« 橘始めて黄なり | トップページ | 大雪 »

2013年12月 8日 (日)

奈良市に行ってきました

Img_1903  奈良教区の講習会で、奈良市に行ってきました。

 今までは橿原市で講習会が開催されていました。 

 そのため奈良に来ることはなく、私にとっては小学校の修学旅行以来、40数年ぶりでした。

 猿沢の池は、小学生には大きな池に思えましたが、昨日歩いてみて、こじんまりした小さな池だったので、驚きました。

Img_1901  奈良の町は、お寺や神社が至る所にあり、町はきれいに整備されていて、文化財の宝庫のようでした。

 まだ紅葉も楽しめ、観光客も沢山いました。

 特に昨日、今日と奈良マラソンが行われたので、その参加者もいたようです。

 今日は帰りに電車の時間まで、興福寺を見学しました。

 千手観音像や阿修羅像を見ることができました。

 どちらも写真では見たことがありましたが、実物から受けるものは写真とは違い、千手観音像はその大きさもあり、圧倒されました。

 阿修羅像は、思っていたより小さかったですが、その表情Img_1915 が何とも言えず人をひきつけ、何かを訴えかけられているような、あるいは何か答えなくてはいけないような感じがしました。

 一つの頭に右向きと左向きの顔があり、正面の顔とは違う表情が、阿修羅の多面性をあらわしているのか、そちらも印象深かったです。

 夫と奈良はゆっくり見学したいところだねと話しました。

 控室には、冬の寒さを吹き飛ばすような華やかなお花を飾っていただきました。

 奈良教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

Img_1916

|

« 橘始めて黄なり | トップページ | 大雪 »

コメント

合掌有り難うございます。

奈良市内に滞在されたのですね。私も今年の全国幹部研鑽会のあと、ぶらりならまちの辺りを散策しましたので、風景が懐かしく思い出されます。猿沢の池では、甲羅干しをしている亀が何匹もいてつい足を止めて暫く見入ってしまいました。また、小学校の修学旅行で泊まった、池のすぐ近くにある旅館が閉館されているのを見つけ少し寂しく思いました。

他にもあちらこちらに気になる神社仏閣やお店があり、出来れば一週間くらいかけてゆっくり回ってみたいな、と思う魅力のあるところです。

投稿: 前川 淳子 | 2013年12月 9日 (月) 00:31

合掌、ありがとうございます。
昨日は、講習会において2年ぶりのご指導をいただき、ありがとうございました。所属組織の青年会も、今回は参加者が115名の大台に乗ったとのことで、この上ない喜びとなりました。
私は、今回は実行委員のお役に当たっておらず、最初から最後まで、受講者の立場としての参加となりました。
それまでは、ここ数年ほど運営の立場におりましたので、自教区での講習会を、通しで参加出来たのは、約10年ぶりでしょうか。
純子先生のご講話の中で印象に残っている内容は「たとえ、目の前に悩みごとがあったり、問題はなくとも、心の中に不安があるという人にとっても、幸福な人生を送りたいというのが、全ての人の願いである」という話でした。
私事になりますが、我が家では、昨年の暮れに母が病に倒れまして入院することになり、大至急、手術しなければならないと言われるほど、悪性の疑いが強い状態だと診断されていました。
しかし、その後、今まで以上に、私たち家族が「日時計日記」に善きコトバを書き続け、真剣に行じた結果、一週間後には、「もう、手術する必要はありませんよ。あと一年ほどは、再発の恐れがないか、通院しながら様子を見ましょう。」との結果が出たのです。
その時は、嬉しくて天にも昇る気持ちでした。
そうした昨年の我が家での体験から、昨日のご講話は、特に心に響くものがありました。
今週金曜日には、母の最終検査結果が出るのですが、何の不安もなく、病気の存在すら忘れている状態ですので、大丈夫だと信じている私です。
長文、失礼しました。

投稿: 中村 有香 | 2013年12月 9日 (月) 09:56

合掌ありがとうございます。
講習会が大成功に終わりほっとしています。
両先生ありがとうございました。
遠くからお越しいただき直接ご指導いただき、握手までしていただける幸せを本当に本当に感謝いたしております。純子先生のやわらかいお声と優しい笑顔がとても素敵きで、ブルーのお洋服がよくお似合いだと参加者からも聞いております。奈良の猿沢池等のお写真もブログに載せていただき、奈良は「ゆっくり見学したいところだ。」とおっしゃっていただけてとてもうれしいです。
また、講習会での推進で出会わせていただけた方々とのご縁を大切にし、この講習会の感謝と感動をこれからの信仰のエネルギーとして、自然と共に生きる運動に益々奈良教区は発展してまいります。今後ともご指導よろしくお願い申し上げます。   再拝

投稿: 徳野千秋 | 2013年12月 9日 (月) 15:41

前川さん

 本当にそうですね。良い季節にゆっくり滞在したいです。みんな修学旅行の思い出の土地のようです。
 猿沢の池のカメは、ほとんどがミドリカメで、日本のカメは少しになってしまったそうです。
 天敵のいない外来種は、強いですね。

投稿: 谷口 純子 | 2013年12月10日 (火) 22:24

 中村さん

 お母様、本当に良かったですね。
 青年会も大成功で、素晴らしいです。
 これからもお元気で、ご活躍ください。

投稿: 谷口 純子 | 2013年12月10日 (火) 22:28

 徳野さん

 講習会でのご活躍、ありがとうございました。講習会でできた新しいつながりが、良い方向に進むことをお祈りいたします。

投稿: 谷口 純子 | 2013年12月10日 (火) 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橘始めて黄なり | トップページ | 大雪 »