« 伝道本部昼食 | トップページ | 特別講演会終了 »

2014年7月29日 (火)

クリチバ市訪問

Img_3384 教修会が終わり次の一般講演会は、8月3日の日曜日です。

 そのためブラジル伝道本部から、クリチバ市を訪問することを提案されました。

 クリチバ市は、ブラジルの中では傑出した都市計画を持ち、1960年代から総合的都市計画の中に持続可能性を盛り込んできたそうです。

Img_3393  その結果、国連環境賞1990年、国際省エネルギー賞1990年、国連ハビタット賞1991年、Tree of Learning賞1992年、国連・子供平和賞1996年、ラテンアメリカ・グリーンシティー2010年、世界10のサスティナブル・シティ2010年など環境関連政策に関わる多数の表彰を受けている町です。

 移民が築いた町で、イタリア系、ドイツ系、ポーランド系、ウクライナ系が多く住みます。

Img_3424  クリチバを州都とするパラナ州には、日系移民が15万人住み、日系人の活躍も顕著なところです。

 当初は2日間の旅程を組んでいただきましたが、講演会の準備があり、サンパウロからは飛行機で1時間の距離なので、日帰りを検討していただき、朝5時半に出発し、8時過ぎに帰るというやや強行軍を決行しました。

 クリチバ市のごみ処分場跡地を再利用した24万5千平方メートルの面積を要する植物園・環境局、環境市民大Img_3430 学、リサイクリング・プラント、コミュニティー・ガーデンなどを見学しました。

 最後に生長の家クリチーバ練成道場を訪問しました。

 植物園では、染井吉野は終わっていましたが緋寒桜が綺麗でした。

 ユーカリの電信柱を骨組みや柱に使って建てられた環境局、石切り場の跡地に作られた環境市民大学、レタスやキャベツ、ブロッコリーなどがたくさん育っているコミュニティーガーデンなど、楽しく有意Img_3449 義な見学でした。

 圧巻は、クリチーバ練成道場でした。

 白鳩会の人が待っていると聞いていたので、20人から30人くらいの人が来てくださっていると思っていましたが、着いてみると人垣ができていて、驚きました。

 200人収容の講堂に座りきれない人の数でした。

Img_3407  夫は突然挨拶も求められ、戸惑いましたが、大勢の皆さまの歓迎を大変ありがたく思いました。

 老いも若きも、男性も女性も,日系も伯人も来てくださいました。

 パラナ州には、傘をさしたようなパラナ松というのがあり、この地方の特徴的な植生の象徴ですが、現在は過去の3パーセントくらいに減ってしまいました。

 そのため今積極的に植林活動をしているそうですが、今回クリチーバ練成道場の敷地にも、夫、私、宮裏ラテンアメリカ教化総長の三人がパラナ松の幼木を植林しました。

 見上げるようになるには100年くらいかかるそうですが、2・3年で人の背丈くらいにはなるそうです。

 Img_3450 このクリチーバ練成道場は、クリチーバ教化支部(日・伯)の皆さんの強い願いから1998年に実現しました。

 生長の家の教えで運命の好転した方が、練成道場建設がクリチバの幹部の夢であることを知り、広大な農地を寄付してくださり(84、000平方メートル・約2万数千坪)、自分たちで土地を整備し、募金をして、講堂や宿舎、食堂などを作りました。

 伝道本部の援助もありましたが、現在は250人収容のImg_3454 宿泊施設があり、職員は2名だけで、あとはすべてボランティアで運営がされていて、伝道本部所属ではなく、支部の運営です。

 幹部の皆さんは、300人収容できるように、さらに施設を広げ、食堂も新しくしたいと抱負を語っておられました。

 植林の後、食堂で白鳩会幹部の皆さん手作りのケーキなどがテーブルいっぱいに並べられ、コーヒーとともにおいしいお茶の時間を持つことができました。

 パラナ松の松の実も茹でて出してくださいました。

 日本で見る松の実の10倍くらいの大きさで、クリのような味のするおいしいものでした。

 情熱と強い意志、ボランティア精神あふれるブラジルの皆さんに接し、勇気と希望をいただきました。

 クリチバ教化支部の皆さん、ありがとうございました。

 

|

« 伝道本部昼食 | トップページ | 特別講演会終了 »

コメント

谷口純子先生              ブラジルでのご様子を知らせていただきましてありがとうございます。雅宣総裁先生がクリチバ訪問の機の前に立たれているお写真、地球の裏側なのに私たちがいただいていると同じキャベツ、ブロッコリーのお写真、またすばらしいブラジル白鳩会の方々、クリチバ錬成道場のお話に強い勇気と感動をいただきました。ありがとうございました。

投稿: 赤嶺里子 | 2014年8月 1日 (金) 09:59

 赤嶺さん

 私たちも、同じ思いです。
 ありがとうございます。

投稿: 谷口 純子 | 2014年8月 1日 (金) 23:47

白鳩会総裁、谷口純子先生
合掌、ありがとうございます。
世界平和のための生長の家国際教修会の大盛会、おめでとうございます。
遠いブラジルがほんの近くに感じられるほど、総裁先生、純子先生の face book やブログでわたくし達にご様子をお知らせ下さり、心より感謝申し上げます。
両先生が勇気と希望を抱かれた、ブラジル信徒の皆様の情熱と熱気あふれる信仰心、ボランティア精神は如何ばかりかと、見習いたい想いで想像をふくらませています。
どんなにか両先生のご訪伯を待ち焦がれ、、豊かな喜びの表現をなさったことでしょう。
その喜びを引き出された両先生のご指導の素晴らしさをわたくし達も共有できたらと、この国際教修会の録画視聴を夢みています。
こんなにも尊い両総裁先生を神様からいただいている生長の家のみ教えを、もっともっと情熱込めてお伝えしてまいります。
   西村世紀子 再拝

投稿: 西村世紀子 | 2014年8月 2日 (土) 11:05

合掌純子先生有難うございます。クリチーバ練成道場にお集まりの皆様の熱気が伝わってまいります。どんなにか喜ばれたことと拝察致しました。地球の裏側で沢山の方々が生長の家を支えに生きていらっしゃると本当に力強く頼もしく喜びいっぱいになりました。有難うございます。日本勢も頑張ります!桝谷拝

投稿: 桝谷栄子 | 2014年8月12日 (火) 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝道本部昼食 | トップページ | 特別講演会終了 »