« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

広島市に行ってきました

Img_48183  広島教区の講習会で、広島市に行ってきました。

 日曜日は小雨で、山の方は霞んでいました。

 
 広島の講習会は夏の開催が多かったので、2月に広島を訪れるのは初めてです。
 

 また今回は、小淵沢から塩尻、名古屋経由で、新幹線で広島入りしました。
 

Img_4815


 広島駅に降りたのも、35・6年ぶりでした。
 

 広島は父の故郷で、夫との結婚が決まった時にお墓参りに新幹線で広島に来ました。
 

 その後はいつも飛行機でした。
 

Img_4819


 駅前には高層のシェラトンホテル等のビルが建ち並び、大都会の様相です。
 

 お城のすぐそばのホテルに泊まりました。
 

 ホテルの部屋から町を眺めると、かつてここに原爆が投下されたことは、想像できません。
 

 けれども、私の記憶の中には、小学生の頃広島に来たとき、太田川の周辺にはバラック小屋が並んでいて、珍しい風景だと思ったことが強く印象として残っています。
 

 今年は戦後70年とのことです。
 

Img_4824


 復興は70年もかからなかったかもしれませんが、それでもこれだけの街に再生するには沢山の時間と労力がかかったことと思います。
 

 人々から戦争の記憶が薄らぎ、歴史教育を受けていない若者が増えていきます。
 

 戦争の現実を話し、決して戦争をしてはいけないことを伝えていかなくてはいけないと、広島の街を眺め想いました。
 

 

 講習会の控室には、桃の花、菜の花、チューリップ、コデマリなど春を告げるお花を飾っていただきました。

 広島教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ありがとうございました。

| | コメント (8)

2015年2月 8日 (日)

鹿児島市に行ってきました

Img_4719 鹿児島教区の講習会で、鹿児島市に行ってきました。
 

 南国鹿児島は、到着した土曜日は暖かかったのですが、日曜日は最低気温がマイナス3度で、寒い日となりました。
 

 鹿児島では、雪はほとんど降らないとのことでしたが、冬の寒さはそれなりに厳しい日もあることを知りました。
 

 とはいえ、街のそこここに梅の花が咲き、ツバキも沢山花をつけています。
Img_4732


 

 今回の講習会は、西郷隆盛が最期を遂げた城山にある城山観光ホテルで行われました。
 

 そのため、控室はホテルの一室でした。
 

 フキノトウやムスカリ、ツバキ、桃とともにお雛さまをかざっていただきました。
Img_4735


 

 床の間のある和室には、白梅を格調高く豪華に飾っていただきました。
 

 部屋いっぱいに春が訪れたようでした。
 

 鹿児島教区の皆さま、お世話になりました。
 

 ありがとうございました。
 

| | コメント (10)

2015年2月 5日 (木)

