« クリチバ市訪問 | トップページ | 帰ってきました »

2014年8月 4日 (月)

特別講演会終了

Img_3468  8月3日日曜日、サンプウロの中心地にあるイビラプエラ体育館で、生長の家特別講演会が開催されました。

 ブラジル各地、ラテンアメリカ諸国から10467名の、予想を上回る大勢の皆さんがご参加くださいました。

 会場が円形なので、舞台裏は、人を入れない予定でしたが、参加者が多く、一部の席では画像が見えない状況もできてしまいました。

Img_3471  開会の入場時、会場の熱気と興奮がこちらにも伝わり、地球の裏側にこれだけ多くの生長の家の熱心な人々がいることに胸が熱くなりました。

 私は通訳を介して60分の講話を、総裁は同じく通訳付きで70分の講話を担当しました。

 話し始めると、一言ごとに、拍手が入るので、時間が足りなくなってはいけないと、少しスピードを上げて話しました。

Img_3480  結果として、50分で終わってしまいましたが、その分総裁の時間が10分増えたので、良かったようです。

 総裁の話は多岐にわたるので、時間が足りなくなるのではないかと案じていました。

 初めて演壇を使わず、舞台の中央で画像を駆使して、TED顔負けの力強い総裁の講話でした。

 途中で、スーツの内ポケットからブラジルの国旗が出てきたときには、拍手喝采で会場が湧きました。

 ブラジル伝道本部と日本の国際本部の連携で、特別講演会が盛会裏に終了しました。

 ご活躍、ご支援いただきましたすべての方に、心から感謝いたします。

Img_3483  写真は、会場設定の様子、リハーサル、控室の南国の花、南国のフルーツです。

 オレンジ色のピーマンかパプリカのようなものは、カシュ―ナッツです。

 灰色の軸のようなところが皮をむくと、私たちの知っているカシューナッツが出てきます。

 初めて見た時には、固定概念をくずされ、驚きました。

 花や果物は日本で見たこともないものが多くありますが、自然に生えている草の中には、観葉植物として日本で売られているものをよく見かけます。

 ブラジルでの公式行事をすべて終え、肩の荷を下ろしています。

|

« クリチバ市訪問 | トップページ | 帰ってきました »

コメント

合掌ありがとうございます。
 ブラジル、サンパウロ市での生長の家特別講演会を大盛会で終えられましたこと、心からお喜び申し上げます。ブラジル各地やラテンアメリカ諸国から、予想を上回る10467人もの多くの方々が参加された講演会の様子をFace book等で拝見いたしまして、感動しております。特別講演会用のお揃いのTシャツを身につけているグループの方々もいらっしゃったり、純子先生のご講話一言ごとに拍手されることなど、素直に喜びを表現する明るい情熱的なブラジルの方々の様子がわかりました。また純子先生の明るいブルーのスーツも日本でのご講習会の時とは少し違ったデザインで、とてもお似合いでした。参加された方々は、両総裁先生のご指導から、勇気と感動と希望を戴いたと思います。 私達日本人信徒も、生長の家の素晴らしいみ教えに救われているものとして、もっと熱く情熱的に伝道していくことが必要だと感じました。あと数日でご帰国ですが、どうぞご自愛くださいませ。ご無事のお帰りお祈り申し上げております。再拝                               島根教区 柳光貴代美拝

投稿: 柳光貴代美 | 2014年8月 5日 (火) 08:34

白鳩会総裁
 谷口純子先生

 サンパウロで行われました特別講演会が10,467名ものご参加があり、大盛会裡に終えられまして、おめでとうございます。
 予想を遙かに超えたご参加の皆様で会場を埋め尽くされたご様子ですが、先生方にお会いできる熱き思いと喜びをもって、広大な土地を持つブラジル国内、そして、ラテンアメリカ諸国から、長時間をかけて集まられたことと思います。
 先生方に直接ご指導を頂き、感動のうちに多くを学ばれ、勇気や誇りを胸に帰路に就かれたことでしょうから、これからのブラジルでの運動が更に力強く伸展するものと思います。
 facebookやこのブログ「恵みな日々」でご様子を刻々お知らせ下さいますので、地球の反対側に居ながら、ブラジルでの皆様方の喜び、感動、情熱を共有できました。素晴らしいお仲間が世界に数多くいらっしゃることに大変勇気を頂きました。これからの国際平和信仰運動が、世界平和に向けて大きく伸展して行きますよう、共に尽力して参ります。

 ご帰国も、一昼夜以上機内ですね。ごゆっくりとご休息下さい、そして、小さく“体操”でもしながらお過ごし下さいませ。
 旅のご安全をお祈りしながら、ご帰国をお待ち申し上げおります。合掌
大久保 恭子拝

