« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

ノーミート料理

Img_2201  今朝の外気温はマイナス10度くらいで、随分冷えたようですが、家の中は東京にいた時より暖かく感じます。

 そんな日は、八ヶ岳もくっきり見えました。

 ところで、昨日の講習会では、ノーミートに関する質問がかなりあったようでした。

 我が家で食事に、牛肉、豚肉を使わなくなって10年以上たちます。

Img_2200  最初は献立を考えるのに戸惑いましたが、今ではそれが普通になったので、特に難しくはないのですが、初めての方は大変かもしれません。

 肉食は飢餓の問題や、温暖化の問題と深く結びついていますが、それだけでなく食肉の生産過程でも多くの問題があり、現場の実態を知ると、食べることが恐ろしくなります。

 食べ慣れている、おいしいという理由で、肉食を止められない場合には、倫理的な問題だけでなく、健康に及ぼす影響、使われている薬品のことなどを知ると、減らすこと、止めることが容易になるかもしれません。

 日本人は、もともと肉食をしてきませんでした。

 ですから、私たちの食文化の中では魚と野菜だけで、豊かな献立が作られます。

 明治期以降、西洋の食文化が導入され、さらに世界各地の食事が家庭で作られるようになりました。

 私も、洋風、中華風、インド風、などなど、色々作りましたが、それらも肉を使わなくても作ることが出来ます。

 お魚や大豆加工品などをうまく使うと、気軽にノーミート料理はできます。

 マクロビとか玄米菜食などと難しく考えないで、肉を使わないで気軽に普通に食事を作っています。

Img_2203  今日の夕食は、木綿豆腐が残っていて、使わなくてはいけなかったので、茹でて水切りをしてつぶし、冷凍してあった茹で大豆もつぶして混ぜ、玉ねぎのみじん切りの炒めたもの、パン粉、牛乳、塩、こしょう、ナツメグで味付けして、豆腐バーグにしました。

 付け合せは、原木椎茸と小松菜のソテー、ジャガイモです。

 他に、人参とかぼちゃのポタージュ、白菜・大根・赤大根・レンコン・サラダほうれん草・ちくわのサラダ、レモン味噌ドレッシング。

 お弁当は、さわらの梅シロップ照り焼き、銀杏、ゴボウとニンジンのバルサミコキンピラ、人参とジャガイモのグラッセ、春菊の柚子酢胡麻和え、じゃこ・おかか・大根葉ふりかけなどでした。

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

つくば市に行ってきました

Img_2187_2   茨城教区の講習会で、つくば市に行ってきました。
 メイン会場がつくば市のつくば国際会議場だったからです。
 つくば市へは、秋葉原からつくばエクスプレスで45分で行けます。
 東京の通勤圏です。
 この辺りは、科学万博が開催されたとき、田畑や森林だった所が大々的に開発されたそうです。
 駅周辺は、東京にあるデパートや有名店があり、コンクリートのビルに囲まれた、硬質な感じがします。
 特に今は冬枯れの季節なので、冷たさが際立っていましImg_2192 た。
 春や夏に訪れると、また違った趣があるのかもしれません。
 講習会の控室には、竹の花器に福寿草を植えこんだものや、松と梅、桜と水仙などを格調高く活けていただきました。
 茨城教区の皆さま、お世話になりました。
 ありがとうございました。
 

Img_2194

| | コメント (2)

2014年1月24日 (金)