木曜日の雪

Photo 1月15日以来、木曜日になると毎週雪が降ります。

 今のところ、昨年のような大雪ではなく、数センチ積もってその後晴天が続き、だいぶ解けたと思うころ、木曜日に雪が降るというパターンです。

 先週は雪は夜からでしたが、金曜日が一日雪でした。

 大泉でお店をしている人がいて、そこのお店は木曜、金曜が定休日なので、「お休みの日は毎週雪で、困っちゃうよ」Img_4713


と、ぼやいていました。

 私もやはり、雪の朝はどれくらい降るのかと、気をもみます。

 あまりたくさん降ると、雪かきをしなくてはならず、さらに車での移動に支障をきたす場合もあるからです。

Img_4705


 幸い今年は雪の量がそれほど多くないので、去年ほど雪かきをしなくていいのですが、その代わり気温が低く、道の凍結が頻繁です。

 雪が降ると外出を控えようという気になります。

 木曜日はたいてい近所の自然食品の店に買い物に行きます。

Img_5228


 その店は、火曜と水曜が定休日なので、私が買い物できるのは、木曜日か金曜日だけです。 

 今朝は牛乳がほとんどなく、豆乳にしました。

 田舎なので、牛乳などは毎日入荷せず、あっても数が少ないので売り切れている場合もあります。

 木曜日の今日は営業日ですが、雪の中を車を走らせても、牛乳がないかもしれないので、電話をしてみました。

 するとやはり明日になるとのことで、買い物は行かないことにしました。

 お天気がいいと、色々欲が出て、あそこに行きたいとか、買い物をしたいとか思うのですが、雪は人を家に留めます。

 冷蔵庫の野菜もだいぶ少なくなっていたのですが、お昼も家にあるもので作ることにしました。

 寒いので、ラーメンがいいという夫のリクエストに応えて、豆乳ラーメンとサトイモの煮物を作りました。

 豆乳ラーメンは野菜料理の本で知り、夫に好評ということもあり、よく作ります。

 タマネギの薄切りとショウガの千切りを菜種油でよく炒めます。

 そこに野菜やキノコを入れて少し炒めます。

 今日は、キャベツ、ニンジン、白菜、蒸しホタテを入れました。

 二人分で、水カップ3、豆乳カップ1、味噌大さじ2・5、しょうゆ大さじ2・5、みりん大さじ1、酒大さじ1、塩、こしょうで野菜が柔らかくなるまで煮ます。

 茹でたほうれん草とみぶなを彩に加えました。

 茹でた麺をどんぶりに入れて、スープをかけ、最後にごま油、すりごま、おろしショウガをかけます。

 とても簡単で、肉類のだしを使わなくても、豆乳とごま油でコクが出て、おいしいラーメンになります。

 あればきのこを入れるといいです。

 しんしんと雪が降る中、有り合わせの昼食をいただきながら、かつての人の暮らしについて、夫と話しました。

 2月は青物などの新鮮な野菜が少ない時期です。

 特に雪などが降る北国は厳しい環境です。

 ですから昔の人は、冬を乗り切るために漬物などの保存食を作り、乾物で食事を整えたとのことです。

 現代は、流通の発達と温室栽培で、冬でも夏の野菜があります。

 売られている恵方巻きに、当たり前にキュウリが入っていました。

 私はほうれん草を入れればよいのにと思います。

 冷蔵庫の助けもあり、有り合わせのものでも、十分に豊かな昼食を作ることができて、感謝しました。

 そんな現代の恵まれた環境を、雪のおかげで、しみじみと思うことができました。

 

| | コメント (6)

2015年2月 2日 (月)

東京に行ってきました

Img_4659 東京第一教区の講習会で、東京に来ました。

金曜日は東京も少し雪が降ったそうですが、土曜日は良いお天気で比較的暖かく、夕方にはホテルの部屋から富士山が見えました。

 出迎えてくれた教区幹部の皆さんは「お寒い中、ようこそ」と言ってくださいました。

 土曜日の小淵沢駅ホームは、やはり氷点下の気温ではない
Img_4663

かと思われる寒さでした。

そのため新宿駅に着いた時には、東京の風を暖かく感じました。

 「私たちのところに比べれば、東京は暖かです」そんな風にお応えしました。

Img_4673


 山梨県北杜市に引っ越して、1年4カ月になります。

 少しずつ田舎の人になっていて、新宿の人込みを歩くと、まともに歩けない人の多さに戸惑いを覚えるようになりました。

 以前ならばそれは当たり前で、その人ごみの中を何も思わず、上手にすり抜けていたのですが、よけてよけて歩かなけImg_4677


れば、必ず人にぶつかる状態は、やはり特殊な状況なのだと感じました。

 それだけ人口が多いから当たり前のことなのですが、この大都会で過ごすには、それなりに心のケアが必要なのだと思いました。

 私たちは今回、講習会終了後もう一泊するので、講習会の後新宿の書店に行きました。

Img_4676


 地下鉄の駅まで15分くらいの距離でした。

 日曜日は雲一つない晴天でしたが、風が強く、駅までの道を歩きながら、東京の冬もそれなりに寒いのだと、皆さんの言葉を改めて身に感じました。

 講習会の控室には、ピンクと黄色の明るく元気のでるお花を飾っていただきました。

 白鳩会の方の手作り品も見せていただきました。

 東京第一教区の皆さま、お世話になりました。

 ありがとうございました。

| | コメント (6)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »