« 米子市に行ってきました | トップページ | 霧島市に行ってきました »

2013年7月23日 (火)

大暑

P7220002   大暑――もっとも暑い真夏のころのこと。
 土用のうなぎ、風鈴、花火と、風物詩が目白押し。
 初侯は「桐始めて花を結ぶ」(きりはじめてはなをむすぶ)――桐の花が梢高く、花咲かせるころ。
 和の暮らしの中で、桐は家具として役立ってきました。
 このようにあります。
 
 今日午前中、本部で会議がありました。
 私が出席した会議では、この夏初めて冷房が入りました。
 今までは、窓を開けたり、扇風機を回したりしていましたが、P7220003 今日は大暑の名の通り、蒸し暑くて、本部会館にも冷房が入ったのでした。
 今年は夏の暑さが早くやってきました。
 それでも東京は、ここ一週間前後、比較的過ごしやすい日が続いていました。
 ですから今日の暑さはなおさら厳しく感じられました。
 午後3時ころには、雷が鳴って、ゲリラ豪雨のような激しい雨が降りました。
 最近はお天気の変化が激しいようです。
 それでも雨はありがたい恵み。
 乾いた大地を潤し、木々の葉っぱもみずみずしくなり、ほっとしているように見えます。
 東京は水不足の心配もありますから、雨が降るたびに喜んでいます。

|

« 米子市に行ってきました | トップページ | 霧島市に行ってきました »

コメント

ありがとうございます。
今年初めての冷房。さすがこれから自然の仲間入りをされ、森の中へ行かれる本部の先生方は、意識が高いのですね!
私たちのお手本が、素晴らしくて嬉しいです(^.^)
写真が夏らしい食卓、お弁当でワクワクしました。

投稿: masako | 2013年7月24日 (水) 20:55

合掌 ありがとうございます。

   「桐始めて花結ぶ」ですが、桐の花を見たことがありません。
   ネットで調べましたら、梢高く花が咲くため、目にすることが少ないと…
  (桐の木を見ることが、先ずない感じです)

   昨日の雨は、凄かったそうです。
   世田谷区や目黒区では、停電になった所もあったようです。

   私は出講でしたが、雷や雨に遭わずに帰ることが出来、大変幸運でした。
   雷と言えば「蚊帳」を思い出します。
   蚊帳をつり、家族で身を寄せたことなどを懐かしく思います。

   このところ、あちこちでゲリラ豪雨が、多くありますね。
  「大自然讃歌」の拝読に励みたいと思います。

   今日から東京は、10%の取水制限が始まりました。
   水源地に沢山の雨が降るように祈念したいと思います。

           安東孝子拝

投稿: 安東孝子 | 2013年7月24日 (水) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米子市に行ってきました | トップページ | 霧島市に行ってきました »