鯛焼き

Img_2169   家の前が少し坂になっています。
 30メートルくらいですが、その内の道路から入ってすぐの10メートルくらいが日陰で、雪があまり解けないので、氷の層が厚くなり滑ります。
 それでも最近までは問題なく車で通れたのですが、先日の山梨教区の講習会の日の朝、本部からの迎えの車が滑って登れませんでした。
 時間になってもインターフォンが鳴らないので、不審に思い外を見たら、懸命に登ろうと右往左往している車が見えました。
Img_2171  講習会に遅れるわけにはいきませんから、すぐに家を出て車まで歩くことにしました。
 戸締りをして外に出ると、もう車のそばまで行っている夫の姿が見えます。
 秘書が夫のところに来て、カバンを受け取ろうとしてその拍子に二人とも滑って転びました。
 車から出てきた運転の人も、一緒に転びました。
 その三人を見て、ヒールをはいてスーツを着ていた私は普通の道を歩いては絶対に転ぶと確信しました。
Img_2174  足が濡れることを覚悟で、ドウダンツツジやブルーベリーが植えてある植え込みを歩きました。
 踏み固められていないのでシャーベット状ですが、滑る心配はなさそうでした。
 ヒールの中に少し雪が入りましたが、無事に車までたどり着くことができました。
 その日の夕方、講習会から帰って来た時も車はスリップして登れず、植え込みを歩いて家に入りました。
 そんなことがあったので、月曜日は朝8時ころから秘書室のImg_2159 男性3人が来て、道路の氷割りをしてくれました。
 火曜日は朝9時からの会議でしたが、水曜日また残りの氷を割りに来てくれるということでした。
 雪割りという重労働をしてくれたので月曜日は、ささやかなねぎらいに葛湯を出しました。
 水曜日の朝、「今日は何がいいかしら」と考えていて、タイ焼きを作ろうと思い立ちました。
 ワッフルメーカーにタイ焼きの型がついているのですが、使ったことがありませんでした。
 何時か作ろうと言いつつ、二・三年が過ぎていました。
Img_217  夫に話すと「いいねー」ということで、朝食の片づけ後、タイ焼きを作りました。
 冷めると美味しくないので、ストーブの上で保温して、作業が終わった秘書室の三人に、家に入ってもらって、そば茶とともに、タイ焼きを食べてもらいました。
 いつものワッフルの生地の分量で6個のタイ焼きができました。
 夜、残ったタイ焼きをストーブで温めて、いただきました。
 自家製餡で薄甘でしたが、また作りたくなる味でした。

| | コメント (9)

2014年1月19日 (日)

甲府市に行ってきました

Img_2150  山梨教区の講習会で、甲府市に行ってきました。

 昨夜から山梨県は各地に雪の予報がありました。

 甲府も降雪予報がありました。

 大泉の我が家は、夜中に少し降ったようで、朝外を見ると数ミリの雪が積もっていましたが、良いお天気でした。

 長坂から中央道に入ると、勝沼―上野原間、チェーン規制Img_2152 と出ていたので、甲府も雪かもしれないと思いました。

 けれども甲府は全く雪がなく、晴れ渡った青空でした。

 今年から山梨は地元の教区になりました。

 8時半ごろ家を出て、9時過ぎには甲府市の会場に着きました。

Img_2153  講習会の控室に入ると、山梨が誇る、「枯露柿」がテーブルに置いてありました。

 接待係りの方が置いてくださったのだと思います。

 富士柿という大きな柿を干し柿にしたものです。

 上等な和菓子のようで、とてもおいしい干し柿です。

 お天気は良かったですが、寒い一日でした。

Img_2155  そんな中、多くの方が講習会にご参加くださいました。

 ありがとうございました。

 講習会の控室には、明るい華やかなお花を飾っていただきました。

 山梨教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

| | コメント (5)

2014年1月17日 (金)

小さなコミュニティー

Img_2133  朝夫をオフィスに送った後、その日の用事を済ませるようにしています。

 なるべくなら、車の移動は一回にしたいと思っています。

 今日も、郵便局やクリーニング店、近くのスーパー、自然食品の店などに寄りました。

 こどもに荷物を送るついでに、パンも入れようと、クリスマスに「雪だるまのパン」を買ったコンプレ堂にも行きましImg_2140 た。   

 あれ以来久しぶりです。

 コンプレ堂は森の中にひっそりとたたずむパン屋さんで、ほとんど相客に会うことはありません。

 まだところどころに雪が残る大泉なので、コンプレ堂の前の坂道は大丈夫かと案じながら行きました。 

Img_2122  けれども雪はなく、すんなりたどり着きました。

 ところがコンプレ堂の前が、いつになくにぎやかです。

 私と同年配の女性が、5人くらいいるのが見えます。

 どうも生長の家に勤務の男性の奥様方のようです。

 「今日はコンプレ堂で、なにか催しものでもあるのかしら」最初そう思いました。

 車から出ると、ほとんどの方が顔見知り。

 それもこちらに来てから、郵便局やスーパーで初めてお目にかかって、知った方です。

 お一人だけ、初対面の方がおられました。

 皆さんたまたまコンプレ堂に来て、「あらまあ」とご対面だったそうです。

 この時期には、冬季休業中のお店もあり、ちょうどその日開いていたコンプレ堂に集合したということのようでした。

Img_2143  どどーっと6人のおばさんたちがお店に入ってきて、コンプレ堂のレジに立っている控えめなお母さんと娘さんのコンビは、驚かれたのではないかと思います。

 さらにそのあとにも、若いお客さんが来ました。

 こんなことは東京では決して起こりませんが、狭いコミュニティーに暮らしているから起こることです。

 それにしても、朝の楽しい出会いでした。

| | コメント (2)

