« 秋田市に行ってきました | トップページ | 久喜市に行ってきました »

2013年6月26日 (水)

菖蒲華さく

P6260004  6月26日~30日ごろは、夏至の次候で「あやめはなさく」――あやめが花を咲かせるころ。

 この花が咲いたら、梅雨到来の目安だったそうですが、今年はだいぶ早かったです。

 あやめはカキツバタや花菖蒲と似ていて、見分けがつきにくいですが、あやめには花に編目模様があるので、見分けられるそうです。

P6260009  今日は会議があったので、本部に行きましたが、夫の執務室のバルコニーの芝生にネジバナがいっぱい咲いていました。

 ネジバナは毎年今頃思いがけないところから咲いてきますが、よく見ると蘭のようなきれいな花で種で増えるそうです。

 ラン科ネジバナ属です。

 初候の「乃東枯る(なつかれくさかれる)」のうつぼ草、見つP6240003_2 けました。

 紫の小さな花で、見過ごしてしまいそうですが、これもよく見ると複雑な形をしています。

 花穂が矢を入れる靱(うつぼ)の形に似ているところから、この名前が付いたとのこと。

 お弁当は、餃子、鮭、茄子とピーマンの油味噌などと、ツナレタスチャーハンです。

P6250008

|

« 秋田市に行ってきました | トップページ | 久喜市に行ってきました »

コメント

合掌 ありがとうございます。

   あやめと菖蒲の見分け方が、よく分かりませんでした。
   あやめの花には、編目模様があるのですね。
   教えていただきまして、ありがとうございます。

   ネジバナは、ねじれながら咲いているのでネジバナなのでしょうか?
   ラン科なのですね。
   
   うつぼ草の形態も珍しいですね。
   案外、見かけるお花でしょうか?
  (紫系が好きですので、見てみたいと思いますが)

   72候や珍しいお花などのご掲載ありがとうございます。m(_ _)m

         安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2013年6月27日 (木) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋田市に行ってきました | トップページ | 久喜市に行ってきました »