投稿: 大久保 恭子 | 2014年8月 5日 (火) 13:38

合掌、ありがとうございます。
ブラジル伝道本部と日本の国際本部が連携して、特別講演会が大盛会裡に開催されたことを伺いまして、大変感動しております。

 日本では、教区において、講習会で直接、総裁先生と白鳩会総裁先生の御指導をいただくことができますが、ブラジルの方々は、数年に一度しか機会がありません。
 このすばらしい機会をブラジルの方々はどんなにか喜ばれ、感動されたことかと思います。
 
 このように、人類光明化運動・国際平和信仰運動をご指導くださいますこと、心より感謝申し上げます。
                 再拝
                    

投稿: 佐藤香奈美 | 2014年8月 5日 (火) 18:35

合掌 有難うございます。サンパウロでの特別講演会が大盛会のうちに終えられましたこと心よりお喜び申し上げます。連日ブラジルでのご様子をお知らせ頂きありがとうございます。熱気と感動と喜びが、こちらにもヒシヒシと伝わってまいりました。生長の家はまさに世界の宗教であると思わせていただきました。私たち日本の信徒はもっともっと情熱をもってとこの素晴らしいみ教えをお伝えしていかなければいけないと思わせていただきました。ありがとうございました。島根教区 水津英子

投稿: 水津 英子 | 2014年8月 5日 (火) 23:18

生長の家白鳩会総裁
 谷口 純子先生

合掌、ありがとうございます。

この度は「2014年―ブラジルに於ける世界平和のための国際教修会』並びに『生長の家特別講演会」ご指導のため、総裁谷口雅宣先生とご同伴でブラジルにお越しくださいましたことをブラジル信徒一同、心より感謝申し上げます。
ブラジルご滞在の2週間はブラジルの私たちにとりまして、夢のような2週間でした。サンパウロにご到着され、飛行場のロビーに出て来られた総裁先生ご夫妻のお姿を見て、何かしら、生長の家のお父さんとお母さんに久しく合えた懐かしさと感動で胸が一杯になったと、出迎えに言っていた多くの人から、そのような言葉を聴いて、私も同感でした。
5年後に再びお会いできる悦びは、両行事の参加者の拍手喝采で両先生に伝わったと思いますが、ブラジル人の教えの中心者に対する熱い思いと尊敬はおそらく独特のものだと思います。
両行事終了後、毎日多数の悦びのメールが全国から届いております。「総裁ご夫妻に早くブラジルに戻ってきて下さい」、と是非伝えるようにとの依頼が続出しております。
両先生の今回のご来伯のおかげで、必ずブラジルに於ける運動に大きく拍車がかかり、すばらしく教勢が伸びることを信じております。
国際本部とブラジル伝道本部共催で両行事を開催できましたことを深く感謝申し上げます。
総裁先生ご夫妻にはハードスケジュールでご苦労をされたと思いますが、両先生のブラジルご来伯がどれだけブラジルに於ける生長の家の運動にすばらしく影響することを考えますと、感謝の心で一杯であります。
本当にありがとうございました!
私も、白鳩会総裁谷口純子先生のお側で通訳をさせていただく光栄に恵まれ、感謝と感動で胸が一杯になり、通訳を心配しましたが、純子先生から伝わってくるやさしい、愛深い雰囲気に包まれ、スムースに通訳が出来ましたことを深く感謝申し上げます。

日本にご帰国されても、多くの行事のご指導やご執筆で体を休まれることもあまりないと思いますが、遥かブラジルより毎日総裁先生ご夫妻のご健康を祈念しております。

投稿: 村上 真理枝 | 2014年8月 8日 (金) 21:38

白鳩会総裁 谷口純子先生
 合掌ありがとうございます。
国際教修会と特別講演会のご盛会、おめでとうございます。インターネットを通じ、日本に居ながらにして、ブラジルでの感動と熱気を共有させていただきましたことに感謝致します。地球の裏側でこのように盛り上がり、たくさんの生長の家の信徒の皆様がおられることを改めて実感させていただき、とても励みになりました。もっともっと、ブラジルでのご講演や皆様の様子を知りたいと思わせていただきました。これからも総裁先生への中心帰一の信仰姿勢を忘れずに、人類光明化運動、国際平和信仰運動、自然と共に伸びる運動に、教区の皆様と共に邁進させていただきます。両先生の旅の安全をお祈りしつつ、お帰りをお待ち申し上げております。  再拝    新潟越南教区 吉岡佳子

投稿: 吉岡佳子 | 2014年8月 8日 (金) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリチバ市訪問 | トップページ | 帰ってきました »