« 弱っている鹿たち | トップページ | 名古屋市に行ってきました »

2014年3月10日 (月)

神戸市に行ってきました

Img_2497  兵庫教区の講習会で、神戸市に行ってきました。

 前回の京都第一教区の講習会でもそうでしたが、関西方面へは、長野、岐阜、名古屋経由で行きます。

 小淵沢から中央線で塩尻まで、約50分。

 塩尻からワイドビューしなので名古屋まで2時間、名古屋から新幹線で新神戸まで1時間10分。

 10時半に大泉の自宅を出てから、神戸のポートアイランドにあるホテルまでは、約5時間半くらいの旅でした。

 このように言うと、ずいぶん長旅のように聞こえるかもしれません。

Img_2502   実際長旅なのですが、列車の旅は移動書斎のような役割を果たしてくれるので、原稿を書いたり、本を読んだりしていると、電話がかかってきたり、宅配便が来たりすることがない分、大変効率の良い時間が持てます。

 さらにワイドビューしなのは、車内販売がありません。

 今年から中止になったそうで、「ご注意ください」と駅のホームに書いてありました。

 不便と言えば不便ですが、前もって飲み物など用意しておけば、とても静かな車内です。

 塩尻でちょうどお昼だったので、駅で「信濃路弁当」を買って、車内でいただきました。

 塩尻から木曽路を通って岐阜の中津川経由名古屋に向かう沿線は、島崎藤村の夜明け前の冒頭、「木曽路はすべて山の中である」という書き出しを思い出す風景が続きます。

 今はどこも雪に埋もれていますが、春から夏にかけてはまた全然違う景色を見ることができると思えば、ひなびた山里の風景も味わい深く感じられます。

 名古屋からはのぞみの超スピードで、神戸に着くと、講習会場のあるポートアイランドは人工の島。

Img_2507_2  雪の残る大泉から、木曽路を経てきた感覚では、異次元のようにも感じられました。

 けれどもこの町も、中に入れば沢山のマンション群があり、周りには所々に木が植えられています。

 満開の紅梅を見た時には、早や春が訪れていることを知りました。

 講習会の控室にも、桜と菜の花、ツバキの活け込み、お雛様などを飾っていいただきました。

 兵庫教区の皆さまの、暖かいお心遣いに感謝いたします。

 ありがとうございました。

|

« 弱っている鹿たち | トップページ | 名古屋市に行ってきました »

コメント

純子先生、
先日は兵庫教区でのご指導ありがとうございました。
長時間かけてお越しくださるんですね。あらためて感謝の思いでいっぱいになります。
神戸から東京までは、新幹線で3時間足らず。あっという間という感じで、車内から見える景色も、ほとんど同じですが、兵庫県内でも、私が住んでいる大阪寄りの都市地域からは、電車を乗り継いでいくと3時間以上かかるところもあります。景色はどんどんかわります。兵庫県内には都市部だけでなく、多くの生長の家の拠点があります。私はすばらしいことだと思っています。先輩信徒の皆様の思いを受け継いで守っていきたいです。
私は京都第一教区出身なので、島あり、海あり、山あり、日本海にまで接しているこの兵庫教区の広さにびっくりしました。
教区一丸となり、今回も7会場の講習会が開催できたことは大きな喜びです。
これからも頑張ってまいります。
ご指導よろしくお願いいたします。
武内孝子拝

投稿: 武内孝子 | 2014年3月12日 (水) 22:03

武内さん

 司会の大役、ありがとうございました。
 講習会のあった日前後は、但馬の方は雪だったそうですね。
 瀬戸内海から日本海まで、広いですね。
 本当に7会場、皆さんの素晴らしいチームワークがなければできません。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 谷口 純子 | 2014年3月14日 (金) 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弱っている鹿たち | トップページ | 名古屋市に行ってきました »