« 久喜市に行ってきました | トップページ | 森の中のオフィスの落慶式 »

2013年7月 1日 (月)

半夏生ず

P7010005 半夏生(はんげしょう)とは烏柄杓(からすびしゃく)という薬草のことで、それが生えはじめるころ。

 農家にとっては田植えを終える目安となる日で、農事の節目とされています。

 半夏生というドクダミ科の葉っぱが、半分お化粧しているみたいに白くなる頃でもあるそうです。

 我が家の一本しかないきゅうりは、今日六本目の実が大きくなりました。

 朝見たときはまだいいかなと思っていましたが、午後帰ってきたら、大きくなっていました。

 キュウリがすぐに大きくなることは、今年何度も経験しましたが、それでもやはり驚かされます。

P7010004  今日はお弁当に、紫黒米を混ぜたごはんで、海苔巻を作りました。

 変った色合いですが、夕方帰ってきた夫は、「今日の海苔巻面白い色で、ああいうのもいいね」と言っていました。

 意外性が、新鮮だったのかもしれません。

 こちらは先週土曜日のお弁当です。

P6290012

|

« 久喜市に行ってきました | トップページ | 森の中のオフィスの落慶式 »

コメント

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+純子先生 ありがとうございます(^^)//

素晴らしい、アジサイ色の海苔巻きですね。
総裁先生のコメントも 楽しくて うう~~んと鳴っちゃいました。happy01

昨日の日曜日は、晴天に恵まれ、福井教区白鳩会教区大会でした。note

帰宅後、以前純子先生が、作られた、梅ジャムを作ってみました。bread

甘酸っぱくって とっても 美味しく出来ました。

種も一緒に煮てみました。

この季節に ぴったりの 爽やかなジャムに 感動しました。present

投稿: 関本恵子 | 2013年7月 2日 (火) 17:56

純子先生
合掌 ありがとうございます。

私も関本恵子さんと同じで
今日、梅ジャムを煮てみました。

甘酸っぱくて とてもおいしいです。
明日の朝食が今から頼みです。

よいことは伝染しますね。

紫陽花色の海苔巻もいいですね~~!!
いつか作ってみたいです。

純子先生 いつもよい情報をありがとうございます。
根岸幸子拝

投稿: 根岸幸子 | 2013年7月 3日 (水) 16:19

 関本さん

 梅ジャム作られたのですね。思いのほか、香りもよく、おいしいジャムですよね。
 教区大会も素晴らしかったと思います。

投稿: 谷口 純子 | 2013年7月 3日 (水) 22:34

 根岸さん

 伝染しましたか?
 明日の朝が楽しみって、良いですね。
 言われてみれば、アジサイ色ですね。
 紫陽花巻きなんて名前を付けてもよさそうです。

投稿: 谷口 純子 | 2013年7月 3日 (水) 22:37

半夏生・・この言葉を聞くと、自分の無知を思い知らされ恥じた、ちょっぴりほろ苦い想い出が脳裏をよぎります。         今から15年ほど前中学校の教員をしていた頃、5時間目の授業を終え帰ろうとしたときある男子生徒が「先生、今日は半ゲショウですね!」と唐突に言ってきたので「な、なんて失礼な!そりゃあ、5時間目ともなると半分化粧も落ちるわよ・・」ととっさに思ったのですが、よく聞けばその生徒は「今日は、半夏生ですね」と季節のことを伝えにきてくれたのでした。そして「そ、そうね。半夏生って言葉よく知ってたね。すごいね。」と慌てて答え赤面しつつその場を後にしたことを思い出します(笑)                 純子先生がいつもご紹介下さる日本の季節の徐々に移りゆく言葉の数々を、できるだけ心にとどめて、かつてのような恥ずかしい思いはもうしたくないな、と思った次第です。(笑)

投稿: 前川 淳子 | 2013年7月 3日 (水) 23:39

前川さん

 半夏生って、中学生の男子生徒が知っているのは珍しいと思います。
 それにしても、面白い話でした。
 とっさに機転がきいて、さすがに先生ですね。

投稿: 谷口 純子 | 2013年7月 7日 (日) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久喜市に行ってきました | トップページ | 森の中のオフィスの落慶式 »