなのではと思います。

 チューリップ、水仙、レンギョウ、芝桜、タンポポ、みんな咲いて、にぎやかです。

 長く厳しい冬を耐えたおまけですね。

 山は八ヶ岳の一つ、赤岳と甲斐駒ケ岳です。

 P5010008 クジャクチョウもさなぎから帰ったばかりのようでした。

P5020026

| | コメント (4)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »