« 倉敷市に行ってきました | トップページ | 長坂子ども食堂 »

2014年12月21日 (日)

森の中の交友会

Img_44223 今日は森の中のオフィスで、「森の中の交友会」がありました。

 これは、クリスマスにちなんでプレゼント交換会をしようというものです。

 ただし一つ特徴があり、市販のものではなく、手作りのものをプレゼントするということです。

 自由参加で応募者を募りましたが、80人以上の職員がImg_4421 参加しました。

 手作りというので、躊躇された方もあったのではないかと思います。

 参加者は前日までに、交友会事務局にプレゼントを届けます。

 その際、作品制作の意図等をカードに書いて添えます。

Img_4418  受付でエントリーナンバーの書かれたカードを受け取ります。

 カードには何番目にプレゼントを提出したか番号が書いてあり、それが参加券になります。

 当日はその券を見せてから、くじを引きます。

 くじに番号が書いてあり、順番に該当する番号のプレゼントをいただくという仕組みです。

Img_4412  プレゼントを受け取った人は中央の舞台で、皆さんにプレゼントを披露し、添えられているカードを読み上げます。

 こんな感じで、80数名の人が順番に舞台に立ちました。

 私は寮を建てた時の廃材で作ったという、ストーブの小物入れをいただきました。

 アイボリーに色付けされ、蔦の模様のあるとても廃材とは思えないおしゃれな木の箱です。

Img_4427  どなたが作ってくださったのかわかりませんが、我が家にピッタリでとてもうれしいです。

 私もすぐに参加表明をしましたが、何を作ろうかと随分迷いました。

 今までプレゼントは、「何を買おうか」と考えることが普通で、何を作ろうかと考えたことはほとんどなかったからです。

 手作りのものは、市販品に比べて、「見栄えもよくないし上等ではないし」なんていうのもありました。

 けれども今回は手作りなので、否が応でも自分に何ができるか考えなくてはなりません。

 かつては、毛糸で手袋やマフラー、ルームシューズなどImg_4395 作ったこともあります。でも作り方をすっかり忘れてしまいました。

 クッションカバーやランチョンマットも考えました。

 それもうまくできそうもありません。

 そんな時思いついたのが、クリスマスのクッキーハウスです。

Img_4918  以前からクリスマスになると作ろうかなと思うのですが、飾りが難しそうなので、二の足を踏んでいました。

 今回その壁を乗り越えて、挑戦しました。

 まずは試しに手のひらサイズの小さいのを作りました。

 アイシングの飾りは難しかったですが、家自体は小さいのでそれほど難しくありませんでした。

 それで、できるのではないかと大きいのに挑戦しましたが、やはり胃が痛くなるほど難しかったです。

 こういうものはお菓子のプロが作るもので、素人が簡単に作れるものではないと途中で思いましたが、やるしかなく、頑張りました。

 屋根をつけるときなど、乾くまでずっと持っていなくてはならず、いつ崩れるかとハラハラでした。

Img_4922  けれども一晩経つと、しっかりついて、なんとかできました。

 「手作り」というきまりがあったので、こんなこともできて大変ではありましたが、有意義な経験でした。

 皆さんの作品もとても個性的で、フォトフレーム、カッティングボード、手作りカード、ジャム、蜜煮、コースター、木製品、リース、マフラー、ランチョンマット、アクセサリー、甘酒、布小物、などなどありました。

 最後は、「サンタが街にやってきた」を「サンタが森にやってきた」と歌詞を変えて、伴奏に合わせて皆さんで合唱して、ワクワク楽しい有意義な時間は終わりました。

 強い結びの働きが感じられた交友会でした。

 

|

« 倉敷市に行ってきました | トップページ | 長坂子ども食堂 »

コメント

総裁先生、純子先生 メリ-クリスマスhappy01
すてきな企画ですね。

純子先生の クッキ- とっても可愛いですね(^^)//
余暇をフル回転し、アイデイアもデザインも グッドですね。heart04

ああ~~~ 私も 森のオフィスへ就職したいな~~scissors
早速、教区の行事に 組み入れたい企画ですね。

投稿: 関本恵子 | 2014年12月22日 (月) 18:33

合掌 ありがとうございます。

  「森の中の交友会」って、とても暖かみのある素敵な催しですね。
  昨年は「クリスマスランチ」だったと記憶しております。
  このランチも、合唱があり、横の繋がりを感じさせる暖かみのある会でしたね。
  森の中のオフィスならではの催しですね。
 (原宿では無理だったと思われます)

  手作りは難しいですが、いただいた時は嬉しいですね!!
  ストーブの小物入れの木箱、本当に素敵です!!
  作られた方がわからないのも良いですね。
 (ご自分が作った木箱が、総裁先生ご夫妻のお手元にある事は、とても嬉しいのではと推察致します)

  純子先生のお手作りのクッキーハウス、素敵です!!美味しそうです!!
  手がこんで難しそうですね。
  純子先生が胃が痛むんでしたら、私なら心臓が痛みそうと友達に話しました。

  今回の企画も、とても暖かみのある結びのご様子が伝わって参りました。ありがとうございましたm(_ _)m
  いつも心温まるご文章の掲載を、ありがとうございますm(_ _)m

            安東孝子拝
  

投稿: 安東孝子 | 2014年12月22日 (月) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倉敷市に行ってきました | トップページ | 長坂子ども食堂 »