2014年1月12日 (日)

雪道を行く

Img_2100  1月8日の午後から翌朝にかけて、三回目の本格的な積もる雪が降りました。

 9日は木曜日だったので、朝から雪掻きをしました。

 12月18日(水)、12月26日(木)と雪が降り、少し解けたころに次の雪が降るという状況でした。

 1月8日もだいぶ雪が解けかけて、道路も黒い部分が見えていたところに降りました。

Img_2108  今回の雪は、水分が多く、みぞれのような時もあったので、朝起きた時には、屋根に積もった雪は重さでだいぶ地面に落ちていました。

 水分を多く含んでいるので、早く溶けるのではないかと思っていましたが、その後寒波が日本列島を覆い、急に冷え込みました。

 そのため、水を含んだ雪は凍ってスケートリンクのようになりました。

Img_2092  9日以降は晴天が続いているので、地面の雪は少しずつ融けてはいますが、朝夕は凍結した道路です。

 夫は自転車に乗れなくなったので、その道路を毎日オフィスまで車で出かけます。

 私は助手席に乗って、オフィスで夫が車から降りた後、運転して家に帰ります。

 凍結した山道なので、10キロ前後のスピードで最徐行運転Img_2096 しています。

 凍結した部分はせいぜい1キロほどですが、今から雪解けの春が待ち遠しい気持ちです。

 車での通勤になったので、お弁当箱は以前に戻りました。

| | コメント (5)

2014年1月 6日 (月)

伊勢参宮

Img_2085_2  年一回の伊勢への里帰りで、今年も伊勢神宮に参拝しました。

 遷宮の翌年なので混雑が予想されていました。

 そのため、例年だと内宮参拝をするのですが、今年は外宮参拝にしました。

 外宮は伊勢市駅前にあり、参道も短いので、混雑してもそれほどのことはないからです。

 伊勢神宮への正式参拝は、外宮、内宮と両宮をお参りするのですが、多くの人が内宮だけのお参りで済ませます。

 外宮は町のなかにあり、荘厳さでは内宮の足元にも及ばないからだと思います。

 参拝客も内宮の方が多いです。

 内宮の祭神は天照大御神、外宮の祭神は豊受大神で、農事や食物をつかさどります。

 外宮参拝は30年ぶりくらいでした。

 混雑していましたが、内宮参拝に比べたらとてもスムーズでした。

 三が日の伊勢神宮の参拝客は、例年の倍が予想されていましたが、実際には微増、元日に限っては少し減ったそうです。

 Img_2089_2 多くの人が混雑を避けて、お参りに行かなかったようでした。

 みんな考えることは同じですね。

 5日は私の誕生日で、家族がお祝いしてくれました。

 年末年始の、家族親族との交流も楽しく終了し、今年も元気に努めてまいりたいと思います。

| | コメント (6)

2014年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます

Img_2058  皆さま、新年おめでとうございます。

 八ヶ岳南麓での、初めての新年を迎えました。

 ここは四方を山に囲まれた土地で、背後に八ヶ岳、正面に富士山、北岳、甲斐駒ケ岳を望むことができます。

 そこで、記念すべきこの年に、初日の出を拝もうと、自宅から10分くらいの距離にある「まきば公園」に出かけました。

Img_2061  大みそかに下見をして、初日の出が見えることを確認しておきました。

 甲府の元日の日の出時刻は6時55分ということだったので、余裕をもって6時20分ごろに家を出ました。

 6時半ころにはまきば公園に到着しましたが、すでに駐車場は車でほとんど埋まっていました。

 時折強い風が吹く中、車から出てご来光を待ちました。

 Img_2069 だいぶ空が白けてきましたが、なかなか太陽は顔を出さず、結局寒風の吹く中30分くらい待って、初日の出を拝むことができました。

 シャッターを切る手は、かじかんで痛かったですが、後ろに八ヶ岳、前方右手には富士山が見える絶好の場所からの初日の出は感動でした。

 晴れ晴れとした清々しい気持ちで帰宅し、お参りをしてから、家族でおせち料理をいただきました。

Img_2073  食後は大泉にある二つの神社に、逸見神社と八ヶ嶽神社に初詣に出かけました。

 どちらも参拝は数家族で、ひっそりとしていました。 

 今日の朝の気温は、マイナス1度、お参りしたころは4度と比較的暖かく、穏やかな元日でした。

 今年も森の中から、皆様にお便りいたします。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (8)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »