« 帯広市に行ってきました | トップページ | 釧路市に行ってきました »

2013年5月21日 (火)

小満

P5210015  小満――いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。草木も花々も、鳥も虫も獣も人も、日を浴びてかがやく季節。

 小満の初候は、蚕起きて桑を食う(かいこおきてくわをくう)――蚕が、桑の葉をいっぱい食べて育つころ。

 小学生のころ、製糸工場の見学があり、蚕の繭を煮る匂いで、気持ち悪くなった記憶があります。

 そのころは、蚕が盛んに飼育されていましたが、時代は変P5200004 わり、今では珍しいこととなりました。

 北海道は、自然が豊かなところという印象がありますが、近頃はやはり開発が進み、森が浅くなったそうです。

 そのため自然の山野草のなかには、ほとんど見られなくなった種類もあるそうです。

 この白根アオイも以前は沢山あったそうですが、今では希少種とのこと。

P5210007  そんな中、十勝教区のあるお宅のお庭に沢山あり、思いがけずいただけることになりました。

 花弁に見えるのは四枚の萼片で、ハナミズキに似た形です。

 十勝教区の皆さま、ありがとうございました。

 大切に育てます。

 清楚ではかなげな花です。

|

« 帯広市に行ってきました | トップページ | 釧路市に行ってきました »

コメント

合掌。写真は写し手の心も+されると聞いた事がありますが、清楚な美しさに、しばし見とれ、我が庭のと見比べてみました。
どう見ても写真の方が清らかでした。
講習会ありがとうございました。
当日、会場で不思議な体験がありました。純子先生のお話のときでした。会場全体がおおきなオレンジ色の光のわになって、まわりが花で飾られていて、客席もオレンジ色になっていたそうです。その人は病後だったので、駐車場から会場まで歩くのがとても辛く体がこわかったそうです。一階の席がなく、ようやく二階の席に座り、その光景を見たとき大変びっくりし、気持ちがほっとしたそうです。
また、仕事もせずにいた子供さんが反省し
努力してみると言われたと母親からの感謝の声も届き、まさに  
生長の家の大神→総裁・副総裁→み教え
を見ているようです。
今日の十勝は小満 そのものです。

投稿: nakaderamasako | 2013年5月22日 (水) 09:33

純子先生

合掌ありがとうございます。

私が子供だったころはいたる所が桑畑でした。どどめ (桑の実) とかいい、よく食べていました。今はほどんど桑の木をみませんね~

白根アオイ 美しい花ですね。
葉っぱは なんだか 紫蘇の葉に似ているように見えますが。。。

根岸幸子拝

投稿: 根岸幸子 | 2013年5月22日 (水) 20:17

純子先生
合掌、有難うございます

何時も、いつも有難うございます
白根アオイ、なんと清楚で美しい花なのでしょう~~~☆
心が、清らかになる様な気が致します♡
有難うございます。
              

投稿: 原田 冨湖 | 2013年5月23日 (木) 18:40

合掌 ありがとうございます。

   田舎には、養蚕ではなく人絹の製糸工場がありました。
   私が小さい頃に、工場はなくなりましたが…

   アオイのお花も色々種類があるのですね。
   白根アオイは、知りませんでした。
   本当に清楚でおとなしいお花で、とてもステキです!!
   稀少種の白根アオイも、純子先生のような優しく丁寧に育てて下さる方に出会い、
   とても幸せなことだろうと思います。

   また、ブログにて拝見させていただけます日を楽しみにしております。m(_ _)m
   いつもステキな写真のご掲載をありがとうございますm(_ _)m

        安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2013年5月23日 (木) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帯広市に行ってきました | トップページ | 釧路市に行ってきました »